PDFファイルの印刷 

2005年06月02日(木) 22時15分
ちょいと流れとはズレル話…。

社内文書なのに何故か印刷不可に設定されてる資料の印刷方法を人に聞かれました。意図的に印刷不可なのか過失で不可なのかわからないが…プロテクトを解除するのはいけない事なので基本的にNG。手間だけど、PrintScreenボタンでキャプチャして貼り付けてくくらいしかないですよねー。
流石にこのソフトでできるかも…とは紹介できなかったです…orz。

nmap 

2005年06月01日(水) 2時23分
iplogのついでにnmapもいれてみる。NW上のサーバでどのようなサービスが提供されているかを調べるツール。ポートスキャンでセキュリティーホールを探しAttackするのに悪用されてるらしいが…、自分のサーバ保全のため不必要ポート調査用としてのみ使う事とする。

[root@kuro-box /tmp]# apt-get update
[root@kuro-box /tmp]# apt-get install nmap
[root@kuro-box /tmp]# apt-get clean

完了〜、はやっ!。
さっそく自分の空きポートを探すことに。
[root@kuro-box /tmp]# nmap -O localhost
Starting nmap V. 3.00 ( www.insecure.org/nmap/ )
Interesting ports on localhost (127.0.0.1):
(The 1596 ports scanned but not shown below are in state: closed)
Port State Service
22/tcp open ssh
80/tcp open http
110/tcp open pop-3
139/tcp open netbios-ssn
10000/tcp open snet-sensor-mgmt
Remote operating system guess: Linux Kernel 2.4.0 - 2.5.20
Uptime 0.024 days (since Tue May 31 23:55:26 2005)
Nmap run completed -- 1 IP address (1 host up) scanned in 7 seconds

[root@kuro-box /tmp]# nmap -sU localhost -p 130-140
Starting nmap V. 3.00 ( www.insecure.org/nmap/ )
Interesting ports on localhost (127.0.0.1):
(The 9 ports scanned but not shown below are in state: closed)
Port State Service
137/udp open netbios-ns
138/udp open netbios-dgm
Nmap run completed -- 1 IP address (1 host up) scanned in 2 seconds

なるる。TCPのpop-3は当面いらないので見直す事にするかなぁ。
詳しいオプションはmanやココ参照。

iplog 

2005年05月31日(火) 23時59分
iplogを導入する事にする。ローカルで使っているのでまだそんなに恩恵はうけないとは思うけど、セキュリティに際限ないし(^^;。
ちなみに、iplogはTCP、UDP、およびICMPのトラフィックを記録したり、TCPのconnect、ステルス攻撃、FIN、SYN、Xmas、およびUDPスキャンの検出などをしてくれるみたい(詳しくはreadme参照)

readmeによると、libcapが必要らしいので先に入れてからインストール。
[root@kuro-box src]# apt-get update
[root@kuro-box src]# apt-get install libcap
[root@kuro-box src]# apt-get clean

iplogのサイトからソースをダウンロードしてきて、/usr/local/src/に格納。
[root@kuro-box src]# tar zxvf iplog-2.2.3.tar.gz
[root@kuro-box src]# cd iplog-2.2.3
[root@kuro-box iplog-2.2.3]# ./configure
[root@kuro-box iplog-2.2.3]# make
[root@kuro-box iplog-2.2.3]# make install
[root@kuro-box iplog-2.2.3]# make clean
これで完了。

実行してみる。
[root@kuro-box iplog-2.2.3]# /usr/local/sbin/iplog
[root@kuro-box iplog-2.2.3]# tail -f /var/log/messages
(略)
Jun 1 00:11:39 kuro-box iplog[1667]: iplog started.
Jun 1 00:12:04 kuro-box iplog[1670]: UDP: dgram to port 1027 from 192.168.0.1:53 (78 data bytes)

UDPで192.168.0.1の53番ポートからkuro-boxの1670ポートにトラフィックがあったのが解る。成功〜♪。今度自分にポートスキャンでもかけてみるかな。後、ntpな通信が非常に多くウザイ。そのうち/etc/iplog.confに条件を書く事とする。

せっかくインストールしても起動しなけりゃ意味がない。自動起動の設定をしとく。
[root@kuro-box src]# vi /etc/rc.local(最後に赤字のとこ追加)
/usr/local/sbin/iplog

後は、/var/log/messagesと/var/log/secureを楽に見る方法を考えよぉ〜っと。

source.lst変更 

2005年05月30日(月) 22時00分
Toolをインストールする際、tarボールからmakeしてもいいんだけど、楽したい主義なので、できるだけrpmでいれたい♪。と思ったらこんなみつけた
ふむふむ。今度試してみよう。

とりあえず、今日のとこはapt-getでvine plusもgetできるようにしとく。赤字のとこ削除(Ringサーバのとこが何故かエラーになったので、KDDIさんを利用)。

[root@kuro-box /]# vi /etc/apt/source.lst
#rpm ftp://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/distributions/Vine/apt 2.6/$(ARCH) main plus plus-noarch
#rpm-src ftp://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/distributions/Vine/apt 2.6/$(ARCH) main plus
[root@kuro-box /]# apt-get update
[root@kuro-box /]# apt-get upgrade
[root@kuro-box /]# apt-get clean

細かい修正 

2005年05月29日(日) 18時00分
前から気づいてたが(^^;、/var/log/secureにエラーがでてる。エラー内容はログインした際、lastlogがないのでかけねーよっとの事。っつーことで、lastlogの空ファイルを作ってやる事にする。

[root@kuro-box /root]# touch /var/log/lastlog
これで完了。

しかーし、いけないですなー。
/var/log/messages と /var/log/secureはちゃんと読まなきゃならないのに…。
後、iplogくらいかな。

ウィルス対策 

2005年05月27日(金) 6時58分
玄箱がファイルサーバなので念のためアンチウィルスソフトを導入しようと考えた。個人利用無料のhbedvさんへいってantivir-workstation-prof-2.1.3.tar.gzを落としてくる。
リアルタイムスキャンが必要ならソース内のdazukoもmakeするのだけど…玄箱はパワーがなさそうなので回避。夜中にcronでスキャン回せばよいかな?

[root@kuro-box /temp]# tar zxvf antivir-workstation-prof-2.1.3.tar.gz
[root@kuro-box /temp]# cd antivir-workstation-prof-2.1.3
[root@kuro-box /temp]# ./install

…エラー!。
インストールファイルが起動できません!。
i386用に作られてる模様…そかー。残念。

ユーザ登録でまた個人情報ばらまいちまったZe!。

emacsとjman 

2005年05月26日(木) 8時27分
コマンドオプションを調べようとmanを起動しても英語しかでない…。面倒くちゃい。vineっぽくない(^^;ので、日本語マニュアルをインストールする事にした。ついでに、emacsとFreeWnnも入れておこうかなぁ(ココ参考にさせていただきました)。

[root@kuro-box /root]# apt-get update
[root@kuro-box /root]# apt-get install FreeWnn
[root@kuro-box /root]# ln -s /etc/rc.d/init.d/FreeWnn /etc/rc.d/rc3.d/S99FreeWnn
[root@kuro-box rc3.d]# apt-get install emacs emacs-dl-wnn
[root@kuro-box /root]# apt-get install jman_pages
[root@kuro-box /root]# apt-get clean

ついでに環境変数類の設定…以下を追加しとく。
[hoge@kuro-box hoge]$ vi .bashrc
alias man='jman'
alias emacs='emacs -nw '
alias ls='ls -vC --show-control-chars -F \!*'
alias less='less -K euc '


[hoge@kuro-box hoge]$ vi .bash_profile
MANPATH=/usr/share/jman:/usr/local/man:/usr/share/man:/usr/X11R6/man
PAGER='less -K euc'
export USERNAME ENV PATH MANPATH PAGER


sourceコマンドで反映させた後、FreeWnnを起動。
[root@kuro-box rc3.d]# /etc/rc.d/init.d/FreeWnn restart
[hoge@kuro-box hoge]$emacs

OK!。CTRL+\でとりあえず漢字入力もできたぉ!

wizd 

2005年05月25日(水) 0時46分
データ格納が終わったので、wizdの設定をする。リビングのLinkTheaterで音楽聴いたり、録りためたドラマを見るのに必須なのだ。
wizd改造版を使わせてもらう。
/usr/localにwizd_0_12g.tar.gzをdownload。

[root@kuro-box local]# tar zxvf wizd_0_12g.tar.gz
[root@kuro-box local]# mv wizd_0_12g/ wizd
[root@kuro-box local]# cd wizd
[root@kuro-box wizd]# make clean
[root@kuro-box wizd]# make

起動スクリプトを書き、/etc/rc3.d/S99wizdにリンクをはる
[root@kuro-box wizd]# cd /etc/init.d/
[root@kuro-box init.d]# vi wizd
#! /bin/sh
test -f /usr/local/bin/wizd || exit 0
test -f /etc/wizd.conf || exit 0
case "$1" in
start)
echo -n "Running wizd..."
/usr/local/bin/wizd
echo "."
;;
stop)
echo -n "Stopping wizd..."
/usr/bin/killall wizd
echo "."
;;
*)
echo "Usage: /etc/init.d/wizd {start|stop}"
exit 1
esac
exit 0

[root@kuro-box init.d]# chmod 755 wizd
[root@kuro-box init.d]# cd /etc/init.d/rc3.d
[root@kuro-box rc3.d]# ln -s ../init.d/wizd S99wizd
[root@kuro-box rc3.d]# cd /usr/local/wizd
[root@kuro-box wizd]# cp -p wizd /usr/local/bin
[root@kuro-box wizd]# cp -p wizd.conf.sample /etc/wizd.conf

config関連微調整(連続再生やシャッフルも設定しとく)…赤字のとこ修正
[root@kuro-box wizd]# vi /etc/wizd.conf
document_root /mnt/common
#access_allow 192.168.1.0/255.255.255.0
skin_root /usr/local/wizd/skin
[root@kuro-box wizd]#vi skin/basicblue/tail.html
action=allplay" tvid="pgdn" vod="playlist">
action=allplay&sort=shuffle" tvid="pgup" vod="playlist">

[root@kuro-box basicblue]# /etc/init.d/wizd start
Running wizd...wizd 0.12g start.

動いたー、LinkTheaterでも再生できたー。
これでひと安心。

smb.conf 

2005年05月24日(火) 23時28分
sambaをいれたので、smb.confでも書いてみる(今のとこプリンタ共有はしない)。とりあえず、以下のようにした。coding systemはeucとsjisはどちらがいいんだろ…この辺よくわからない(--;。sjisにすると、Windowsからおいたファイルをtelnetで見ると化ける。逆にeucにするとWinSCP上で化ける…。王道がわからん…。

[root@kuro-box /root]# vi /etc/samba/smb.conf

[global]
coding system = euc
client code page = 932
workgroup = hogehoge
netbios name = KURO-BOX
hosts allow = 192.168.1.
server string = %L: Samba %v on %h
encrypt passwords = Yes
passwd program = /usr/bin/passwd %u
passwd chat = *New*password* %n\n *Re*new*password* %n\n *success*
unix password sync = Yes
log file = /var/log/samba/log.%m
max log size = 50
deadtime = 15
read size = 65536
socket options = TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192
add user script = /usr/sbin/useradd %u
lm announce = No
dns proxy = No
wins support = Yes
winbind uid = 10000-20000
winbind gid = 10000-20000
dos filetimes = Yes
dos filetime resolution = Yes

[common]
comment = share files
path = /mnt/common
writeable = Yes
guest ok = Yes
hosts allow = 192.168.1.
force user = root

[homes]
comment = %S's Home
writeable = Yes
browseable = No


起動確認、OK。これで退避してたデータを格納できるYo!

samba 

2005年05月24日(火) 12時07分
WinSCPでファイル共有できるようにはなったが…玄箱にセキュア通信をするパワーがないのかなぁ…遅い気がする。という事でsambaを入れてWindowsとファイル共有出来るようにしてみる。

[root@kuro-box /root]# apt-cache search samba
samba-client - Samba (SMB) クライアントプログラム
samba - Sambaサーバ
samba-common - Sambaサーバーとクライアントの両方に使用されるファイル
webmin - Web ベースのシステム管理ツール
[root@kuro-box /root]# apt-get install samba samba-common

おろろ、2.0.10ですかー。これはよろしくない…(速攻削除…インストールする前にrpmのバージョンを調べればよかったなぁ)。
ソースからコンパイルして3をいれるかな、LDAPも使えるしtdbsamによる認証も使える…今新機能勉強するの面倒(後の楽しみにしよう)。つーことで、2.2を使わせて貰う事にする(参考、山下さんとこ)。

ftp.samba.gr.jpからパッケージを入手

[root@kuro-box /tmp]# apt-get update
[root@kuro-box /tmp]# apt-get install pam-devel readline-devel ncurses-devel patch autoconf libtool
[root@kuro-box /tmp]# apt-get clean
[root@kuro-box /tmp]# rpm --rebuild samba-2.2.11.ja-1.0vl1.src.rpm
[root@kuro-box /tmp]# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/ppc/samba-2.2.11.ja-1.0vl1.ppc.rpm

インストール完了。簡易な/etc/samba/smb.confを書いた後、ユーザ登録。

[root@kuro-box /root]# smbpasswd -a hoge
New SMB password:hoge
Retype new SMB password:hoge
Added user hoge.
[root@kuro-box /root]# /etc/rc.d/init.d/smb start
SMBサービスを起動中: [ OK ]
NMBサービスを起動中: [ OK ]

Windowsから接続確認!。完了。わーい。
最後に自動起動設定でもしとく。

[root@kuro-box /root]# chkconfig smb on
[root@kuro-box /root]# chkconfig --list smb
smb 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:noenoepu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる