【第1回はなやかKANSAI魅力アップアワード】 

2017年03月27日(月) 18時17分
この度、近畿産業経済局の第1回はなやかKANSAI魅力アップアワードの特別賞を受賞させて頂きました!

大変名誉なことで、感謝の気持ちでいっぱいです。


【さようなら、英太夫さん。「流されて。。。」】 

2017年03月26日(日) 23時18分
本日(3月26日)、午後2時から「流されて。。。」の公演無事開催させて頂きました。

小佐田定雄先生の前口上、山本章弘の仕舞「鵺」、桂南光さんの落語「質屋蔵」、そして、豊竹英太夫さん、鶴沢清介さんによる「喜界島の段」。
英太夫さんは4月の文楽公演で六代目の呂太夫を襲名されるので、英太夫のお名前では、本日が最後の公演となりました。

その最後の公演で、英太夫としてのご功績を、南光さん、清介さん、小佐田先生をはじめ出演者一同みんなで盛り上げようという気持ちがいっぱいあふれた公演でした。

山本能楽堂でその最後の公演をさせて頂けたのは、何より有難く名誉なことでございました。

終演後の打ち上げで、英太夫師匠に「英太夫の最後の公演で、今までの中で一番気持ちよく、楽しく浄瑠璃を語ることができた。こんなに嬉しいことはありません」と仰っていただくことができました。
感無量で、本当に嬉しかったです。
南光師匠にも「楽に気持ちよく声が出せて、お客さんと一体化できて、私も今日の舞台は最高でした」と仰って頂きました。

何百年も前から連綿と続いてきた、人間の声で魅せる伝統芸能。
そのすごさ、面白さ、妙味。

本当に有難い、何にも得難い時間でした。

ありがとうございました。

【流されて。。。】 

2017年03月26日(日) 11時50分
昨年6月にやらせていただいた「山本能楽堂DEおはんちょう」。
大変ご好評いただき、ぜひ続編を!ということで、第二弾の「流されて。。。」を本日午後2時から開催させて頂きます。

お陰様でチケットは早々に完売いたしましたが、ご要望にお応えして、本日1時から当日券を販売させて頂きます。

4月の文楽の公演で呂太夫を御襲名される英太夫さんの、英太夫さんのお名前では最後の公演。

「英太夫さん」には大変お世話になりました。
「英太夫さん」の最後の公演を山本能楽堂でさせていただけることは大変名誉でありがたいことです。(昨年6月にはまさかそのようなことになるとは思っていませんでしたが、、、)

本日の公演を楽しみに致しております!

【高麗橋 吉兆さま 「和の真髄 vol.3」】 

2017年03月25日(土) 22時47分
高麗橋の吉兆さまで、吉兆さまの和食とお能をお楽しみ頂く会をご開催頂きました!

昨年の2月に第1回目をご開催頂き、半能「高砂」を皆様にお楽しみい頂きました。昨年夏の第2回目が桐竹勘十郎さんの文楽、そして、昨年ご好評いただいたので、本日は第三回目、半能「羽衣」を吉兆さまの2階の能舞台で上演させて頂きました。

お昼の部と夜の部、どちらもみなさまが楽しかった!と仰って下さったのが嬉しかったです。

それにしても、吉兆さまの室礼の素晴らしさ。
どのお部屋もそれぞれ違う趣きのお雛様のしつらえで、春いっぱいの華やかな時間を頂戴しました。

ありがとうございました。

【ペトコとヤンコの新アプリ!】 

2017年03月23日(木) 23時23分
大学を受験する日本人の受験生に大人気のアプリ・古典文法。

この度リニューアルしました!

よろしければダウンロードして、お楽しみください。

もともとは、ペトコが能の研究をするために、古今和歌集や和漢朗詠集を原文で読んでいて、その時に勉強した自分用のメモがもとになってます。

ダウンロードして古典文法を勉強している高校生のみなさんは、まさかブルガリア人がアプリを開発したとは、夢にも思ってないと思います。

この春もペトコとヤンコのアプリで古典文法を勉強して大学に合格した受験生のみなさんが大勢いたそうです!

動画リンク

【六代目 豊竹呂太夫 おめでとうございます!】 

2017年03月19日(日) 21時04分
六代目 呂太夫ご襲名のお祝いの会に伺いました!

4月からのご襲名の披露公演が楽しみです!

発起人代表の建畠先生も、発起人の詩人の高橋睦朗先生も、以前、山本能楽堂でご開催頂いた「現代詩を浄瑠璃で語る」の公演のことをご挨拶でお話くださり、嬉しかったです!

もう10年前のこととは驚きでしたが、あれから本当にいろんなご縁を頂きました。
感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございます!






【人間国宝の至芸を見る!楽しむ!体感する!】 

2017年03月19日(日) 11時38分
先月開催予定でしたが、梅若玄祥先生がインフルエンザになられたため、明日・3月20日の祝日の午後2時からの開催になりました。

お代役を、と仰って頂きましたが、玄祥先生の「安達原」を楽しみにお客様がお越し下さる公演で、私達も拝見させて頂くのを心待ちにしておりましたので、止むを得ず延期とさせて頂きました。

いよいよ明日2時から。
山本能楽堂の舞台で「安達原」を拝見させて頂けることが、何より有り難いです。

日本の舞台芸術において最高峰とされる「人間国宝」の至芸の魅力をぜひ、山本能楽堂でお楽しみ下さいませ。
公演前に解説、終演後にアフタートークがございます。

【出演】
シテ(女・鬼女)  梅若玄祥
ワキ(山伏祐慶)  福王知登
ワキツレ(供山伏) 喜多雅人
アイ(能力)    野村太一郎
笛  赤井啓三 小鼓 成田達志 大鼓 山本哲也 太鼓 中田弘美
地謡 山本章弘 山本博通 大西礼久 今村一夫 林本 大 今村哲朗 上野雄介 山本麗晃
後見 梅若猶義 赤瀬雅則

今年は、ルーマニアのブカレスト、そしてシビウ国際演劇祭、ブルガリアのルセでも「安達原」を上演させて頂き、照明の藤本隆行さんにも「光と照明による能舞台の陰影」公演で照明演出をして頂き、新進気鋭の劇作家、林慎一郎さんの台本で現代演劇とのコラボレーション「紡ぎ歌」にも取り組ませて頂きました。

いわば「安達原」イヤーでした。

その締めくくりに玄祥先生の「安達原」を拝見できることが何より有り難く嬉しく存じます。

明日が楽しみです!

【上方伝統芸能DE歴塾 3日目 大物浦之巻】 

2017年03月15日(水) 23時45分
本日もお陰様で無事、盛会に催させて頂きました。

90分の公演時間ですが、「初心者のための上方伝統芸能ナイト」より、文楽も講談もお能もたっぷりとご覧頂いています。

今日のアフタートークも最高に楽しかったです!

でも、演者の方皆さんが、ジャンルを問わず、舞台に出た時に、演じようと思ってたのと違う演目を語ったり、演奏したり、演じたりしないといけなくなって、冷や汗が出て、絶体絶命、と思ったら夢だった、と言う夢をしょっ中見る、と仰ってたのは驚きでした。

それだけ舞台に立つことが、大変で、歴史的にもそうでしたが、ある意味、命をかけている、ということなんだな、と改めて思いました。

今回の上方伝統芸能DE歴塾も、いよいよ明日が最終日。

真田山之巻、で、真田幸村をテーマにお楽しみ頂きます!

お見逃しなく!

【上方伝統芸能DE歴塾 2日目「吉野の巻」】 

2017年03月15日(水) 15時52分
2日目も無事開催させて頂きました。

半能「忠信」、文楽「義経千本桜 河連法眼館の段より」、講談「義経吉野落ち」をお楽しみいただきました。

お陰様で、終演後のアフタートークもご好評頂いております。

一昨日のアフタートークで、じゃんけんで出演の順番を決めることになり、能→講談→文楽の順番でお楽しみいただきました!

本日は3日目。
「大物の浦之巻」です。
開演は7時から。

お客様がお帰りになる時にお見送りをさせて頂きましたら、毎日お越しいただいている方もちらほらいらしゃり、4日間連続で毎日楽しみに伺います!と仰って下さる方もあり、本当に嬉しいです!

【上方伝統芸能DE歴塾「一の谷の巻」】 

2017年03月13日(月) 22時26分
本日より4夜連続で開催させていただく「上方伝統芸能DE歴塾」。
一日目の「一の谷の巻」、無事開催させていただきました!

「一の谷の巻」は、半能「敦盛」林本大、文楽「ー谷嫩軍記 熊谷陣屋の段」より 浄瑠璃:豊竹咲甫太夫、三味線:竹澤宗助、人形:吉田幸助、講談「敦盛の最期」旭堂南海 の番組でお楽しみいただきました。

明日は、「吉野之巻」。

半能「忠信」山本麗晃、文楽「義経千本桜 河連法眼館の段」より 浄瑠璃:豊竹咲甫太夫、三味線:竹澤宗助 ツレ:鶴澤燕二郎、人形:吉田幸助、文、講談「義経吉野落ち」旭堂南海 の番組でお楽しみいただきます。

上方伝統芸能を一晩につぎつぎとお楽しみいただく公演を、平日の夜に開催させて頂くのは、久しぶりでしたが、本当にたくさんの懐かしい方々が「ようやく来れた!」と、平日のお仕事帰りの開催をとても喜んでくださったのが、嬉しかったです!

明日も午後7時からの開演です。

よろしければお仕事帰りにお待ち申し上げております!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf