妊娠と言えば葉酸?

June 22 [Wed], 2016, 1:33
「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。
その理由は、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。
もちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。
妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。
そのため、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。
胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。
赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。
妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。
平均体温と基礎体温は違います。
基礎体温を見ると体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。
基礎体温表は5分もあればつけられますが、毎日、起床時に体温を測るというお約束がありますから、習慣的に続けていくことが大事です。
最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。
意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。
亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。
亜鉛が卵巣に働きかけ、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。
女性のみならず男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。
健康的な精子の増加を手助けしてくれるという訳です。
妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。
今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取をすすめてみてください。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えて充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が通知を出しています。
葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。
葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。
その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも心掛けたいですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:葵
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/noeurelmdtgann/index1_0.rdf