子供が太り気味ならば、ダイエットよりも栄養をきちんと摂ることが大切です。

May 09 [Mon], 2016, 13:21


子供が太り気味で、
ダイエットを考えている方も多いです。

しかし、無理な食事制限によるダイエットは
食べるものが偏ったり、規則正しい食生活が
乱れたりしてしまいます。

普段から食べるのを我慢すると、
その反動で隠れ食いをするようになり、
食事の時間が乱れてしまいます。

夜中に家族全員が寝静まっている時に、
冷蔵庫を空けて食べものを片っ端から
口に入れるようになってしまうこともあり得ます。

なので、成長期の子供に無理なダイエットを
することはお勧めできるものではありません。


ただし、ダイエットもおすすめしせんが、
太り気味な状態も望ましくないです。

それは、子供の肥満は高い確率で
成人の肥満に移行してしまう
データが出ているからです。

同窓会に出席すると分かるように、
子供の頃に太っていた人は
大人になっても太っている人が
多いのではないでしょうか。

大人の肥満は生活習慣病にかかる
リスクが高くなってしまうため、
子供のうちから適正な体重を
維持していくことが大切です。


適切な体重の維持には、朝食を抜かさず、
1日3食バランスのとれた食事をすること、
適度な運動をすることが大切です。

家族そろって食事を食べる子供は、
望ましい食生活の習慣が自然に
身についていることが多いです。

逆に親のいない子供任せの「孤食」は
子供の栄養状態が偏ってしまうため、
出来る限り家族そろって食事をするほうがいいです。


ただ、昔は正しい食事と適切な運動を
心がけていれば良かったのですが、
現在はこれだけでは子供の肥満は防げません。

なぜかと言えば、昔の野菜に比べて今の野菜は
栄養が少なくなっているからです。

昔に比べて、もっと食べないと、1日に必要な栄養を
満たすことが出来なくなっています。


よく発展途上国で飢餓の問題が取り上げられたりしますが、
実は飢餓の問題は食べ物がないことが原因ではないです。

食べ物がないのではなく、
食べ物自体の栄養素が少ないことが原因なのです。

お腹を膨らませた子供を見ることがありますが、
それは、栄養が少ないものを食べているために、
たくさん食べないと必要な栄養素が取れないからです。


現在の日本でも、お腹はいっぱいにすることが出来るけれども、
栄養がほとんどない食べ物も溢れています。

栄養の代名詞であった野菜自体にも
栄養が少なくなり、食事だけでは
1日に必要な栄養素をとることが難しくなっています。


実は1日に必要な栄養素を偏ることなく摂ることができ、
その結果、自然な形で身長を伸びるので、
肥満解消にぴったりのスムージーがあります。

スムージーは野菜ジュースに似たものですが、
野菜ジュースと決定的に違うものがあります。

野菜ジュースは野菜の果肉部分のみをジュースにしたもので、
しかも加熱殺菌の処理がされているために、
子供に必要な栄養素が抜け落ちてしまいます。


しかし、スムージーは野菜の果肉部分だけでなく、
栄養素の宝庫である皮も含めて、野菜をまるごと使っています。

しかも、乾燥によって粉にしているため、
栄養素も抜け落ちていません。

その粉を、水やミルクで割れば
簡単に作れ、しかも栄養満点です。


子供に必要な栄養素がいっぱい詰まった、
スムージーの詳細は
下の画像をクリックしてください。
↓    ↓    ↓    ↓