妊婦に多様な効果をもたらしてくれる葉酸です

April 21 [Thu], 2016, 1:27
妊婦に多様な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症(市販の睡眠導入剤を長期間使用するのはあまりよくないでしょう)(日本人の四人に一人にみられるのだとか)の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。


特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、気を付けて下さい。



葉酸は、ご飯で摂ることが出来れば一番ですが、簡単に摂取したいのだったら、サプリメントがおススメです。サプリメントは、葉酸の摂取量が簡単に管理可能ですから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には大変便利だと思います。

妊活中の女性に御勧めしたい食べ物には、おとうふや納豆、魚等があります。


鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に必須の栄養が多いので、日常のご飯に積極的に取り入れたいものです。
また、栄養バランス良く多くの食材から栄養をとるのが理想的です。そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが、妊娠してからも楽になります。

ビタミンBの一種である葉酸は、さまざまな食べ物に含有しています。

例えば、フルーツで言うと、イチゴやライチに含有量が多いと一般的に言われています。

あるいは、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多くふくまれています。または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。

ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースを飲むのも良いですね。
葉酸の摂取期間についてお話しします。

みなさんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そんなことはありません。葉酸のもつ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを下げてくれるという意味では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大変重要な期間という事ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますから、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが良いと言われています。


効率的な摂取のタイミングは、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。



なぜかと言うと通常のご飯で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きが活性化します。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。
胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れるという報告もありますから、避けた方が無難です。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどにふくまれている事で有名ですね。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだといわれています。

なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を減らす効果があります。
厚生労働省の発表によりますと、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリを利用するのが大丈夫です。葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は厚生労働省によって妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿などに混じって排出されています。
ですから、体内に蓄積するということはありません。


とはいえ、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用につながる怖れもあります。
葉酸サプリはご飯での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。


葉酸サプリを飲む場合には、指示された用法を守って摂取するようにして下さい。赤ちゃんを授かっ立という事で産婦人科等で行なわれる栄養指導をうける方や、地域などで行なわれる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。
こういう場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多くふくまれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。
葉酸がどのような食品に多くふくまれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。
持ちろん、野菜も代表的な食品の一つです。
普段のご飯にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、調理の際の加熱で分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、摂取するようにして下さい。みなさんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温やご飯の管理など、ほとんどの活動は女性側が主体となっておこなうもののように感じますよね。でも男性側にも実践していただきたい妊活があります。それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性側の問題だというケースもあります。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。質の高い精子を作り、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみて下さい。妊活中には、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。
これらのお茶はカフェインが入っていません。

妊活中の女性にも胎児にかなり嬉しいお茶だという事ですね。



特にルイボスティーは鉄分(成長期の子供や妊娠中の女性はもちろん、痔の方は特に積極的に補うべきでしょう)を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという話ですから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにして下さい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aoi
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nodhnw7pre8aep/index1_0.rdf