「ジェイドは宮本武蔵」 

September 03 [Mon], 2007, 13:50
 黎はため息をつくと脚を組み替え、腕時計にちらりと目をやった。約束の時間は、今まさに過ぎようとしているところだ。会社同士の重要な打ち合わせのはずなのに―相手は、姿を見せない。
「…馬鹿にされたようだな。」
 呟いて、翡翠の目を細める。緑に蒼と黒がかった深い色が、剣呑な光を浮かべたその時、廊下を歩く音がしてドアが開いた。ムッとした表情のまま、黎は相手―自分と同い年くらいの男性―を見やった。服が白いので一瞬研究員を寄越したのかと思ったが、身のこなしと言い雰囲気といい…どうやら高位の幹部らしい。
 品定めをするような目を相手に向けているのは、遅れてきた男―ジェイドも同じなのだが、すぐに検分を終えたようで席についた。
「ふーん…随分と若い最高幹部さんだね。名前は?」
「…降夜黎」
「黎か…僕はジェイド・レウァール、夜啼鳥開発部門総取締だ。じゃぁ、さっさと協定内容を確認しようか。そっちはセレンの、こっちは夜啼鳥の…技術提供だろう?」
 相変わらず不機嫌そうな表情のまま黎が頷く。
「……」
「……」
 二人とも、元から良く喋るほうではない…今回は黎の不機嫌さも手伝い、互いに黙り込んでしまった。
その時、ジェイドが入ってきた扉から15〜16歳ほどの少女が、ティーセットを持って入ってくる。
「失礼します。お茶をどうぞ。」
「ありがとう。…黎、その子は?」
 その銀髪の少女を不思議そうに見つめ、ジェイドは問いかけた。
「Future。世界で一番最初に生まれたセレンだよ。」
 ふぅん、と言った表情で彼は頷きながらちらりと翠玉の瞳で黎を見やり…不意に噴出した。
 突然笑い出したジェイドに、何がおかしい…?と憮然とした表情で黎は問い返す。
「…いや、いい趣味だなと思って。」
「…は?」
「ふふ…こっちの話だよ。」
 それでも尚笑いを止めようとしないので、半ば馬鹿にされたような気になりながら、例はずいっと契約書を差し出した。
「とりあえず、契約成立ってことで…良いな。」
「あぁ。」
 お互いに署名をした後、ジェイドは突然言い出した。
「折角FPTまできたんだ。施設内を見せてくれないかな?」
「…判った。」
 出て行こうとする二人のあとを、「行ってらっしゃいませ」というFutureの声が追いかけた。

「…セレンに学習能力は?」
「あるよ。周りの環境に応じて自分のあるべき位置を知り、自分のするべきことを勝手に学ぶ。」
 白い壁、白い大理石…一面が白の廊下を二人は歩き始めた。
「FTPは、地上30階、地下20階で、一つの階にはおよそ80〜100の研究室がある。…何がおかしい?」
「『ヒトノカタチ』を取り扱う場所っていうのは、皆同じようだな…と思っただけさ。病院も、Σも、FTPも…。」
「Σもこんな風景なのか。」
 FTPは1〜10階については取材のときなどに公開したことがあるのだが、Σと、その本社が置かれている船…ジュデッカについては、全くといっていいほど情報が公開されていない。
「まぁ、大体同じだね。端的に言ってしまえば、白くて四角い。」
「面白い言い方だな…さて。」
 エレベーターの前に到着し、黎はくるりとジェイドの方を振り向いた。
「普段は地下までは案内しない。約10000人いる社員の中でも、ほんの一握りしか最下層に行ったことはないんだ。だが、ΣとFTPの結託を祝して、ジェイド、君を地下に招待したいんが、どうだ?」

概要(By蒼牙) 

June 17 [Sun], 2007, 15:02
 はい、というわけでー。
 こらぼれーしょん小説が、始まります。
 如月の「夜想曲」と、蒼牙の「Return to the sky」。

 はっきりいって、アホです。
 はっきりいって、設定マニアです。
 はっきりいって、一般人にはよろしくない描写というか設定があったりなかったりします。
 はっきりいって、作者二人は飽きっぽいです。そして忙しげな身分です。

 以下、簡単な説明文をば…。
 〜〜〜〜〜〜
 舞台は科学が発展した世界。
 「セレン」と呼ばれる人間そっくりのロボットを作り出した「FPT」と、「夜啼鳥(ナイチンゲール)」と呼ばれる、人間の顔をした生物兵器を作り出す兵器企業「Σ」が、両社の発展のために手を組む事になった。FPTの非人道的なセレンの使用に反対する「SPT」と、Σを敵対視しSPTと手を組もうとする、「イグザリオン」―四つ巴の熾烈な争いが、四年の時を経て鮮やかに蘇る。(これ、デジタルリマスター版って呼んでいいの?)
 その戦いを経ていくうちに、Σの兵器部門総取締であるジェイド(男)は、FPTの最高幹部である黎(男)に、興味を抱いていく…果たして、彼の思いは届くのか!?
 愛と感動と下心のストーリーがここに、再誕する!!

「黎…どうして、どうして君は男なんだ!
「そ、そんな無茶を…。」
「黎さん…軽蔑します!」
「落ち着くんだ琳…お前には、俺がついている。」
 〜〜〜〜〜〜

 いやこれは嘘です。
 完全に嘘です。ぐふっ。
 以下訂正入りますー。

 〜〜〜〜〜〜
 舞台は科学が発展した世界。
 「セレン」と呼ばれる人間そっくりのロボットを作り出した「FPT」と、「夜啼鳥(ナイチンゲール)」と呼ばれる、人間の顔をした生物兵器を作り出す兵器企業「Σ」が、両社の発展のために手を組む事になった。FPTの非人道的なセレンの使用に反対する「SPT」と、Σを敵対視しSPTと手を組もうとする、「イグザリオン」―四つ巴の熾烈な争いが、幕を開ける。
 争いの中で明らかになる、FPTの最高司令官、黎と、SPT最高司令官、琳の悲しい過去とは?そして、理解しながらも憎み合う、Σの夜啼鳥部門総取締ジェイドと、イグザリオンの戦士ブルースの因縁とは?
 四年前、実りを迎えた妄想が…いま、此処に、新たな花を咲かせる!!
 〜〜〜〜〜〜
 

キャラクター設定 

June 17 [Sun], 2007, 10:09
=Σ=
・クイント(ジェイド) age.24
 やや茶がかった金髪に、帝王緑の瞳。
 Σの、夜啼鳥開発部門総取締。

・アンティエルド(アゲート) age.16
 黒髪に青と緑のオッドアイ。
 ブルースとクイントに関係があった人物らしい。

・ロール age.8
 金髪、蒼の瞳。
 クイントが(紫の上計画の為)引き取った少女。

・フォーチューン age.20
 金髪、蒼の瞳。
 最強の夜啼鳥。特殊能力『聖域』

=イグザリオン=
・ブルース(アンバー) age.24
 黒に近い茶髪に、金の瞳。
 イグザリオン幹部。

・エイリア age.18
 金髪、藍色の瞳。
 イグザリオンのオペレーター

=FPT=
・黎(レイ) age.22
 黒髪、翡翠色の瞳。
 FPT最高幹部。

・リディア age.25
 茶金の髪、赤色の瞳。
 黎の補佐官。

・テンペスト age.16
 金髪、翡翠色と青のオッドアイ。
 黎と行動を共にしている。

・ソフィア age.14
 黒髪、紫色の瞳。
 FPTの強化型セレン。

・Future age.19
 銀髪、紫の瞳。
 一番最初のFPT製のセレン。

・Doll age.15
 金髪、青の瞳。
 FPT製のセレン。

=SPT=
・琳(リン) age.20
 金髪、翡翠色の瞳。
 SPT最高幹部。

・リーファ age.21
 金に近い茶髪、赤色の瞳。
 琳の補佐官兼藜の子守役。

・藜(アカザ) age.4
 黒髪、翡翠色の瞳。
 琳の実娘。

・梨緒(リオ) age.18
 茶髪、琥珀色の瞳。
 SPTの幹部候補生。

・皐沙(セナ) age.13
 茶髪、琥珀色の瞳。
 梨緒の妹。中学生。
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ