【大阪府建築士会 ご見学会】 

2017年05月22日(月) 23時23分
大阪府の建築士会の方に、山本能楽堂のご見学会を催して頂きました。

山本能楽堂は文化庁の重要建造物公開活用事業の国の初めてのモデル事業として平成23年より、3年間改修工事をさせて頂きました。
お陰様で、多くのみなさまにご支援をいただきました。
本当にありがとうございました。

その改修の建築設計は、安井建築設計事務所様からのお力添えを賜り、ご担当下さいましたが、その事例報告もして下さいました。

約1時間のレクチャーをお聞きしていて、工事中のいろんなことが思い出され、感慨深かったです。
大規模な改修工事は、はじめての経験でしたので、わからない事ばかりでしたが、安井建築設計様、そして、デザインをご担当いただいたgraf様に支え、導いて頂きました。

事例報告で一番驚いたのは、改修時に目標にして下さっていた事、つまり、改修したらこんな風になればー、と目標というか夢のようこに考えて下さっていたことが、少しづつですが、実現していることです。
場の持つ力の偉大さに驚いています。

それもすべて、改修にお力添えをいただいた、多くの企業様、また個人のみなさまのお志のお陰様です。
感謝の気持ちで一杯です。

せめて少しでも社会貢献できるよう、大阪の地域振興のお役にたてるよう頑張って大阪の文化のために取り組ませて頂きます。

心より厚く御礼申し上げます。

【事務所ごはん 黒糖ナッツパン】 

2017年05月19日(金) 22時58分
お世話になっている方が、手作りの黒糖ナッツパンを事務所まで届けてくださいました。

干しぶどうから手作りで作られた天然酵母で発酵されていていい香り。

マカデミアナッツがいっぱい入っていて、みんなで美味しく頂きました!

【山本能楽堂90周年記念 特別能楽公演】 

2017年05月18日(木) 23時43分
お陰様で、本年山本能楽堂は90周年を迎えさせていただきます。
山本博之が昭和2年に現在地に創設して90年。
多くの皆様方にお世話になり、お守りいただき、心より感謝申し上げます。

つきましては6月11日に記念の公演を開催させていただくことになりました。

演目は、山本順之 独吟「玉取」、梅若玄祥 能「一角仙人」、善竹忠一郎 狂言「蝸牛」、山本章弘 能「乱」です。

終演後に、能楽堂の客席で懇親会を催させて頂く予定です。

能の世界では御祝事や周年記念などで、能楽師が通常とは違うパートで出演する「乱能(らんのう)」をよく上演しますが、今回は、懇親会で、乱囃子「舎利」をご覧いただきます。
梅若玄祥先生が、大変ご堪能の小鼓をご披露下さいます。
旭堂南海氏による講談「山本能楽堂物語」も上演して頂きます。

本当にありがとうございます。

【こどもたちからの贈り物】 

2017年05月17日(水) 22時54分
山本能楽堂では、小学校、中学校、特別支援学校、高校に出かけて行って能の出前講演をしたり、体験講座をさせて頂いたりしていますが、能楽堂にもこどもたちにお越しいただきます。

先月来られたのは、鳥取県の倉吉市立鴨川中学校のみなさんでした。

山本能楽堂でたっぷりと2時間、能について学び、いろいろ体験して頂きましたが、本日このような素敵なお手紙が届きました!お手紙から、楽しんで頂けた様子が伝わってきて、封筒を開けると事務所で「うわぁーーー♡」と歓声があがり、みんなで笑顔で楽しく拝見しました。 本当に嬉しかったです!
ありがとうございました。

【イタリア国営放送 BETER LATE THAN NEVER】 

2017年05月16日(火) 23時23分
人気旅番組「BETER LATE THAN NEVER」のイタリアバージョンが制作されることになり、3月に日本に撮影に来られました。

熟年4人が世界を面白おかしく旅するこの番組。
イタリアの国営放送の午後8時からのゴールデンタイムの2時枠の特番で2日間、日本を旅する特集が組まれることになりました。
1日目が東京、2日目が大阪、京都だということで、たぶん今日が放送日です。

イタリア人なら誰でも知ってる国民的な俳優さん、イタリアで初めてウィンブルドンに出場された元テニスプレイヤーの方など熟年の方4人と司会者の方に、山本能楽堂で能の体験をして頂きました。

撮影当日は、当たり前ですが、イタリア人のテレビ局のスタッフが30人以上来られていて、能楽堂がかなり陽気な雰囲気になり楽しかったです!

【e-よこ逍遥】 

2017年05月15日(月) 22時04分
山本能楽堂の近くを流れる東横堀川。
その水辺を美しく再生しようと地域の方、近くで働かれる方、周辺のお店、水辺が好きな方、みんなで一緒に活動している東横堀川水辺再生協議会、通称eよこ会といいます。
「e-よこ逍遥」は、毎年5月15日から
開催させて頂いている東横堀川を楽しんで頂く一か月のイベント。
お陰様で、今年10年目を迎えました!

初めて「e-よこ会」に参加させて頂いた10年以上前は、本当に誰も水辺には近づかない、ゴミも捨てられ放題、ちょっと危険な雰囲気さえ漂う閉鎖した空間でしたが、メンバーの皆さんで、毎月清掃を行い、お花を植え、水辺でコンサートやワークショップ、そしてピクニックなんかも行い、水辺でできる可能性を広げ、皆さまに親しんで頂けるよう、活動を続けてきました。

もちろん、水辺でお能をさせて頂いたりもしてきました。

eよこ逍遥は、この東横堀川周辺を楽しんで頂くための1ヶ月。
様々なイベントが開催されます!
魅力的なお店もいっぱいあります!

水辺を歩くのも心地よいこの季節。
ぜひみなさま、お出かけ下さいませ!

【KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭】 

2017年05月14日(日) 23時07分
約1か月間開催されていた京都グラフィー。

先日少しだけ伺いました。
第5回の今年のテーマは「LOVE」。

あたたかい作品、ヘビィな作品、悲しい作品、楽しい作品、すごい作品。。。

写真は京都文化博物館のラファエル・ダルポルタのフランスで発見された約36000年前の洞窟壁画。
スクリーンの前で、360度撮影された流れてくる映像を、ただただぼーっと寝ながら眺めてました。
洞窟の外の夜空の映像も美しかったです。

色んな人にも出会えて、久しぶりにたくさんの刺激を頂きました。

【事務所ごはん ペトコのおばあちゃんのビン詰】 

2017年05月14日(日) 1時04分
ブルガリアのペトコのおばあちゃんは、夏に庭で取れた野菜や果物、鶏肉など全てビン詰にして、その他の季節に備えます。
(地下室には、何百ものビン詰が貯蔵されていて、圧巻です)

特に美味しいのは、赤ピーマンとトマトのソース。

赤ピーマンを炭火で焼いて皮をむき、トマトと煮込んであります。
ビンを開けるとかすかに炭火の香りがします。

遠く離れたブルガリアの小さな村でペトコのおばあちゃんが作ったビン詰を、事務所のみんなでお昼に美味しく頂くのはなんだか不思議ではありますが、いつもあたたかい気持ちでつながっているような幸せな気分になります。

【京都造形芸術大学 基礎美術コース】 

2017年05月14日(日) 0時47分
この4月から、京都造形芸術大学美術工芸科で新しく始まった「基礎美術コース」。

アートを志す学生さんたちが、世界に羽ばたけるよう、日本文化の基幹となる室町時代の美意識を学び、身体を通じて会得する稽古を中心に組み立てられたカリキュラムになっています。

今、世界で注目されている日本の「茶の湯」「立花」「能楽」「水墨」「禅」などの日本文化の根本は「室町」という短い時代に集中して誕生しました。

このコースではそれらを総合的に「身体で」学んで頂く事で、素晴らしい作品を生み出す礎を築いて頂ければという願いが込められています。

その能楽の授業を山本章弘が担当させていただきます。

一人でも多くの学生さんたちが世界につながる礎を築けるよう、精一杯取り組ませて頂きます。

こんなコースがあれば、私も行きたかったなぁ、、、と思います。


放送の動画はこちら!- おはよう関西 - NHK リンク

【薔薇のお菓子】 

2017年05月13日(土) 0時10分
山本能楽堂でお出ししているお菓子は、お茶席のお菓子を専門に作っておられるお菓子屋さんが届けて下さってます。

連続してお願いしても、必ず毎回お菓子が変わり、箱を開けるのが事務所のみんなの楽しみになっています。

今日は、ばらのお菓子!

ペトコの母国のブルガリアではもうすぐバラ祭がはじまります。
世界中のバラの香料の大半はブルガリアで作られています。
ブルガリアはバラの国。

ブルガリアの豊かな自然とあたたかい生活を思い出しました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf