心機一転

November 16 [Wed], 2005, 14:08
時間がね??!
もう少し時間をくれ??!!

忙中閑有

ブログなるものを立ち上げてみました。

これからはそちらに、ちょこまか書き込みたいと思っております。
みなさま、是非、激励&アドバイスなどのコメントを
下さいませ。

http://blog.goo.ne.jp/zerry35/

ボーっとしてたら
名前が『zerry35』になってしまいました。
なので
ブログでは名前を
「ゼリー」に代えたいと思います。

キヨシローがタイマーズするときの名前です。アハ!

ではそちらでお会いできることを楽しみに!

不安だよぅ!

November 04 [Fri], 2005, 0:18
もう私の手際の悪さといったら!!
いやんなっちゃう。

だって今まで二人暮らしで、のんきにのぅのぅと生きていたんだもーん。
それが
イキナリ同居&介助生活だよ、アンタ。
すぐには慣れないのは当たり前だろー!

と、自責自慰を繰り返し、
介助生活一日目が過ぎていったのでありました・・(T∇T)

初めから完璧は目指してはいないけど、
不安だ。
これで合っているのか?
間違ったことしていないのか?

案の定、朝寝坊しちゃって、
朝食はブランチ。
昼食を挟む間がなくなっちゃったよぅ!
でも薬は飲まないと!

という訳で、セブンのかぼちゃのプリン買って来て、
食べさせて、おやつ時間の昼食。
ナハナハ(^_^;)

昨日、ちょっと引き摺っちゃった麻痺足、
健常足より腫れてる気がするんだよね。
曲がったり、立ったりはできるから
折れてはないと思うのだけど・・。
捻挫?
装具を閉めすぎたせい?
わーん!心配っ!
麻痺側の肩、こんなに細かったっけ?
骨の位置ってここでいいの?
私、トイレとかで無理な姿勢させたか?

医学の知識のない私には、
私の知らないところで怪我とかさせてたら・・という不安が付きまとう。

目の見えにくいママは
テレビ見ていてもつまらなそう。
雑誌もあまり見たくなさそう。
何をしていいのか、わからないらしい。

病院リハや、デイケアが始まれば
少しはメリハリがつくのかな。

夕方、洗濯物のタオルをテーブルで畳んでくれた。
時間かかるけど、かなり綺麗に畳めてるよ。
スゴイスゴイ!
リハビリにもなったかもね。

家のトイレにもトライ。
昨日よりはすんなり座れたよ。
慣れなのかね。
来週訪問リハビリの方が来てくださるかもしれないので、
トイレの手すり、相談してみよう。

いいことも一つ。
ウチの部屋の下の階、先日ご挨拶に行った。
何度か訪ねたけど、お会いできなかったので
手紙と菓子折りを置いてきた。
したら
今日、わざわざ家まで来てくださって
「全然音、大丈夫だから気にしないで下さい」だって。
思いがけない来訪だったので
オットとアタフタ、ペコペコ。
私達より少し年下の男性だった。
いい人でよかった?(T∇T)

明日はもう少し、段取りよくできますように・・(-人-)
ママが怪我なんか、していませんように・・(-人-)

今はまだスライムさえも倒せないレベルだな、こりゃ。

いざいざ!

November 02 [Wed], 2005, 23:01
倒れて231日です。
とうとう、退院しました。

転院は介護タクシーのストレッチャーだったのに、
退院は、オットの車の助手席に乗って。

倒れた時のことなど思い出して
もっと感無量的かな?と、漠然と想像していたこの日は、
フタを開けてみると
喜びよりも、「いよいよか!」という
これからの生活の不安と闘志と安堵感が入り混じり、
感激しているヒマなんかねーや。アハハ?!

ママは途中、サービスエリアで伯母が買ってくれた
あんこ入りのお焼きを頬張ったり、
大好物の穴子寿司を頬張ったり、
兄、姉の前で甘えて
傍若無人に調子に乗っていたが
甘えるのは、今日限りにしてもらうぜ、ベイベー!

咽たり、こっちの手順を狂わされたりして
余計手間がかかったり、大事な事を忘れちゃったりするんだから、
ママの甘えに負けないことが
私の最初の課題だな。

オットがかなり協力してくれた。
こんなにやってくれるなんて、正直期待してなかった。
うれしくて、気持ちがかなり軽くなったよ。

明日は病院から持って帰ったものの、洗濯、整理。
ケアマネのにーちゃんも来るって言ってたな。
当分バタバタ続きだなー。

絶対慣れる日が来るさぁ!!!!!!!

いよいよ!

November 02 [Wed], 2005, 0:02
明日、ママ、退院。

がんばったなー、私。
偉いぞ!私!

そして、もうこれ以上頑張れないぞ、私!!
それくらい、頑張った( ̄^ ̄)

明日は山梨の伯父と、埼玉の伯母が
来てくれるそうだ。
大名行列だな。

通りかかるたびに、
ママの無事復活をお願いしていた
ウチの近所のお稲荷さんの、おキツネ様。

<img src="http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~nono/fox.JPG">

切れ長の目で、美人でしょ?

ありがとう!
無事に明日を迎えられそうです。

明日はいい天気だそうだ。
第三ラウンドの開始には、サイコーじゃない?

この一週間、ホントにホントに忙しかった。
ママ、帰ってきたら、
「ちょっとノンビリするからね!」
宣言をしよう。

病院から無事に元気に帰宅できるように
皆様、どうか祈っていて下さいませm(__)m

ママのなにくそ! その1

October 27 [Thu], 2005, 23:35
倒れて225日

バタバタ生活。
月曜日は家の掃除、洗濯をした後、実家に行って
懸案の冷蔵庫の中を片付けてきた。
うわーん、見たくなかったよ??(T∇T)
近所のオバサンに聞くと、やたらゴミを分別せねばならないので、
気絶しそうになり、
大技『そこまで分別にうるさくない(と思う(^^ゞ)自宅に持って帰り、捨てる』
を使った。
ママっ!1991年の瓶詰めなんて、もう食えねーよっ!
とっとと始末しといてくれよ??っ!!

パソコンラックは、私のマーチ君に乗らなかったので
(あの重いのかかえて、3階の実家と車、往復しちゃったよ)
ママが帰ってきてから、小さな引っ越し便でも頼もう。
他にもいろいろあるし。
仏壇も持ってこないとならないし。

そんなこんなで
いつになく体が疲れていたのか、月曜の夜に
今までにないほど、ひどいじんましんが出た。
朝になっても全然腫れがひかなくて、
会社に電話し、昼からの出勤。
あー、もうあまり稼げないのになー。

昨日はママ病院へ。
OTの先生が、ベッドでマッサージをしてくださっている時、
隣のベッドのオバサンが
家族とベッドサイドに立つ練習をしていた。
「すごーい!立てるようになったんだねー!」
と、お見舞いの方が大騒ぎしてる。
それを聞いちゃった、ウチのママ、
私の5倍、普通の人の3倍は持っている負けん気に火が付いたね!
手の上げ下げの運動、やたら張り切っちゃってさー(^_^;)
早い、早い(笑)
「ママ、今「私なんかもっと出来るわよっ!」と思ってるでしょ?」
と私が言うと、
「当たり前よっ!ママなんかもっとスゴイわよっ!」だって(笑)。
OTの先生も大笑い。
そして更に、ホントに「もっとスゴイ」ところを見せてくれた。
ベッドからベッドの柵を掴んで、自力で起き上がったんだ!!
をを!とうとう出来たか!
OT先生が
「大分腹筋が強くなってきたね」
と言う横で
「何言ってるのよ!私は元々腹筋は強いのよっ!
 もっと腹筋使って?って言われる度に「くそ??!」って思っていたのよっ!」
だって(≧∇≦)
先生もハラ抱えて笑ってたよ。

ママのなにくそ! その2

October 27 [Thu], 2005, 23:35
先々週、ケアマネMさんが来て下さった時より
「随分進歩しちゃいましたねー!」と先生はうれしい誤算の様子。

退院当日、自宅の車で迎えに来ると言ったら、
リハビリメニューに、車への移乗方法を加えてくれた。
結構大変そうだなー。
ま、やらねば仕方ない。退院してからだって、移動は車なんだし。
ヘルメットでも被るか?

レンタル予定の車椅子のカタログも見て頂いた。
「今、随分いいのがあるんですねぇ!」と感心していたよ。
そうなの?
福祉用具も進化してるのかな。

言語の先生にも呼び止められ、
嚥下食についての注意を戴く。
あー、料理・・頭が痛い・・
ママ、退院したらほぼ一日中キッチンに立っていそうな私・・。

今日は買い物デー。
トロミ剤とか、Pトイレの消臭剤とか、
お餞別戴いた友達に、そのお礼とか、
会社へのお菓子とか、
義母の誕生日プレゼントとか、
減塩醤油とか、無添加ダシとか、
すげー荷物。
でも、ロッテ優勝記念セールやってて、ちょっぴり安かった。
ラッキー!ガムはロッテ?♪
ユニクロで、ママ好みの色のフリースとチョッキを見つけたので、
それも買っちゃった。
退院の時、着てもらおーっと。

あと一週間。来週の今頃は、もうママはウチに帰ってきている。
どんな生活になるんだろうか。
嬉しくもアリ、怖くもアリ・・。

今日届いた『通販生活』に
小山明子さんと、野坂晹子さんの
「夫を介護する」というテーマの対談が載っていた。
両方とも脳卒中で倒れられたご主人の介護をなさっている。
やっぱ、誤嚥肺炎って、可能性高いんだなー。
気をつけなきゃ。

みんな頑張ってるんだ!
みんなやってるんだ!
私にだってやれるもーん。

明日で会社おしまい。
5年間、なんだかんだで楽しかったね。

最近思うこと その1

October 24 [Mon], 2005, 0:04
倒れて221日

まったくもう、退院が決まったとたん
ちょ??忙しいがな??っ!!
でも元々私は、尻に火がつかないと動けない性格。
仕方あるめー。

いろいろ決まった。
ベッド、車椅子、Pトイレ。
車椅子は外用と家用の二つ。
ずっと「二つあればなー」と思っていたんだけど、
「贅沢なんだろな」と思ってた。
でもMさんから言ってくれて、二つレンタルできることになったよ。
ヨカタ?(T∇T)
家用は6輪駆動のかっちょいいヤツ。
キヨシローの愛用自転車と同じ、オレンジ色だぜ、ベイベー♪

いろいろ片付けた。
今まで私のパソコン部屋として使っていた和室を
ママ部屋へ明け渡すため、
ラックを一つ、押入れダンスを一つ、座椅子を一つ、
そして
長年愛用のMacを処分することに決めた。
ネットで下取りを調べたら、もう価格が付かないとのことで
お金を払って廃棄処分。
このパソコン、父さんの看病頑張ったからって
ママが買ってくれたんだ。
ネットデビューしたのも、このMac君と一緒。
沢山の友達を作ってくれた。
いろんなこと一緒にしたね。ありがとう、Mac君。
夕方取りにきてくれた業者の台車に無造作に積み上げられ、
去っていったMac君。
涙が出た。
でも、クヨクヨしないぜ、べいべー!
ママの命があるんだからさ!

今後私のパソルームは、納戸として使ってる北側の部屋。
寒??っ!

昨日の土曜日はママ病院へ。
OTの先生と一緒に、屋上を歩いたんだそうだ。
へーっ!すごいじゃん!!
お茶の時間の後、二人で屋上へ上がってみた。
「ここからあそこのベンチまで、手すりにつかまって往復したんだよ!」
わー!5メートルくらいはあるよっ!
うれしいねっ!退院に向けて価値ある前進だね!

屋上から見える山々、初めて見たときは、
夏の初めの青さが匂うくらいだったのに、
今はもう紅葉もチラホラ。緑と黄色のグラデーション。
あの頃のママは、まだ意識おかしかったけど、
最近は殆ど病気以前のママに戻ったなー。
これが一番うれしいよ。
帰りに、わさび漬けと、わさび海苔を買った。
この街に来るのも、あと何回かだもんね。

今日は休養。
明日は実家へ行って、パソコンラックとか、ママの冬服とかを持ってきて、
今まで見ないようにしていた、冷蔵庫の物を捨ててこなければ!!

新しい生活がなんとか落ち着くのは
年内かなー。

最近思うこと その2

October 24 [Mon], 2005, 0:04
ママの退院決まって、やはり皆に言われた
「これからが大変」っていう言葉。
そんなこたー、私がわかってないとでも、お思いかい?
一番不安で自信がないのは、この私なんだよっ!
言っている方には、全然悪気がないのはわかってるけれど、
(多分、私も言っていた)
そんなに不安を煽りたいかい?
煽ってどうするんだい?
「大変なのー!タスケテ!」って言われたら、助けてくれるのかい??

オットが
「じゃ、そういう時は何て言えばいいの?」と言うので、考えた。
結論。
「ま、なんとかなるって。なるようになるって!」
ケセラセラだ。

そう言うと
「ののちゃん、デカイ壁、一枚乗り越えたんだね・・」
と、感慨深げにオットに言われた。
アハハ!

今考えると、一番怖かったのは、ママがママでなくなること。
つまり、意識状態だな。
多分、コレが「心配ない」と実感できてから
随分私の気持ちが、明るく前向きに戻ったように思う。
実の親を介護する場合の大変さの中でも、
精神的な辛さは、コレが結構な割合を占めるのではなかろうか。

ママの動き、病院でトイレの介助なんかをする度に
少しずつ軽くなっているのが実感できる。
ベッドからの起き上がりも、多分もう少しで、
何度かに一度は、自力で出来るレベルまで行くんじゃないかな。
これも
「回復は年単位」と言われても、頭じゃわかっていても
実感できなきゃわからないものの一つだろー。

いろんなことを『実感』して、それを確実に私の中に積み重ねて、
一年後には、今よりビッグになってるぜ!
待ってろよ!一年後の私!
積み重なってなかったらゴメンネ?(≧∇≦)

漠然と目指しているのは
『介護』ではなく『介助』生活。
なんとかなるって!

ママ復活の日が決まる

October 18 [Tue], 2005, 22:44
倒れて216日

昨日、ママ病院にケアマネMさんがいらしてくださった。
SWのおねーさんがいろいろ考えてくださり、ママとの対面、
看護師さんとの話、PT、OTの介助実習などを見学。

Mさん、聞き取りにくいママの話を
ぜーんぶ、「ハイ、ハイ。ウン、ウン」って言いながら
とっても丁寧に聞いてくれていた。
コレだけで私の評価、ア???ップ!

福祉用具のカタログ4冊抱えて行ったのだが、
結局ベッドと車椅子はMさんがちょちょっと選んでくれた。
かなり重かったけど、ま、いっか。選んでもらえたし。

Mさんのバスの時間まで、SWさんと3人で少し話す。
今の私、介護保険のいろんな情報が溢れ、
アレもやりたい、コレもしてあげたい、コウもしなきゃ!と
グルグル。
何を一番優先させたいのか。
ママのリハビリと、オットと私の休息。

Mさんは「最初は小さく」と言っているので
うまくその辺り、考えてくれるようだ。
PT、OTの先生と直接話をして、病院リハの必要もわかってくれているし。
よろしくお願いします。

いろんな話を聞いて、今の私が一番欲しいのは
『さすらいの療法士』。
今、病院でやってるリハ、見てる限りじゃ絶対に家でも出来るもん。
アレを毎日、家に通ってやってくれる療法士さん、
いないかなぁ。
多分『訪問リハビリ』に近いのかも知れぬがね。

介護保険に初めて触れて思うのは、
やっぱコレはお年寄りのものなんだなぁ。
障害者が使おうとすると、どうしても無理があるよなー・・。

そんなこんなで
今日、退院の日が決まった。
11月2日(水)。ママが入院したのも水曜。
退院の日も水曜。よし!(何故?)
当日はオットと伯父1が来てくれる。

いざ、あと二週間!と思うと、
尻に火がついて、すること満載!!
グワ??ッ!半年間、何をしていたんだ、私!!

今日、会社を辞める日を決めた。今月一杯。
有休も交渉して、今月既に休んだ分も含め、4日とらせてもらった。
よしとすべー。

退院決まったの、親戚に知らせたんだけど・・
「え?もう?」と言われるのが案外多い。
コレも辛いなー。
私自身も「もう少しリハすれば・・」という思いがないわけではない。
でも
ママの「帰りたい!」という思いを一番に考えて決めたんだもん。
そんな中、ママのねーちゃんだけが
「そうタッポが言うなら、それが一番いい」
と言ってくれた。嬉しかった。

昨日のママと、今日の私のお話 その1

October 13 [Thu], 2005, 22:09
倒れて211日

ダルイ。むしょ??にダルイ。
ダルイ頭に朝から井上陽水の
「カナ?ディア?ン♪アコ?ディヨ?ン♪」がクルクル回り
ダルさに拍車をかける。
朝の連ドラの主題歌、陽水ってどうよ?

あまりダルくて眠くて仕方ないので、
会社、昼ごはん食べずに9時?13時で仕事して、早退。
もともと微かに繋がっていたヤル気の糸、切れちゃったよ?ん。

実家に寄る。
たまには仏さん、拝まねば(-人-)
あー、仏壇も移動しないとなー。
途中で買ったサンドイッチ食べて、座椅子で爆睡。

帰宅したら、ケアマネのMさんから電話があった。
ベッドとか、車椅子を選ぶのと、
主治医を決めるの、煽られちゃった(^^ゞ
それから
彼は、来週の月曜日に、はるばるママ病院に行ってくれることになった!
昨日、病院でSWさんから聞かされていたんだけど、
へぇ?っ!
「熱心なケアマネさんに当ったと思いますよ」
と言われた。
いや、SWのお姉さん、アンタが相当辣腕なのかも(≧∇≦)
OTの先生とも話をしたら
「今、近所でもケアマネさんが来てくれるのは珍しいですよ。
 みなさん、1人で何人も見てるので、忙しいみたいで」
と言う。

ウチのMさん、ホントに熱心なのか、それともヒマなだけか?!

でも、あんなに遠くまで有難いこと。
一日仕事になっちゃうだろうし。
ちょっと見直したぞ、Mさん!

電話でお礼を言ったら
「ノンビリ行きますよ?、アハハ?!」
といつもの調子だった(笑)

昨日、OTの先生にイイコト言われたよ。

「正直、ここまでよくなるとは、予想外でした。
 最初はどうなることかと思ったのですが。
 まだまだ訓練すれば伸びます。まだ止まってないです。
 退院後もちゃんとリハ、受けたほうがいいと思います」
だって!
確かに
一月くらい前と同じ訓練でも、
前は座っているのが精一杯、組んだ手を前後に動かしているうちに、
姿勢が崩れてしまう?という感じだったのが、
今は、キチンと座りつつ、手を前後に動かしつつというのが
できるようになった。
二つの課題(座る、上半身を動かす)が一度に出来るようになった。
丼に入れた大きめのビーズの様なものも、スプーンで掬って
隣のお皿に移せる。
ママより先生が「こーんな小さなものも動かせるようになったんですよっ」
と興奮気味。
さすが我がハハ、恐るべし!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:zerry
読者になる
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる