【初心者のための上方伝統芸能ナイト 1月28日公演のお知らせ】 

2017年01月15日(日) 21時36分
「初心者のための上方伝統芸能ナイト」公演、今年度は次回の1月28日(土曜日)が今年度の最終となります。
(4月以降、また開催させて頂く予定です。よろしくお願いします)

ご出演は、
講談・旭堂南青
落語・桂春蝶
能・林本大
文楽「傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると) 順礼歌の段」
浄瑠璃:竹本津駒太夫
三味線:竹澤宗助
人形 :桐竹勘十郎、吉田簑紫郎、吉田玉誉、桐竹勘次郎、桐竹勘介、吉田玉延、桐竹勘昇

久しぶりに、勘十郎さんを山本能楽堂にお迎えさせて頂きます。

画像は、以前、中央区役所さんのイベントのリーフレットを元grafの赤井さんに作ってもらった時のもの。
何度みてもかわいくて、大好きです。

【テクノくんと!】 

2017年01月15日(日) 20時56分
大阪技術科学センターの新年号の表紙にご協力させて頂きました。
テクノくん、すり足も、一生懸命でした!

【朝日新聞 大峯伸之のまちダネ Cすり足・音楽・・眠気に誘われ】 

2017年01月15日(日) 20時52分
先週の金曜日、1月13日(金曜)の朝日新聞・夕刊「大峯伸之のまちダネ」は、
「初心者のための上方伝統芸能ナイト」で上演させていただいた能「羽衣」の後半部分を
お取り上げいただきました。

たぶん、、ですが、明日の夕刊もご掲載下さると思います。
ドキドキと、楽しみです。

【生国魂神社】 

2017年01月15日(日) 20時49分
山本能楽堂は、生国魂神社の氏子です。
ようやく何とか松の内の間に、お参りに伺えました。

【第155回 初心者のための上方伝統芸能ナイト】 

2017年01月14日(土) 20時20分
本日夜の「初心者のための上方伝統芸能ナイト」。
英語公演でした。
司会も、解説も全て英語。
英語落語以外はすべて英語の字幕をつけ、上演させていただきました。

大阪に旅行に来られたアメリカ人ご夫妻、台湾からの女の子、インドからの留学生など、多様な外国の方にご参加いただきましたが、お帰りの時に、みなさんが本当に楽しかった、素晴らしかった!と仰ってくださり、嬉しかったです。

■狂言「盆山」
 善竹隆平、善竹隆司、上吉川徹
■お座敷遊び「上方唄 十二月」
 島之内たに川 立方:小琳 地方:多佳
■体験コーナー 文楽
■英語落語
 笑福亭鶴笑
■素浄瑠璃「本朝廿四孝」
 浄瑠璃:豊竹呂勢太夫
 三味線:竹澤宗助
 ツレ :豊澤龍爾

素浄瑠璃の「本朝廿四孝」を拝聴して、文楽劇場に早く拝見に伺いたいと思いました。

【初心者のための上方伝統芸能ナイト 】 

2017年01月14日(土) 12時40分
本日(1月14日)、午後6時から「初心者のための上方伝統芸能ナイト」公演を開催させて頂きます。

ご出演は、狂言・善竹隆司さん、隆平さん、落語・笑福亭鶴笑さん、お座敷遊び・島之内「たに川」さん、
素浄瑠璃・豊竹呂勢大夫さん、竹澤宗助さん、鶴澤清公さんです。

素浄瑠璃は、現在文楽劇場の新春公演で上演されている『本朝廿四孝』。
楽しみです!

【能と遊ぼう!@能楽堂で遊ぼう!】 

2017年01月14日(土) 12時28分
今朝はかなり冷え込みましたが、小学生の子供たちが約50名、元気いっぱいで能楽堂に遊びに来てくれました!

毎年、夏休みと3学期に開催させて頂いている「能と遊ぼう!」は、小学生のこどもたちを対象にした能の体験講座です。

毎回、1番最初は「能楽堂を探検しよう」から始まり、こどもたちに能楽堂の、中をご案内します。

今日は2つのグループにわかれて能舞台とバックヤードを探検してもらいました!

次回は来週の土曜日、21日です。

こどもたちに能を伝えるため、無料で開催させて頂いています。
1回だけでも参加できますので、よろしければご参加くださいませ。

【FM OSAKA 『Stylish Jazz Night』】 

2017年01月14日(土) 0時10分
セントレジスホテルの1階、本町ガーデンシティの1階エントランスホールで開催された
JAZZライブ『Stylish Jazz Night』に伺いました。

仕事の合間で、わずか30分位しかいれませんでしたが、楽しませて頂きました。

街角で、おしゃれなコンサートがお仕事帰りに楽しめる(しかも無料!)、大阪っていいなぁ。。と思いました!

【朝日新聞 大峯伸之のまちダネ 船場と文化】 

2017年01月13日(金) 10時51分
A 勤め帰り 気軽に能体験  B「お染のくどき」に神妙

朝日新聞の大峯伸之記者さまによる船場のご取材で、今週の月曜日から、毎日、山本能楽堂を取り上げて頂いています。

火曜日・水曜日は11月末の「初心者のための上方伝統芸能ナイト」の英語編の公演をご掲載いただきました。
笑福亭鶴笑さんによる英語のパペット落語、実はこの日に初めて拝見させて頂きましたが、お客様大笑いでお楽しみいただきました。

文楽「新版歌祭文 野崎村の段」。
特別に、お客様の中からお一人に、久松役をやって頂くという趣向で上演してくださいましたが、希望者の中から国際学校に通う日本文化が大好きな、カナダの高校生が選ばれ、ドキドキしながら舞台に上がってくれました。
文楽の英語字幕もペトコが作成し、掲示させていただき、外国の方にも文楽をその場でお楽しみいただけたのではないかと思います。

本日の夕刊にもご掲載いただきます。
何の記事をお載せいただくか、新聞を見るまで全くわからないので、毎日ドキドキしながら新聞を開けてます。


【スラボフ・ペトコが日本伝統芸能を語る】 

2017年01月13日(金) 10時25分
昨晩、ペトコによる「ヨーロッパでのジャポニズム」と「能が世界の中でどのようにとらえられてきたか」の
お話を開催させていただきました。

12月の講座よりも進化して、とてもわかりやすく、私自身も大変勉強になりました。

次年度以降も、継続して開催させて頂きたいと思っております。
よろしくお願い申し上げます!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf