まずい寿司と最低の日 

September 14 [Thu], 2006, 9:57
今日は主人の仕事が早く終わりそうなのでアウトレットモールへお買い物をする予定でした。
でも前が見えないほど大雨で急遽高速を降りる羽目に。
結局目的地へはたどり着けず、仕方がないので主人がよく行く日本食レストランへご飯を食べに行きました。
ここは主人が接待でよく使うお店で、常々おいしいと聞かされていました。
私と子供はお寿司を注文。主人は寿司嫌いなのでラーメンなどを注文していました。
まずお寿司のネタが以上に少ない。なんと5種類だけ。いくらアメリカでもこれはひどいでしょう。
そして出てきたお寿司がひどかった。ご飯に酢が効いていない、ただの白米なのです。
寿司好きの私としてはかなりのショックで、店員にどうだったか聞かれたときに正直に
<酢が感じられないのだけれど、もしかして入れ忘れていない?>と聞いてしまいました。
主人は寿司飯に酢が入っていないくらいだから何だっていうの?と人をクレイマー呼ばわりするし、
最低の夕食になってしまいました。
主人はアメリカの会社に勤めているのですが、日系企業の営業を担当しています。
どうも詳しく話しを聞いてみると、日本人の接待によく利用しているらしく、お酒を飲んで
一品料理を食べるにはちょうどよいのだそう。今までお寿司を食べたことはなく、お酒を飲んでいるので
味もよく分からないと言い出す始末。イメージでお寿司もおいしいと思い込んでいたのだそうです。
勝手に期待していた私も悪いとは思うけれど、結構な値段をつけておきながらひどいと思います。
値段も高かったのでがんばって全部食べてきましたが、もう二度とFUMIには行きません。

ダークチェリーパイ 

July 21 [Fri], 2006, 23:41
私の住んでいるミシガンはアメリカで一番チェリーの生産高の多いところ。
名物のチェリーを使ってパイを作ってみました。

折りパイ生地をしっかり空焼きして、カスタードクリームを詰めて、その上にダークチェリーのコンポートをのせてみました。アンデルセンとかにあるダークチェリーペストリーのようなものをイメージしてつくってみました。
味はチェリーの糖度が想像以上に強かったみたいで、全体的に甘すぎに思えました。
チェリーのコンポートもカスタードもアメリカのレシピで作ってみたのがいけなかったのかも。
あと切るとフルーツが雪崩を起こして見た目がきれいでないのもいやだったし。
でも組合せ的には好きな味なので、ブルーべりーでも試してみようかなと思いました。

アメリカで見つけたお気に入りたちA 

June 30 [Fri], 2006, 23:53
ドーナッツが大好きです。
地味なおやつだけれど、とても完成された食べ物だと思います。

私のお気に入りのお店はKrispy Kream Donut とTim Houtonです。


シンプルなオリジナルグレーズが一番おいしいと思います。
韓国にもオ−プンしたとのことなので、日本にもそのうちオープンして、帰国してからも
食べられたらいいなと思っています。

Tim Houtonはファーストフードのコーヒーショップです。
私はここのフレンチクルーラーとサワークリームドーナッツが好きです。
ここのカプチーノはものすごくあまいのですが、なぜか甘いドーナッツと相性がぴったりなのです。
危険な組合せですが、是非試してみてくださいね。

久しぶりのCINABBON 

June 28 [Wed], 2006, 1:25
来年の夏に帰国になりそうです。
そう言われるとなぜかアメリカっぽいものに執着するようになります。
今朝はCINABBONが食べたくなったので久しぶりに買いに行きました。
今週子供がサッカーキャンプに参加しているので、送りにいった帰りにお店に寄ったのでが
20分待たないと焼けないとのこと。近くで時間をつぶしてようやく手に入りました。

10時半くらいにおやつのつもりで食べたのですが、多分ランチは食べられないだろうなと
思わせるボリューム。2年くらい食べていなかったので、すっかり忘れていました。
焼き立てすぎるのかべとべとだし、やはりこれはアメリカ人の味なのかも。
私はシナモンスティックのほうが全然好きです。

一番驚いたのがカロリー。一個で760CAL あるそうです。側においたあったパンフレットを何気なく
みてしまったのですが、みなければ良かったです。

NYベーカリーめぐり 

May 30 [Tue], 2006, 7:35
メモリアルデーの休暇を利用して、NYへ行ってきました。
観光ももちろんです、一番の目的はchelsea market に行くことです。
chelsea market はナビスコの工場跡地に作られた建物で、話題の店やベーカリーが
出店しています。まずはAMY’s Bread。

日本で暮らしているころから評判を聞いていたお店なので、とても楽しみにしていましたが、
味も方は普通…。ヨーロピアンタイプのパンが主においてありました。
個人的にはSARABETH KITICHENのパンの方がおいしいと思いました。
近くにはとてもかわいらしいカップケーキの専門店も。
向かいのジェラート屋さんで試食に呼び止められ、つい買ってしまいましたが、
ここのアイスクリームはとてもおいしかったです。

私はクロワッサンが大好き。とてもお店の技術の現われる商品だと思います。
NYでもたくさんのベーカリーのクロワッサンを試してしまいました。
私のお薦めはPETOROSSIANというレストランのとなりにあるカフェのクロワッサン。
バターがジワーと溶け出す感じで、パリで食べて感動した味だ!
と思ったら、本店はパリとのこと。

ケーキでおいしいと思ったお店はNORITA地区にあったBARTHAZAR。

ここのクロワッサンはいたって普通でしたが、ケーキはすべて最高においしかったです。
とくに感動したのがマンゴースフレタルト。たまに出会いものと思えるようなお菓子に出会うことが
あるけれど、これがまさにそれ。ふわふわのマンゴームースっぽいクリームの入ったタルトで、タルト生地もさくさくでとてもおいしい。何とかして再現したい味だと思いました。

バースデーケーキ 

May 04 [Thu], 2006, 0:30
デジカメが故障してしまい、しばらくブログから遠ざかっていましたが、
ようやく修理から帰ってきました。
ようやく今週末子供のバースデーパーティを開きます。バースデーケーキを
どうしようかなと考え中です。

日本ではジェノワーズタイプのスポンジが一般的だけれど、アメリカはもっと
バターケーキ風のものが人気があるみたいです。
一応マーサスチュワートのバースデーケーキのレシピを試作してみました。
ジェノワーズが卵を中心に膨らませるタイプであるのに対し、アメリカのスポンジは
材料の中の粉の割合も多くて、ミルク等の水分も多く使います。
まずはじめにバターと砂糖を混ぜるところからはじめるので作り方は
カップケーキ等のバターケーキに近い感じです。
味ですが、なんだか微妙。大きなマドレーヌみたいで、まずくもないかわりに特徴もない。
ジェノワーズともたいして変わらないような気もするし。
子供はチョコレートケーキがいいらしいのでチョコレートクリームを使ってデコレーションするつもりですが、土台のケーキをどれにしようかまだまだ試作はつづきそうです。

cinammon roll, sticky buns 

March 26 [Sun], 2006, 21:54
今朝は五時半に目が覚めたので朝食用のパンをつくることにしました。
生地は昨日作って冷蔵発酵しておいたものです。
今シナモンロールの生地をいろいろと作って食べ比べしています。
今回はcooks illustratedのもので、あまりバターの入らないもの。
至って普通の、バランスの良いシナモンロールでした。
先日作ったマーサスチュワートのシナモンロールの生地のほうがおいしいかも。
こちらはバターもたっぷり入ったリッチな生地ですが、よくこねるためかすごくふわふわでおいしかった!

スティキーバンズは型にバターを塗り、砂糖、シロップ、ナッツを敷き詰めてからシナモンロールを並べて焼きます。パンの底がキャラメルナッツがとろとろと絡みつく感じになります。
いかにもアメリカ的味覚です。私には普通のシナモンロールの方が好みでした。

今引越しを考えていて家探しに忙しく、なかなかブログを更新できずにいました。
子供は広いバックヤード、主人は2台車の入るガレージ、広いお風呂、私は広いリビングと充実したキッチン、それぞれの欲求を満たすことは本当に難しいです。

今日のサラダ 

March 26 [Sun], 2006, 5:24
今日のランチのサラダです。
和風ゴマドレッシングが好きなのですが、アメリカでは値段が高いので
購入するのに気が引けます。
現地生産の物はいまいちおいしくないので、自分で作ってみることにしました。
レシピは松田美智子さんのレシピ本のゴマだれを参考にしました。
このゴマだれをお酢を加えてドレッシングをつくります。アボカド、ブロッコリー、枝豆、ルコッラを加えて混ぜ、最後にすりゴマを入れました。
この組合せ、とてもおすすめです。ルッコラはアメリカに来て以来良く使うようになった野菜です。
私は小松菜の変わりにおひたし、胡麻和え、何にでも使っています。お醤油との相性もいいです。
ドレッシングですが、市販のものより全然おいしいし、家にある材料でできます。

<レシピ>

ゴマだれ
白ねりゴマ1/3カップ めんつゆ1/2カップ しょうがのすりおろし大さじ1 みそ大さじ2 みりん大さじ1 ごま油大さじ1 すりゴマ1/2カップ

以上の材料を良く混ぜる
 
サラダ

ゴマだれ大さじ2とお酢大さじ2を混ぜてドレッシングをつくる。
ルッコラ、ブロッコリー、枝豆、アボカドを加えてまぜる。
ツナを加えてもおいしいし、トマトもあいます。

フライドチキンとから揚げ 

February 26 [Sun], 2006, 10:12
今日の晩御飯のメインディッシュはから揚げです。


我が家の定番から揚げは2種類あって、一つ目は中華街のから揚げ粉を使って作るごくごく普通のから揚げです。これは名古屋時代にお友達になったmayuちゃんから帰国したときのお土産にいただいたものです。それまで市販のから揚げ粉を使ったことはなかったのですが、カリカリさくさくでおいしい。それ以来大ファンになってしまいました。アメリカでもたまに見かけますが、そのときは即買いしめです。

もう一つはケンタッキー風のフライドチキンです。これは定期的に行われているbakeoff(お料理コンテスト)で賞をとったレシピと
cooks illustrated magazineのフライドチキンの作り方をミックスさせたものです。本来は鶏肉の骨付きぶつ切り肉で作りますが、火の通りと調理時間のことを考えて、我が家では普通のもも肉を使っています。



<作り方>

バターミルク一カップにタコシーゾニングを溶かす。その中に一口大に切った鶏もも肉を混ぜ、2時間くらいつけておく。
水分を残した状態で、ビスクイックをまわりにまぶし、サラダオイルで揚げる。揚げ時間は長めに、衣がカリカリするまで揚げた方がおいしいです。バターミルクはミルク1カップにレモン汁大匙1を加えて10分ほど放置したもので、ビスクイックは小麦粉1カップにベーキングパウダー小さじ1/2を混ぜたもので代用できます。びっくりするほどお肉が柔らかくなっておいしいので、ぜひ試してみてくださいね。

バースデーシュークリーム 

February 22 [Wed], 2006, 5:00
今日は主人のお誕生日です。
ケーキよりシュークリームが良いそうなので
シュークリームとエクレアをつくりました。
レシピはおいしいケーキが作りたいより、安食シェフのものです。



日本で作ったときはこれが一番おいしいと思ったのですが、
アメリカでつくったらなぜか少し堅すぎる気がして、
納得のいく出来ではありませんでした。
でもお友達の家に持っていってしまったのですが。
試食しなかったのでいまいちな味だったことを確認できずに
持っていってしまいました。 こういう時って嫌な気持ちです。

アメリカのシュークリームのレシピはなぜか白身を一個足してあります。
日本は卵だけでつくるのに。
これってアメリカの小麦粉で作るためには必要なことなのかも。

今日は子供と同じ幼稚園のお友達の家に遊びに行ってきました。
韓国からいらっしゃった方で、とても英語が流暢。
まだまだネイティブ同士の会話にはついてゆけない
ことも多いです。うらやましいような少し寂しい思いをすること
もあるけれど、まだ1年足らずだから仕方ないよね、
努力あるのみと自分を励ましています。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像url
» まずい寿司と最低の日 (2012年07月24日)
アイコン画像じゃぶ
» まずい寿司と最低の日 (2008年10月04日)
アイコン画像新妻Y
» まずい寿司と最低の日 (2008年09月30日)
アイコン画像隙間男
» まずい寿司と最低の日 (2008年09月24日)
アイコン画像まあむ
» まずい寿司と最低の日 (2008年09月23日)
アイコン画像すう
» まずい寿司と最低の日 (2006年09月23日)
アイコン画像taka
» まずい寿司と最低の日 (2006年09月22日)
アイコン画像月子
» ダークチェリーパイ (2006年07月22日)
アイコン画像月子
» NYベーカリーめぐり (2006年07月15日)
アイコン画像すう
» NYベーカリーめぐり (2006年07月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nock
読者になる
Yapme!一覧
読者になる