ついについについに! 

2005年02月21日(月) 11時30分
2005年の2月2日節分の1日前の朝、
いつものようにどうせダメだろうと思いながらも
妊娠検査薬に「小」をかけてみる。
検査薬のバーに染み込んでゆく間
パンツもあげずにじっと便座に座りつつ
小窓を息を止め凝視していた。
「!」
信じられなかった、ピンクかかった赤いラインが
確かににじんでる!
この瞬間をどんなに待ち焦がれただろう。
不妊治療をはじめてはや4年の歳月が流れてしまっていた。
私の子宮はもう腐っちゃってるんだ〜!うわ〜ん、
最近はもう親にも「そういう病気だから孫はあきらめてくれ。」と
言っておいたのに…今、自分に奇蹟が起こったのだ。
「神様〜!ありがとう、ありがとう!」
思わず和風でも洋風でもなく漠然と神様にお礼を言った。
普段これっぽっちも神様を信じてないけど
その時は誰かにお礼を言いたかった。
トイレの中から愛を叫びたかった。

その後、産婦人科に連絡をし1時間待って診察を受ける事になった。
不妊治療専門のクリニックの待ち合い室。
いつものこの長〜い待ち時間が苦にならないほど気持ちは舞い上がってる。
「陽性だったんでしょ、まだ小さいですが間違いないでしょう。」
一枚、お腹の中の写真を先生から手渡された。

そこに移ってるのはいつも見ていた黒い●でなく、
○こんな大豆みたいなマメだった。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:no_mama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる