Ruby eRuby Apache 

2005年11月28日(月) 23時08分
Rubyというスクリプトを使ってみたくて、Debianにインストールすることにした。
また、JSPスクリプトのような使い方ができるという、eruby + Apacheの環境も合わせて作ることにする。

まず、Apacheのインストール
 apt-get install apache2

そんでRubyのインストール
 apt-get install ruby ruby1.8 irb1.8

そんで、ApacheのRubyモジュール達をインストール
 apt-get install libapache2-mod-ruby liberuby

その次は設定ファイルの用意だ。
以下のサンプルコンフィグファイルを
/usr/share/doc/libapache2-mod-ruby/examples/httpd.conf-apache2

以下のパスにコピーする
/etc/apache2/mods-available/ に ruby.confとして。

コピーしたruby.confはコメントアウトされているので、
利用目的に合わせてコメントをはずす。

/etc/apache2/mods-enables/ にシンボリックリンクを作る。
  ln -s /etc/apache2/mods-available/ruby.conf ruby.conf

Apacheを再起動。
/etc/init.d/apache2 restart

Apatchのコンテキストルートに、
index.rhtmlというファイル作り、ブラウザからアクセス。

index.rtmlには、以下のスクリプトを書いておく。
<% print "eRuby Script" %>

ブラウザに eRuby Scriptが表示されればOK

音が鳴らない 

2005年11月11日(金) 2時18分
私はAVアンプをもっておりまして、この間DebianとAVアンプを光ラインケーブルで接続しようと、思い立ったわけです。
そして、安いサウンドカードを買いました。

買ったサウンドカードのチップはこれ
  C-Media Electronics Inc CM8738

だがーしかし、ALSAのモジュールを組み込んだりいろいろしたのだけれども、音が鳴らず、Googleで調査して、一週間たちました。

で、見つかったのは
「IEC958 OutputとIEC958 Loopの両方をオンにしていると、音がならない」という記述。
http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=8&TID=1756&p=2

書いてあるとおり、「IEC958 Loopをミュート」にしたところ、音が出るようになりました。

とはいっても、さっぱり意味はわからない。
でも、音がなるのはいいことだ^^

すげくね?Thunderbird 

2005年11月11日(金) 1時22分
電車に乗っていた若者達が、
「すげくね?すげくね? でしょ!ちょーすげくね?」
と言っていました。

すげくね?って言葉がすげくね?
流行らせたいな、、、
いや、流行ってるのかな、、若者には。

そんなわけですが、Thunderbirdてすげくね?
Thunderbirdはメールソフトなんです。
Windows版とかMac版とか、Linux版とかあるんです。

以前は、WindowsでThunderbirdを使ってたのですが、Linuxを使い始めてからはLinux版のThunderbirdを使っています。
エロメールフィルターもがしがし動いています。
だが、すげくね?ってのはここじゃない。

我がNASサーバのLANTANKに、定期的にメールのバックアップをほっぽりこんでおりました。そしてふと、「バックアップめんどくせえ、メールデータを最初っからLANTANK上に置いておけばいいじゃん」と、考え出したのです。

すげーって思ったのは、ここから。
LANTANK上にメール置いておけば、WindowsからもLinuxからも、どっちからもメールが参照できるってことっす。

自室にLinuxのThunderbirdが動いていて、リビングにWindowsが動いているのですが、WindowsにThunderbirdを入れておけば、どっちのThunderbirdからもメールの送受信ができて、過去のメールを検索できるってことになります。

マシンが複数台あって、どのマシンからもメールを操作したい場合は、ウェブメールを使ったり、IMAPというプロトコルに対応したサーバ、メーラーを使ったりするんです。
でも、ThunderbirdをWindowsとLinuxに入れて、データだけはファイルサーバ上で管理するって方法でも、同じことができるんですねぇ。
すげくね?

別にやってる事は、すげくねーんですけども、用意するのはファイルサーバーとThunderbirdだけってのが、お手軽でいい。
LinuxとWindowsで、データが共通化されてるってところが、すげー。

とは、いってもこれは、想像の話でまだ試してはいない。
WindowsからLinuxに変更したとき、データ丸ごとコピーしたら、即使えたから、その逆もできるに違いない!と思いこんでいるだけっす。
今度試してみようー。

ついに頓挫か 

2005年11月10日(木) 0時05分
私が参加しているプロジェクトは、ついに頓挫するようだ。

簡単に言えば失敗プロジェクトになりました。

でも、デスマーチではないです。

金が尽きたらしい

それで解散。

解散といっても、年内は続くらしい。

年を越さないってことですね。

正直、自分たちが何を作り上げれば仕事が終わりかわからない、つまりゴールが見えない仕事だったから、この結末は不思議じゃない。

どんぶり勘定で始めるからなんでしょうねぇ。

お客さんも、何を作りたいのか把握していないようでした。

それをふまえた上での、スパイラル開発だったんですが、うまく回りませんでした。

いい勉強になったなぁ。

ガンダムで育ったSE 

2005年10月25日(火) 0時50分
彼女からオタク扱いされることがあるので、自分はガンダムオタクなのか?について問いかけてみた。

そもそも、SEやってて、ガンダムを知らない人に出会ったことがない。
ガンダムはSEの必須知識だ。
いや、そもそもガンダムを知らない人に会ったことがないぞ。
みたことなくても存在ぐらいは知っているはずだ。
・・・あ、母親は知らんかもなぁ。

オタクさんが持ってるであろう、要素をあげてみる。

・監督の名前をさらっと言える。
  俺は一番有名な監督なら言える。

・ガンダムシリーズを全部言える。
  言えない。ターンAガンダムとか口が裂けても言えない。

・ガンダムシリーズを放映順に言える。
  最初のガンダム、Z、ダブルZまでしか言えない

・ガンダムシリーズをその歴史的背景になぞって言える。
  言える人は結構いるが、俺は言えない(マジ)

・モビルスーツとモビルアーマーの違いが言える。
  よくわかんねーっす

早く帰りたい 

2005年10月20日(木) 22時57分
夕方5時にあがって、その後飲みに行ったり、
買い物したり、家でドラマみたり

そういう生活してーなぁぁ

生活の大部分が仕事に奪われている気がする。

もっとスマートに働かないとな

昔はもっと時間あった気がする

LANTANK telnetサーバへの接続2 

2005年10月16日(日) 15時35分
LANTANKのtelnetサーバへのアクセスが異様に遅いという現象が、以下の作業により改善。

/etc/resolv.conf
のnameserverを初期設定の192.168.0.1から、192.168.1.1へ変更。(自宅の設定と初期設定のネットワークが異なっていたため。)

そして、ネットワークを再起動。

/etc/init.d/networking restart

すると、LANTANKへのアクセスができなくなりました。
しょうがないので、LANTANKを再起動したところ、telnetへのアクセスが高速になっていたってわけです。

理由ははっきりしないけど。

LAN Tankセットアップ Telnetに苦戦 

2005年10月12日(水) 1時55分
LAN Tankをセットアップだ!

もーめんどくさいったらありゃしない。
PCの箱を開けて、LAN Tankを接続。。


CD-ROMを入れて、いざ起動!
すると。。。

end_request: I/O eroor, dev 02:00(floppy),sector 0

というエラーが繰り返され、いっこうにインストールが進まない。

「あれ?初期不良? CD-ROMの初期不良?」

って、ちょっと訳わからんことを考えてみたが、エラーメッセージが意味ありげなことを言っているので、違うようだ。

そんでネットで調べたところ、CD-ROMは起動時にFloppyの所在を確認するっつーことがわかった。
上の写真のマシンには、Floppyがついていない、かつ、BIOSでFloppyを非許容にもできないようなので、このマシンでのインストールをあきらめる。
(せっかく開けたのに。。。)

そんで、もういっこの自宅マシンに接続。
こいつはフロッピーがついているマシンだ。


厚みのある本を重ねて、無理矢理作業台をつくりハードディスクを乗せるなどがんばってみた。

して、CD-ROMからのインストールは、あっさりおわる。
5分もかかってないな。

インストールが終わったので、LANTANKの組み立てにかかる!

LAN Tank 購入 

2005年10月10日(月) 18時47分
本日は休日出勤した、最近は忙しい。朝っぱら、出勤前に秋葉原に立ち寄り、TSUKUMOというお店でLANTANKを購入した。

こいつは、メディアサーバ、ファイルサーバを自作するためのKITだ。
ハードディスクは自分で取り付けなければならない、余ってるハードディスクは持ってなかったから、160GByteの物も併せて購入した。

こいつは自宅サーバとして使うつもり。
OSがdebianって事で勉強になるし、ファイルサーバが欲しかったってのもある。

サーバの基本は常時稼働だが、ホームサーバをしっかり建てると、電気代がかさんでしまう。そこでLANTANKの出番となった。

俺にとって一石四鳥ぐらいの製品。
やっぱサーバは自分で建ててみないと覚えないもんね。

しかしこの製品はインストールがめんどーだな。

インストールは技術的に難しいとかいう前に、手順が多くてめんどーだ。

なにがめんどーかというと、

自宅のPCのケースを開けて、

中のハードディスクを取り外し、

買ってきたハードディスクを取りつけて

インストールをおこない

またハードディスクを外して、もともと取り付けてたハードディスクに戻し

インストールがすんだハードディスクをLANTANKに取り付け


ってのがめんどーだ。

気合い入れてやらねば

複合プリンタを購入 

2005年10月02日(日) 23時48分

プリンタ、FAX、コピー、スキャナー、デジカメプリントの機能を併せ持った複合機を購入した。母がFAX付きのプリンターを欲しがり、FAXがついているプリンターを探して、以下の商品を購入した。

複数枚の同時コピーやFAXが使えるのが気に入った。 このプリンタ複合機は、ネットワーク接続に対応していて、我が家のLANに接続しているマシンからプリントアウトや、スキャンをコントロールすることができる。
だから、こいつはとっても使い勝手がいいマシンだ。
いつもメールを使っていて、FAXには余りなじみがなかったが、このマシンをセットアップの確認をするために、何度かFAX受信とFAX送信をテストしてみた。PCから直接FAXもできるようだ。

便利だ、とっても便利だ。こいつは薄型だし、プリンタとしても、そんなに場所をとっている感じはしない。
CDやDVDに直接印刷するダイレクト印刷機能がついていないのが、残念な点だけど、そりゃしょうがないってことにする。

Linuxマシン(Debian)からのプリントアウトはうまくいっていない。っていうか無理なんじゃないかなぁぁぁ。Windowsだとすんなり行くんだけどぉぉ

http://yaplog.jp/no-perch/index1_0.rdf
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:no-perch
読者になる
Yapme!一覧
読者になる