世界で一番愛している女性は? 

2005年07月25日(月) 6時17分
っていう質問に、
25時間テレビでマラソンを完走した山中アナが
母親ですって答えてました
でも実際スタジオでゴールを待っててくれてたのは
奥さんのほうで、きくちゃんフォローして収まってましたが
あたしだったら、もしかしたら辛くてスタジオ出れないかもかもなぁ
なんて

やっぱりだんなにとって大切な人は
妻よりも母親なんですかね

日本人だからかなぁ
アメリカ人とか海外の人だったら(アジアは違うのかな)
奥さんっていいそうな

なんか高橋留美子の読みきりのエピソードにも
姑にいじめられいても夫を愛しているから絶えていた妻が
事故にあった夫の最後の言葉を聞いて愕然とするってのがありまして。
まぁ、夫が最後に呼んだのは母親だったというわけですが、
自分の愛していた人が最後に必要としたのは、
自分ではなくて、自分をずっと苦しめ続けていたひとだなんて
残酷ですよね

でも分かりますよ
だって自分を産んでくれた人だし
感謝の気持ちや守ってあげたい気持ちが
あるのは当然
でも、その血のつながりよりも
目に見えないからこそ強いと信じていた絆が
そんなにももろいものだったなんて
辛いな

まぁ、山中アナの場合
照れだとか入院中の母を励ましたいとか
いろいろあったからだと思いますが(いちおうフォロー)

それに、今のあたしは
確実に母親を思うしね

でも逆に
これから先に
そこまで思っている母親以上に
自分が大切と思える人が出てくる可能性があるってことは
未来に限りのないを期待できますね
それはそれで幸せなこと

継続するって 

2005年04月30日(土) 0時29分
難しいのねぇ
早くも昨日は日記を書きませんでした
まぁ、気が向いた時に書ければいいか

明日から実家に帰ります
せっかくのGWですもんなぁ
就職活動で精神的に滅入ってた最近、
家族のありがたみをひしひし感じました

父親は私が子供3人唯一の娘で末っ子なため
甘いです、ほんとに
度々かかってくる電話や
帰って来い来いという口うるささ
もちろんまたかという気持ちにもなりますが
その気持ちをありがたく思っています

母親は一緒にいれば必ずけんかをする仲
二人とも黙っていられるたちではありません
でも、なんだかんだ私を分かってくれる人
一番信頼しています

まぁここまでの両親の愛情は
今までもそれなりに感じてきました
最近うれしかったのは兄の気持ちです

上の兄たちとは年も離れ、
兄の進学後はほとんど一人っ子状態
話す機会もあまりありませんでした
でも私は兄をなんとなく尊敬してたし
好きだった
もちろんそんなこと表に出しませんし
兄は兄でぶっきらぼうで適当な人だから
私をどう思ってるかなんて
知る由もありません

ある時就職で落ち込みながら
なんとなく母にかけた電話が
途中、兄にバトンタッチされました
とことん就活がうまくいかず
自分はダメだとグチっていると
高校、大学進学の時はいつだって
相談してもまともな返事が返ってこなかったのに
兄が私のことを語りだしたのです

お前は小学校の時あんなことしたし
中学ではこんなこともした
高校でだってがんばってたし
大学もうまくやってる
あんなことできるお前なら
どんな会社にも入れるって

はじめは、
この人私のこと買いかぶりすぎだ
そんなのできる人なんて日本見渡せばざらにいる
たいしたことないのに
ばかだなぁって思ってたのに
話を聞いてるうちに
なんでこんなに私のこと知ってるんだろう
なんでこんなに信じてくれてるんだろうって
気づいたら涙が止まらなくなってました

知らないところで
家族って見守ってくれてるんだなって
再認識

ほんとに家族がもっともっと好きになりました

こんな大事な出来事を
書き留められるなんてブログ最高
読むたびに幸せな気持ちを
思い出せますね

帰るのがまた楽しみになりました

ではこの辺でおやすみなさい

カエルな理由は 

2005年04月28日(木) 4時41分
好きだからです
あ、このブログの壁紙のことね

思いついたことを忘れないうちにと思って
また書いてしまった。。。

そうだなぁ、
私がカエルが好きだという証拠を挙げましょう
古い順に
保育園から小学校にかけて
けろけろけろっぴが好きでした
文具などの持ち物はもちろん
図工の時間に作ったピンボールにも
けろっぴを描きまくっていました
得意だったらしいです。w

次は思いっきり飛んで
去年ヴィレッジバンガードで
アーノルド・ローベル作の
ふたりはいっしょという本を買いました
小学校の国語の教科書に載っていた
『おてがみ』と同じシリーズですね
癒されました

一番最近だと
昨日カエルの絵を描きました
CDを焼いてタイトルと書くついでに
ジャケットの絵をCD-Rの表に描きましたあまりにもへたくそだったので
本物の写真だけ載せます↓
一緒に焼いたマイケル・ジャクソンのCDに描いた
マイケルは激似でした
自分でも絵心があるなと感心。w
久しぶりにるんるんになって
いい気分転換になりました

ざっと挙げてみましたが
結局分かったことは
そこまで好きってわけじゃないなぁ
ってことです。w
画像探しているうちに
カエルマニアやらけろっぴふぁんやら
いろんな人をみつけたもので

でもこのブログの壁紙すきですよ

何事も初めっていうのは 

2005年04月28日(木) 4時14分
やる気満々なものです
小学校の4年生の時に始めた進研ゼミ
最初はうれしくてうれしくて
一日で何週間分もの問題を解いてました
まぁ、あれです ただシールが貼りたかったんです

というわけで、日記とは毎日一つずつ書くものですが
調子にのってそれ以上書くことへの言い訳でした

自分を知るための日記ということなので
誰かに発信するための文を書いているわけではないのですが
もしかしたら物好きな人が。。。
をちょっと期待して ブログにしているわけです
でも期待は禁物
痛い目に合ってきてますから

じゃあ、自分に自己紹介
わたしは現在就職活動中の大学4年生
です
もうすぐ5月ですが、
来年の所属先は未だ決まっておりません
これも、私がブログを始めた僅かながらの理由
就活ピークが過ぎ去ってしまっただけに
何をしていいのか分からないのです
一時期のような多忙なスケジュールが一段落し
大学のほうもほとんど授業がないため
自由な時間は多いのですが
本当に私は自由なのか??
先が見えないまま、自由を謳歌できるほど
楽観的にもなれず
悶々過ごす毎日。。。

いかん、いかん!!

とまぁ、こういう経緯なのです
自分がやらなきゃいけないこと
できることをここに書き綴れば
自分の背中を押せるかなと

ただ
ネットサーフィンしたり
テレビみたり
だらだらしたりするより
なんか自分のために時間使ってる気がするじゃないですか

病も気から
心が沈んだ時も
前向きになったような気になれば
少しは本当に前を向けるかもってね

うん
もうなんか
効果が現れてるかも???

大事よね 

2005年04月28日(木) 3時59分
自分の思ったことを、見える形に残すって

日記なんていつぶりだろう
大学2年までは書いてたかなぁ、こうやってweb上で
でも私が日記を書くときは決まって恋愛に四苦八苦しているときで
中学のときも高校のときも、そして大学でも
○○君とこんなことがあったとか、振られたとか、
今思えば、我ながらかわいらしいことを書いてたもんだ
まぁこれから書くことも、きっと後には笑い話になるんだろうね

今回また日記を書こうと思い出したのは、自分をちょっとでも変えたかったから
恋愛にきゃっきゃっしてるのは相変わらずだけど
それだけじゃなくって、自分が自分をこうしたいってことを文字にしたら
少しは自分が分かるかななんて、期待
問題や課題を可視化したら、自分を奮い立たせる役に立つかもって
思っているわけです

この誰も知らない場所で
自分自身が自分をよく知っていきたい

っとな
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:no_one_knows
読者になる
Yapme!一覧
読者になる