iPhone版もでました! 

2015年03月07日(土) 22時16分
 みなさん、こんばんは。
 先日よりご好評いただいておりますペトコのアプリ、「Ohayashi sensei」ですが、つい先程iPhone版もでました!
 APPStore で無料でダウンロードしていただけますので、ぜひ楽しんで下さい!

 現在は楽器をならす機能しかないですが次のバージョンではiPad版と同じく中之舞を演奏するゲームも搭載する予定です。
 またGoogle playでも現在審査しているのでリリースし次第お知らせします!

 ぜひダウンロードしてみてください!

https://itunes.apple.com/jp/app/ohayashi-sensei-pocket/id972031029?mt=8

能楽アプリ 「お囃子先生 OHAYASHI SENSEI」 日経新聞電子版 

2015年03月01日(日) 18時49分
みなさん、こんにちは。

ブログの更新がなかなかできず申し訳ありません。
もう少しで落ち着く、、と思いながら、日々の雑事に追われる毎日です。

本日は、ブルガリアから大阪大学の大学院に留学してきて、能の研究で博士号を授与された ペトコ・スラボフさんが開発したアプリがあまりにも素晴らしいので、みなさまにご紹介させていただきます。

今回のアプリは山本能楽堂が文化庁から委託を受けた事業として、開発させていただきました。
そのため、ipad をお持ちの方は、どなたでも無料でダウンロードしてお楽しみいただくことができます。

詳細は、本日掲載された、日本経済新聞社の岸本好正氏による 下記の日経新聞電子版をご覧ください!


http://www.nikkei.com/video/866118617002/?playlist=843087678002




楽器の演奏とかけ声は、能楽師のご協力を得て録音させていただきましたので、電子音などではなく、舞台と同じ本物の「音」です!

今回の開発のきっかけは、山本能楽堂が全国の小学校、中学校、特別支援学校などで、能のワークショップと公演を行わせて頂いている中で、子ども達に能を伝えるためには、学校の教育現場にいらしゃる教員の先生方に、能について知って頂くことが大切だと感じ、一昨年から学校の先生方を対象とした能の体験講座の中で、ご参加いただいていたある特別支援学校の先生が、「能の楽器は高くて、手入れも大変そうなので、学校にあるipadを使用して、能の楽器を教える事ができればいいのに、、、」と、仰った一言でした。

一緒に学校を巡って手伝ってくれていたペトコがその場で即座に「私が開発できます!」と即座に言ってくれ、今回の開発につながりました。

実はペトコは、能の研究をする前に、コンピューター工学を専攻して大学を卒業しています。
ペトコの友人のヤンコと一緒に誰でも楽しんでいただけるよういろんな工夫をこらせてくれました。

ゲームセンターの太鼓の達人のように、ゲームもできますし、ipadが4台あれば、[中の舞]の演奏もできます。

みなさんも、よろしければダウンロードして是非お楽しみくださいませ!

(とくい)



【お知らせ】忠信三変化にお申込いただいたみなさま 

2015年01月26日(月) 9時41分
 
 2月1日に、大阪市中央区主催の事業として山本能楽堂で開催させて頂く予定の「忠信三変化」のお申込は1月23日をもって締め切らせていただきました。
 ご応募が定員の4倍近くに達しましたので、1月26日に大阪中央区役所にて抽選をさせていただきます。
 結果につきましては、順次ご連絡させていただきます。
 何卒よろしくお願い申し上げます。

【すし萬さま 360周年記念祝賀会!】 

2014年10月30日(木) 23時59分
 みなさん、こんばんは。
 本日は、すし萬さまの360周年!!!の記念の祝賀会で能「高砂」を舞わせていただきました!



 すし萬さまには、20年以上前から、毎年天神祭の能船にご協賛をいただいており、また平素より大変お世話になっております。

 会場は、御祝に訪れた皆様で、あふれかえっていました!
 
 そして、その360年の歴史を彩る数々のお品が会場に飾られていて、拝見するだけで歴史の重みを感じることができました。



 中でもやはり、明治天皇に献上された際の、ご拝領の数々が素晴らしかったです。



 包丁も工芸的に美しく、こちらも歴史と伝えられてきた技術の重みを感じました。





 360周年、本当におめでとうございました!

(とくい)

【能楽へのいざないのご報告!】 

2014年10月29日(水) 22時16分
今日は大阪市中央区役所で、「能楽へのいざない」を開催させていただきました!
 
 先週の「文楽へのいざない」の時もそうでしたが、開演の1時間以上前からお待ちくださる方もいらっしゃて、本当にありがたいなぁ、、と思います。



 山本能楽堂がある大阪市中央区は、大阪の中心地であり、長い歴史と文化のまちです。
 さまざまな上方伝統芸能が、ここ中央区を中心に生まれ、育まれてきました。
 文楽劇場も中央区にあります。
 


 山本能楽堂も中央区にあって有難いなぁ、、、これからも中央区で上方の文化を発信していきないなぁ、、と思いました。

 今日は、朝から舞台を設営し、終演後は撤去など、結構よく働きました(笑)
 
 帰り道、久しぶりに」能楽堂の近くの洋食のふじやさんに行き、ご褒美にお昼をいただきました!




(とくい)

【昨年、中之島GATEで。新作能「水の輪」】 

2014年10月28日(火) 19時33分
 みなさん、こんばんは。
 一昨日、中之島GATEサウスピアで維新派の公演を拝見して、去年同じ中之島GATEで開催させていただいた新作能「水の輪」を思い出しました。



 大阪カンヴァス事業で、平面作家の井上信太さんによる「MuDA 特区」が埋め立てられたばかりの中之島GATEで開催され、その中に作られた「生命の泉」のステージで、「水の輪」を上演させていただきました。

 あれからもう1年。。。
 遠い昔のようで、昨日のことみたいでもあり。
 でも、あの場所で、あの時に、新作能「水の輪」を上演させてもらえて本当に嬉しかったです。

 今日は維新派の最終日。
 寒そうです。
 「冬山に行くような重装備で行くようにー」と、全く別の友人から、全く同じ言葉でアドバイスを受けました。
 その分、今日は夜空がきれいで、最終日を彩るよい公演になるだろうなぁ、、と思います。

(とくい)
 

【維新派 透視図 ― どしゃぶりの雨の中で】 

2014年10月27日(月) 23時49分
 昨日は、大阪城での「大阪の陣400年 天下一祭 山本能楽堂公演」の後、中之島GATEサウスピアで開催中の維新派の「透視図」を見に行きました!



 評判が評判を呼び、中之島GATEの屋台村はすごい人!



 開演15分前の到着だったので、一緒に行った友人と手分けして屋台村でモンゴルパンなど急いで買って、客席へ。





 四角いステージがいくつも整然と並べられた舞台は大阪の都会のまちを背景に、水のかたわらで静かに、美しく。
 数年前の東京の現代美術館の名和晃平さんの作品展や、この夏に伺った台湾のVVGさんのTTTOの展示を思い出しました。

 私は大阪生まれ、大阪育ちではありませんが、それでも大阪には愛着があります。
 そんな思いを心の中から引き出してくれるような、遠い昔からすべての人の思いをぜんぶ飲み込んできた川の水が逆に心の中に沈んでいた大切なカケラを再び水面に浮かび上がらせてくれるような、そんな静かな心のうねりがありました。
 色んな思いが、お芝居の中に点在していて、観客のみなさんお一人お一人の個人的な記憶につながっていたのではないかと思います。
 すごくよかったです。

 途中、パラパラと何度か雨がちらつき、「この雨も、いい演出。。」と思っていたら、終演間際にどしゃ降りの雨。
 濡れることはあきらめて、ゆっくりと屋台村に戻ると、みなさん、屋台の軒先で雨宿りをしていて、それも演劇の一部のようでした。

 友人とアボガドパスタを食べながら、少し雨がおさまるのを待って、駅へと歩きましたが、途中でまたどしゃ降りに。
 傘もなく、激しい雨に打たれながら夜のまちを二人でゆっくりと歩き、でも雨にぬれても不思議に楽しい気持ちでした。

 中之島GATEでは、昨年、新作能「水の輪」を上演させていただきました。

 大阪のまちの中で、少しづつ私自身の記憶も深まっていき、嬉しいなぁ、、と思います。

【大阪の陣400年 天下一祭 山本能楽堂公演のご報告】 

2014年10月26日(日) 23時43分
 みなさん、こんばんは。
 今日は大阪マラソン。
 晴天のお天気でした。

 そして、マラソンの方が大阪城を出発されたその後に、大阪城のすぐ下に設営された「大阪の陣 本丸ステージ」で、お昼の1時からと2時半から、2回連続で能の公演を開催させていただきました!
 今回の公演は、大阪商工会議所様、大阪観光局様のご協力による、海外観光客の方に向けた実験的な取り組みです。



 私も最初に聞いた時は驚いたのですが、現在、大阪城にいらっしゃる観光客の方の約9割以上が外国の方だそうです。
 しかもアジアの方が中心ですので、パッと見た感じは日本人が多くいらっしゃる印象を受けるのですが、本当にほとんどが外国からの旅行者のみなさんです。

 そこで、本日は、英語を交えながらワークショップも含め内容を30分に凝縮して開催させていただきました。
 私の強力な指導者のお二人に応援して頂き、女子3人で(女子という年齢でもありませんが、、(笑)、お忙しい中お集まりいただき、ミーティングで内容を吟味していただきました。

 

 そして、迎えた本日。
 わずかな準備期間しかありませんでしたが、第一回目の「高砂」公演は約400人、第二回目の「土蜘蛛」公演は約720人、あわせて1000人以上の方に能の魅力をお楽しみいただきました!

 山本能楽堂では、今回のような不特定多数の方に向けた、ストリートライブ能公演を自費で、能の普及と啓発のために、これまでに約10年間で70回近く開催してきました。
 
 これからも、ノウハウを蓄積し、より多くの方に「現代に生きる魅力的な芸能」として、能の面白さをお伝えできればと思っております!

 本日も誠にありがとうございました!

(とくい)

【文化の継承 花と芸能~秋の実り】 

2014年10月23日(木) 19時04分
みなさん、こんばんは。
明日、明後日と山本能楽堂で、お花と伝統芸能のコラボレーションのイベントを開催させて頂きます!



能楽堂の能舞台から楽屋、そして屋根裏部屋まで、すべてお花で飾って頂き、芸能を楽しんで頂く催しです!

今回は草月流作家の中村俊映先生が紅葉など秋のお花をふんだんに使って能楽堂を装飾して下さいます。

能楽堂の中、全部で約20ヵ所にお花をいけて下さいます。
見たことのない花材、面白い枝などたくさんあって、先生方、まだまだいけこんで下さってます!

能楽堂が、中村先生のお花で新たな魅力が生まれそうで、感謝の気持ちとともに、明日が本当に楽しみです!

(とくい)

【大阪の陣 天下一祭 本丸ステージ 山本能楽堂公演】 

2014年10月22日(水) 23時07分
みなさん、こんばんは。

今週の日曜日、26日に、大阪城の天守閣の下の本丸ステージで、外国人観光客の方にも楽しんで頂ける能の公演を開催させて頂きます!
もちろん、日本人の方にも楽しんで頂ければと思っています。



今日の午後、舞台設営の打ち合わせに伺いました。
あいにく少しパラパラと雨が降りましたが、大勢の観光客の方がいらっしゃいました。

みなさまに本物の日本文化の魅力を感じて頂ければと思います!
私は、宿題が一杯あって、どうなることやら、、、ですが、頑張りたいと思います!

公演は1時からと2時半からの二回公演。
よろしければお出掛け下さいませ。

(とくい)

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf