プラセンタのアンチエイジング効果って?

September 05 [Thu], 2013, 15:36
プラセンタというのはおよそ紀元前から若返りの薬、不老不死の妙薬というようにいわれていたものです。クレオパトラにマリー・アントワネット、楊貴妃などなど歴史上の有名な美しい女性たちも愛用していたというような成分になります。

いまでこそプラセンタにはアンチエイジングの効果があるというようなことがわかっています。しかし、科学的な研究がまったく進められていなかったような時代であってもこうして愛用されていたというのは、やはり実感できるほどの効果というものがプラセンタにはあったからに他なりません。

プラセンタに含まれているミネラルやアミノ酸はアンチエイジングにとても有効だとされています。また、プラセンタによって線維芽細胞が活性化されることになり、肌のたるみやしわといったものなどが改善されていくことになります。

血行も良くなるといったこともあるので新陳代謝そのものが良くなるということですね。よって肌の生まれ変わっていくサイクルというものも整えられていくのです。こうした効果によって美しく若々しい肌に生まれ変わることができるといわれています。

さらにプラセンタには自律神経を整えたり、ホルモンバランスを整えたりといった効果もあります。ですので、精神的な安定というものに対しても有効であるといわれているのです。体力もつき、心身ともに健康になれるというのがこのプラセンタの効果であるということですね。

これだけの効果があるのですから、プラセンタを摂取することで20歳は若返るというわれているのも不思議ではありませんよね。いつまでも若々しくきれいでいたい、そんな女性の夢といったものを遙かなる昔からかなえ続けてきたというのがプラセンタなのです。

現在でも多くの有名人やモデル、アイドルといった人たちが愛用している成分になります。キレイな人というのはみなプラセンタを使っているということがあるのかもしれませんね。

現在は昔とは違ってプラセンタは手軽に手に入れることができますし、摂取するのもかんたんです。アンチエイジングをしたいと思っている人はいちどプラセンタを使ってみてはいかがでしょうか。サプリメントとしては正直に言って、値の張るものが多いですが、それだけに効果が実感できるかもしれません。

そろそろキャビテーションして痩身したいな。
http://xn--nckua8bvc5d1a8f3c4699aph2i.com/

ヨガが美肌に良いらしいけど、ミドリムシも良い

July 30 [Tue], 2013, 14:30
美肌に効果的といわれているヨガ。適度な運動でダイエット効果があるというのは納得ですが、美肌とどう関係があるのでしょうか。

ヨガをすると自律神経を正常に整えたり、血行やリンパの流れがよくなり、身体全体の代謝機能が改善します。新陳代謝がよくなると、体内に蓄積された老廃物が排出されやすくなって、便秘や冷えの症状が改善されて、美肌効果が期待できます。

また、ヨガを行う時は、意識して深呼吸をするので、酸素が体内にいきわたり、リラックスやストレス解消に役立ちます。

ヨガは、いわゆる身体全体のストレッチで、腹部を大きく動かす時に腸が刺激されて、肌荒れの原因の一つである便秘も解消してくれます。このように少し立ち止まって体の疲労を回復し、日常で疲れた体を癒すことができます。

女性の中には、仕事のストレスが発散されないと、突然顔に発疹ができてしまったり、肌荒れが生じてしまうことがあります。

このように精神的ストレスと肌荒れには密接な関連がありますが、ヨガをすることで、ストレスを解消し、お肌のトラブルも少しずつ改善していくことができます。

ストレスは、体にいろいろな形で悪影響を及ぼします。例えばストレスが溜まると自律神経が乱れてしまい、ホルモンのバランスが崩れます。ホルモンのバランスが崩れて男性ホルモンが活発に働くと、皮脂の分泌が多くなって脂症になり、お肌のトラブルにつながるのです。

ストレスを解消したくても、カラオケにいったり、友人と食事をしたりするといったことが毎日できるわけではありません。それでも、ヨガであれば自宅で毎日、短い時間でストレス解消を行うことができます。美肌で大事なのは、ストレスを溜め込まないことです。

化粧品や美容液を変えることで、美肌を得ることもできますが、ヨガを行うことでも、健康的で自然な美肌を得ることができるのです。

紫外線と皮膚がんの関連性

June 05 [Wed], 2013, 9:24
ここでは、紫外線と皮膚がんの関連性について見ていきます。

結論からいうと、紫外線と皮膚がんは深い関係性にあります。

紫外線を浴びれば浴びるほど、皮膚がんになるリスクをどんどん高めていってしまうとも考えられているようです。

一般的には、紫外線は肌に対して悪影響を及ぼすとされています。

その理由の1つに、紫外線は、肌の奥深くの遺伝子まで届くため、遺伝子に影響を与えるためということが考えられます。

遺伝子は人間の体を形成するためには必要な細胞です。

この遺伝子に、紫外線は、悪影響を与えてしまうということです。

多くの場合、紫外線によって細胞が損傷しても元の状態に戻りますが、遺伝子は突然変異することがあります。

遺伝子が突然変異をした結果、皮膚がんになるリスクを上げてしまうのではないかとされているのです。

紫外線対策をすることで皮膚がんになる確率を低くすることが可能です。

しかし、紫外線対策をしないと、紫外線は肌の奥深くにまで届いてしまって、肌がダメージを受けたり、皮膚がんになる確率を上げてしまったりすることにつながってしまいます。

皮膚がんになる確率を少しでも減らすためにできることは、正しい紫外線対策を身に付けたり、紫外線をできるだけ浴びないようにしたりするなどを実行していくのが重要になってきます。
P R
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30