言い訳 

January 30 [Wed], 2008, 22:59

これは好意ではない。
ただの気紛れ。





意味などありはしない。























【言い訳】











何が原因かなんて忘れたが、今日も俺の逆鱗にふれた看守を殴った。

「ぐぇっ」


奴はカエルが潰れたような呻き声を出すと地面に突っ伏して動かなくなる。

看守の仲間は唯唯怯えながらこちらの様子を伺っている。
これもいつもの事だ。


俺はもといたスペースに戻るべく足を動かした。

その際看守を踏んで
またカエルの声を出したような気がしたが気にしない。


…パキ。


また何かを踏んづけた。


看守やヒヨコとは違ったようなので
踏んづけた物を拾ってみた。



「うぉっ!!」

緑が俺の拾った物を見て反応を示す。きっと横を向けばキラキラと瞳をきらめかしている緑がいるのだろう。もしかしたら涎も垂らしているかもしれない。


俺が持っているのはチョコレート。
まだ開封されていない板チョコだった。

さっきから突っ伏している看守が落としたのだろう。



お菓子は午後の三時に看守がよこすものだけだから、俺らにとってはこんなケチなチョコレートでも貴重だ。

特に緑はここ最近角砂糖しか食べていなかったから、

こんなものでもご馳走に見えるのかもしれない。



…………。

…………………。

…めんどくさい。


そんなこと考えても、緑がこちらを物欲しそうに見て居ても、あげる気はないのだ。




俺は緑を無視して自分のベッドに乗り込んだ。


ぎしりとベッドは悲鳴をあげ埃が舞う。


チョコレートの掛け紙をはずし銀紙を破いた。








……。


割れている。


チョコレートは綺麗に真っ二つに割れていた。



そういえば、自分が踏んだのだ、と思い出したのはのびている看守を4回踏んづけた後だった。






……。












「えっ?」
「…。」


緑が目を丸くして驚いている。

…正直俺自身も驚いた。




俺はチョコを緑に突き付けていた。




「…半分やる。」

「えっ?!いいの!?」


緑は目を白黒させている。

…めんどくせぇ。


「いらねぇなら…」
「いる!!いるいるいります!!」

緑は慌ててチョコを受け取った。
それを見届けてチョコを囓る。口の中に甘さが広がる。
たまに食べるとうまいな。





「あ、あの!」

先ほどからチョコに夢中だったはずの緑が俺を見て、


「ありがとう。」

にこりと笑うと、またチョコを食べるのに夢中になった。
口の周りがチョコで汚れている。

汚いとは思うが何故か嫌な気にはならなかった。


「……。」








・・・・らしくない。









やる気などなかった。

コイツにあげても得など一つもない。


ただあげる気が湧いたのは、
たまたま二つに割れていたから。



俺の気紛れ。














この行動に意味などないのだと、甘いチョコを頬張った。


縋り付く傍ら、 

January 28 [Mon], 2008, 23:24
…ほんとうはわかっていたんだ。





 【縋り付く傍ら、】













怖かった。








世界が怖い。人が怖い。

全てが怖かった。




僕は震えてばかりだった。




幼い頃から僕には見えてはいけないモノが見えていた。


いつ頃からかなんてもう覚えていない。

僕が人の影を見ていると中央辺りが裂け三日月形に開き、その裂け目は、いきなり喋り出した。

それは、
怒り悲しみ妬み恨みつらみ…


それがその人の本音なのだと気付いたのは大分後だったのだけれど。



しかし、それに気付くまではその影が生きていてソレが自立して喋っているのだと勘違いして、影が化け物だと怖がっていた。

気が付いてからは人が怖くなった。表面をいくら取り繕っても内では醜くねじまがっている。
人が化け物のように思えた。
影を見なくても影が喋り出すようになった。





全てが怖かった。

何処に居ても安心できなかった。





もう限界だった。
そんな時だった。



「救われたいですか?」


後から声がした。


僕は学校から帰る途中だった。

『話しかけられる』ということを忘れていた僕は、また影が勝手に喋っているのだと思っていたから、そのまま歩き続けていた。


そういえば人間に話しかけられたのっていつだっけ?

二週間前の「プリント後に回して」だったっけ?


ぼんやりとそんなことを考えながら足を進めていた。


「救われたいですか?」

今度は前から聞こえてきた。

流石に足を止めた。


前方から何かの気配がした。
しかし黄昏時。
目を凝らしても何も見えなかった。



「救われたいですか?」

また問われた。






その声が耳に心地良く届いたこともあって、

もう全てに疲れていた僕は何も考えず頷いてしまっていた。


「では、これを持っていなさい。」

暗闇からスッと生えた手が何かを差し出すように僕の方に向けられた。


手のひらには真っ黒の石。勾玉というのだろうか、形がその形をしている。


僕が受け取るとスルスルと手は闇へと帰っていった。



「きっとすぐに貴方を救うから。」


そう言うと、それ以降声も気配もしなくなった。



なんだったのだろうと首を傾げる。


何かの幻?

しかし、自分の手には確かに先ほどもらった勾玉が握られている。


勾玉を握っていると何故か体が暖かい。


本当に救われるのだろうか?


こんな僕が?







気付いているんだ。






ほんとうは、

自分が一番醜くねじまがっていることを。







化け物なのは、怖いのは、

自分自身。









僕は両手で勾玉を握り
瞳を閉じ


天を仰いだ。



まるで祈るように。






暫くすると、


体が浮くような感覚を覚えた。酷く体が熱い。でもそれが心地良くて、



僕は夢をみるように意識を手放した。
手放す瞬間、烏の鳴き声のようなものが、聞こえた気がした。





***








もうすっかり暗くなってしまった夜道。
いつもなら人通りが少ないはずが今日は人だかりができていた。


交通事故。
わき見運転だったそうだ。と、野次馬が情報交換をしていた。

暫くして赤のランプとサイレンを連れてやってきた救急車。
その中に運び込まれる少年はすでにぐったりとしていてすぐに手遅れだということが誰にでも分かっただろう。

しかし、その少年の顔は痛みで歪んだり、驚きで引きつったものではなかった。

彼は、





幸せそうに微笑んでいたそうだ。
















×ゲーム 

January 25 [Fri], 2008, 22:43


変な夢を見る。




あらかじめ言っておく、



夢だから。




それは寝て見る夢であり、将来なりたいモノという意味では決してない。





何故かアイドルになっている私。





何故かうっかりCDデビューしていたり、


ついでにマネージャーとかもいっちょまえについていた。




そんな私は自分の歌がラジオ、テレビから流れるのを全力で阻止していた。

無駄に必死だった。



よくは分からないが曲が流れると世界が滅亡するらしい。

曲を流すなと事務所の社長が宣った。
流したらクビだと言うが、、、
流れたら世界滅亡なのだからクビもなにもないだろうに。。



・・・・これは何かの罰ゲームですか?

私はマネージャーに問うた。







「奇遇ですね。僕も罰ゲーム遂行中なんですよ☆」



と、笑顔で言われた。



私のマネージャー役は罰ゲームらしい。





自分、目が覚めた。
夢に悪意を感じた。







今日は珍しく部屋の掃除をした。
物が在り過ぎてたいして綺麗にならなかった。

いろもねあ 

March 23 [Fri], 2007, 21:56

お笑い最高☆これがあるから頑張れる。

サバイバー 

March 23 [Fri], 2007, 20:21

給料日前により金欠であります!!!
死ぬ気で食料捕獲であります!!!!
とりあえず3日確保!!

残るは巷の怪しい噂。 

March 22 [Thu], 2007, 14:58



巷説はやっぱいいね!!

今日はぴんジャージ+和柄でヒッキーとしけこむ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のんこ
  • アイコン画像 誕生日:1月12日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
種別:腐女子。
人生楽しくがライフテーマ。
『適当』が座右の銘。
(タモさんと一緒。)
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像たむら
» ×ゲーム (2008年01月30日)
Yapme!一覧
読者になる