日ハム大谷 10勝・10発 日本球界初の快挙!! 

September 08 [Mon], 2014, 10:11
日本ハムの大谷翔平選手(20)が7日のオリックス戦で日本球界で初となる同シーズンでの
「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」の快挙を達成したそうです。

この日、大谷選手は「5番・DH」の野手として先発出場、4回の第2打席でオリックスの
吉田投手のボールをバックスクリーンに運びました。

この記録は、日本球界では初、大リーグでは、”野球の神様”と呼ばれていた
ベーブ・ルースさんが1918年に13勝・11本塁打を記録しており、それ以来、
実に96年ぶりとなる快挙だそうです。

入団当初から”二刀流”に挑戦している大谷選手、もしかすると、これから毎年、
「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」を達成していくかもしれませんね。

ヤンキース黒田 日本人初 5年連続2ケタ勝利!! 

September 04 [Thu], 2014, 22:01
NYヤンキースの黒田博樹投手(39)がレッドソックス戦に先発し、
7回を4安打1失点の好投で10勝目を挙げたそうです。

これで、黒田投手は5年連続2ケタ勝利を達成、この成績は日本人投手としては、
初となる記録だそうです。

黒田投手は、「毎年、これで終わってもいい」というくらいに、その時その時に
全力を尽くすことを身上としているので、球団から複数年契約を打診されても
単年契約を主張した、ということを聞いたことがあります。

そういった覚悟をもって、毎シーズンを乗り越えてきたからこその5年連続2ケタ勝利かも
しれませんね。

もし、日本に帰ってプレーすることがあるなら、カープで、ということも聞いたことが
ありますが、いずれは、カープに帰ってきてプレーする時がくるのでしょうか?
もし、そんな時が来たら…と考えるのも楽しいですね。^^

カープ ロサリオ サイクル安打!!6年ぶり史上63人目!! 

September 03 [Wed], 2014, 9:38
2日に長野で行われた巨人−広島戦で、この日、1番・レフトで先発出場した
広島カープのライネル・ロサリオ選手(25)が、史上63人目となるサイクル安打を
達成したそうです。

これは、2008年9月3日巨人−広島戦で達成した小笠原選手以来、6年ぶりの快挙に
なります。偶然にも、この時も巨人−広島戦なんですねぇ。

広島カープでは、1999年の金本知憲さん以来、6人目だそうです。

カープの外国人野手と言えば、現在、打点、ホームラントップのエルドレッド選手や
去年、来日当初から活躍したキラ選手が思い浮かびますが、現在は二人とも
調子を落としており、代わりにロサリオ選手が一軍で活躍しているんですね。

最近では「カーブ女子」という言葉も浸透し、全国的にファンを増やしている
広島カープ、昨日は、残念ながら巨人に負けてしまいまったものの、
首位の巨人とは2ゲーム差、阪神も含めると上位三チームがゲーム差3.0の中におり、
混戦模様ですが、菊池選手や丸選手など日本人選手の活躍も目覚ましく、
今年こそは、1991年以来、23年ぶりの優勝も達成できるかも…。

本田圭佑、開幕戦での先制弾!! 

September 01 [Mon], 2014, 10:05
ACミランの本田圭佑選手が、31日、開幕戦で先制となるゴールを決めたそうですね。

試合は、ホームにラツィオを迎えての戦いでしたが、前半7分に本田圭佑選手が
右足での先制ゴールを決め、試合も3-1で勝利したそうです。

先制点を決めた本田選手は後半32分で交代したものの、得点以外でも積極的にボールに
絡んでいくなど、存在感を示すプレーを見せていたそうです。

ワールドカップを終えてから、若干、本田選手への風向きも変わっているように
感じたりもしますが、その風向きを再び変えるような活躍をこれからも
期待していきたいですね。

史上初、プロ初登板、投球一球で勝利!! 

August 31 [Sun], 2014, 12:33
30日に行われた楽天−ソフトバンクの試合で、楽天のドラフト6位で入団した
横山貴明投手(23)がプロ初登板し、わずか投球一球でプロ初勝利を挙げたそうです。

横山投手は、1-1の7回2死二塁の場面でマウンドへ。対戦するのは今宮選手。
横山投手は、140キロの直球をセンター前にはじき返され、勝ち越しを
許してしまったそうです。
しかし、送球間に進塁を狙った今宮選手が二塁でアウトになりチェンジ。
直後の味方の攻撃で打線が爆発し、打者13人の猛攻で一挙8点を奪って逆転し、
横山投手は、わずか一球投げただけで、勝利投手となったそうです。

プロ初登板、投球一球での勝利は史上初とのこと。
確かに、プロ初登板で、わずか一球投げただけで勝利投手になるなんて、
なかなかないでしょうしね。