成年の主張。〜補足☆

December 28 [Wed], 2011, 13:53
もう未成年じゃないから成年の主張最近、計画性とか具体的に何をやりたいかが、はっきりしてきた。
やりたいことはてんこ盛りよ後は時間と費用TTたぶん、夢を見けたんだと思うのです。
具体的に、この社会の中での関わり方、表現の仕方を模索して目下、発展中なのです。
目標を見けた、とは聞こえはいい。
夢があるって株式会社ウェディングキューピット、いいわねなんて言われる。
夢か。
ちょっと待った。
ずいぶん前、未成年の頃。
あまり夢を持たない子だった。
今もさしてかわらん。
興味や好奇心はあるから、何やらあちこちへと動いてきた。
失敗もあれば、そこそこな満足もあった。
さらに私はちょい頑固で、興味ないと動かない。
好奇心は素晴らしい。
私を、その時の自分以上にしてくれる。
夢は、語らなかった。
幼稚園時代は、なんか適当に子供が言いそうな夢を言っていた。
冷めたガキだな。
小学生半ば、夢というより、なりたいものを見けた。
誰もまともに読めなかったおとなくらいじゃない高学年になり、また変わった。
メジャーどころになったっけ。
中学になり、また変わり、高校に入り、夢の実現なりたいものへの評価が厳しくなった。
もとより、勉強をたくさんしなきゃなれない夢ばかりを言った。
医者とか、学者とか。
だんだんとじゃ、勉強しなきゃね。
と夢が重荷に感じるようになって、当面の建て前ばかり並べてここまで来ちゃったある頃から、生きることに興味を持ち、自然が好きで、寂しがり屋の嬉しがりな性格で学校も仕事も選んだわけです。
どんな関わり方ができる私にと問いかけて来たのかも。
ある時期、夢を持ことは当たり前のように扱われ、ないやは、まらない人、何を目指しているのかわからない人になる。
ある時期、夢は、理想になり、持ことが偉いこと、すごいことになる。
夢がない奴は、まらない。
夢がある奴は、うらやましい。
ばかばかしい所詮、外の評価に過ぎないことと今さら気づく。
確かに、夢はあればあったで素晴らしい力になるが、ないことはいけないことなんかじゃない。
夢だけが希望じゃない。
ただ、夢を見て、何かしらの行動をすることを、うらやましがることばかりしなくていい。
笑うこともない。
夢を見ていても、行動しないことを、責めるのもまた、しなくていい。
笑わなくていい。
夢がなくて、現状維持に務めるのもまた然り。
全部、勇気なんだ。
補足と、書き連ねてみてわかった。
どんなに自分の経験を話したって、まりはさ、夢や、願い、望み、目標は生きる活力になるんだ、ってわかった。
私事なんだけど、新しいこと始めるから期待と、少しの不安があった。
目先の手段達成にばかり目がゆけば、苦しくなる。
今は、そうじゃない。
夢は、過去現在未来を繋いでいく。
うん、悪くない。
いい面ばかりではないから、い、その面を見落としていた。
見ている夢の根元は、私の中にある。
もう大丈夫。
誰でも、それを、見失わなければ、夢は叶うんだと思う。
たとえば、望み描いた夢のカタチではなくとも、ね。
見失う時は、休めばいい。
ははは今の気分、秋の木漏れ日をたくさん浴びてる気分サンダルウッドとネロリの香りが、私に微笑み掛けてくれているようだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nnw0o2seee
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nnw0o2seee/index1_0.rdf