香西のあみ〜ゴ

April 13 [Wed], 2016, 12:17
相手が全然知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。浮気の現場をカメラにおさめても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠にならないのは仕方の無いことです。探偵なら浮気調査をする場合、薄型のカメラなども用いて覚られないうちに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。浮気調査で肝要なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。浮気しているか否かが不明瞭な場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。不倫相手の存在が確かになればここで浮気相手が誰かを探ることとなります。尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の素性を押さえるのです。浮気現場の日時がわかっていると、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査費用は安くなりますよね。ですが、いつ浮気をしているかわかっていたとしても、見知っている人にお願いして証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、ほとんど駄目でしょう。ひそかに証拠を握りたいときには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、一人で育てていくのは容易ではありません。同様に、父親が一人で育てる場合も仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。不倫をされてしまったら、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、あなたの年齢、結婚歴等様々な角度から検証して裁判所に委ねることとなります。探偵が行う浮気調査でも時には失敗することもあります。探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗することが全くないとは言えません。パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。それに、浮気調査実施中に浮気相手に会わないケースでは証拠を入手しようがないです。費用を節約して浮気調査をするには、自分でできる範囲までは事前に調査をすることでしょう。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。毎日、パートナーの行動記録を付けておけば調査費用の節約につながるのです。毎日、仕事に出掛けた時間、帰ってくる時間、電話が掛ってきたなら、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかよく考えてから相談するといいでしょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談するべきです。女性の場合、近所に住む奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にやってはいけません。アルバイトとして探偵をしている人がいるときがあるのです。アルバイト、探偵で検索すれば、募集がかかっていることを知るでしょう。このように、バイトが仕事をしている探偵事務所もたくさんあるわけです。浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、見た情報を他人に流すことも否定できません。尾行料金の相場はと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。当然ですが、調査員が1人であれば安く、多いほど高くなります。そして尾行の際、車とかバイクで行う場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認したほうが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Nana
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nogewbsiqjvhr4/index1_0.rdf