<スリランカゾウ>多摩動物園に寄贈へ 国交60年記念で

January 21 [Sat], 2012, 11:26
日本との国交樹立60周年を記念し、スリランカから東京都の裏DVD多摩動物公園(日野市)にスリランカゾウが寄贈されることになった。群れで暮らす様子を再現するため、東京都は2〜4頭を希望している。同公園にいる雄1頭と合わせて3〜5頭となる可能性がある。日本動物園水族館協会によると、スリランカゾウは希少で、国内で3頭以上が飼育されているケースはなく、都の担当者は「上野のパンダのように、多摩動物公園の目玉にしたい」と話している。

 両国は1952年に国交を樹立した。スリランカゾウはアジアゾウの亜種で、狩猟や生息地の開発の影響で年々減少し、野生での生息数は2500〜3000頭とされる。

 都は昨年、四つある都立動物園・水族園の整備・改修計画「都立動物園マスタープラン」を策定。その中で、希少な動物の保護・繁殖に取り組むほか、野生動物のダイナミックな生態を伝える展示の実現を目標に掲げた。今回の「ゾウの群れ」の再現をその目玉の一つにしたい考え。都は職員をスリランカに派遣し、頭数や来日の時期を協議している。

 都によると、90年度に4園合わせて1055万人だった入場者は、少子化やレジャー施設との競合により、10年度は569万人と大幅に減少した。多摩動物公園の入場者は100万人前後で推移しており、10年度は92万人だった。すごいな。【武内亮】
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/noesp99e/index1_0.rdf