今週の月はまるかったんだ。 

February 29 [Fri], 2008, 19:19
ちょっと涼しくなってきた夜の道。

上を見れば月がまるくなっていた。


太陽の光をおもいきり反射して、

そしてやさしくみんなを照らす。

立ち止まり。

頭をあげられるだけあげ。

月を見た。

ボーっと。

見えたのは、

月に住むうさぎ、かに、それと人。

あぁ団子食べる日だったのに。

そうだった。

今週は少し奮発しても良かったんだ。

そうだった。

今週の月はまるかったんだ。

カン・ドンウォン…10/15の記事その1(3本) 

February 12 [Tue], 2008, 15:00
10/14にUPされた記事をまとめてみました。
ドンちゃんの画像はこの前の記事にまとめてあります^^


画像はこちらです♪
カン・ドンウォン"神秘主義? コンセプトでない生まれつきの性格"

チョン・ミョンファ記者some@joynews24.com



スターカン・ドンウォンはのどの渇きを呼びおこす。 彼を望む多い大衆の注目と歓呼にもカン・ドンウォンは姿をよく表わさない。 そのためであろうか今年釜山(プサン)国際映画祭で引き立って見えるイシューは断然カン・ドンウォンだった。



国内外われこそはと思うスターらが釜山(プサン)へ向かったが,カン・ドンウォンが行く所にはいつも人波で大変な混雑になった。 ここにカン・ドンウォンの新しい映画'M'(監督イ・ミョンセ)の'分けて,プレゼンテーション'行事は取材陣があふれ出て,公式日程が麻痺する珍現象が広がることもした。



大衆の視線とカメラのレンズを引っ張って引くスターカン・ドンウォンはそれでいつものどの渇きを呼びおこしながら,魅惑の対象になる。 映画'M'の封切りを控えてカン・ドンウォンは神秘主義に対する質問をたくさん受けている。 秋日差しがはっきり感じられた週末,外出人波で込み合う三清洞(サムチョンドン)のあるカフェでカン・ドンウォンに会った。



映画のストーリーラインが曖昧なうえに製作進行過程が言論に公開されなかったせいでカン・ドンウォンの神秘主義コンセプトに対する誤解はさらに硬くなっている。



"この頃神秘主義に対する話をたくさん聞くのに,それはコンセプトでない持って生まれたチェ・チョンソンです。 人々の前に出ることが恐ろしくて大変だからです。 公式的な席では完全に凍りついてしまいます。"



持って生まれた生まれつきの性格が内省的だと大部分は一人でいる時間を楽しむと。 柔順なイメージとは違ってある部分では攻撃的性格も突発的に現れて,自身を治める時間が必要なことも姿をよく表わさない理由だ。 彼は俳優は神秘でなければならないという話に一見同意しながらも完全な共感を表わしはしない。




"俳優の神秘主義,ふさわしい言葉だと考えます。 だが私の場合には俳優なのでわざわざそうするのではなく個人好みです。 性格のために外部露出がないということです。 行事やパーティーこういうものも嫌いでそうするうちに親密なよしみ関係もそれほど広くありませんよ。 VIP試写会も呼んでくれるところが事実あまりありません(笑い). ウォンビン,共有,チョン・ジュン,チョ・ハンソンこういう少数の友人らと親密なよしみを持って共に似合います。"



賞受ける席が負担になって,レッドカーペットを歩いていく時間が非常に長いことが考えられるという彼は"授賞式が嫌いでそれで賞欲もあまりありません。 授賞式に参加したのも手で数えるほど"という。



寝つく前あらゆる考えと空想を楽しんで,発行されるマンガ本は大部分みな読みながら,自身が4次元と3次元の中間警戒(境界)ぐらいに立っていると話すB型男カン・ドンウォン. 来る25日封切る映画'M'がスターカン・ドンウォンに対する大衆の渇きをある程度解消させてくれるようする。




カン・ドンウォン"ポン・ジュノ・崔ドンフン監督と霊化してみたくて"

2007-10-15 09:00:46[マイデイリー=チァンソユン記者]
秀麗な容貌を持ったモデル出身演技者で映画'刑事''そいつ声' '私たちの幸せな時間'などを経ながら'俳優'に新たに出たカン・ドンウォン(26)が新作'M(監督イ・ミョンセ,製作プロダクションM)'に戻った。



今回は突然現れた初恋の歓迎にさまようベストセラー小説家ある民友役を担って,多少夢幻的な雰囲気をお目見えする。



12日ソウル,三清洞(サムチョンドン)のあるカフェで会った彼は"カメラの前で軽く遊んでみたかった。 それでわざわざ大使やシナリオもたくさん見なくて大使も覚える水準でした。"と撮影裏話を伝えた。



毎作品ごとに変化を与えて,実験精神が引き立って見えるイ・ミョンセ監督との作業が良くて,今回の作品を選んだという彼は"何かをいつも新しく試みて実験してみるのがおもしろい"と話した。



"一人でどんな事を新しくさせたりアイディアを出すものなどが好きだ。 だが私の考えはこちらも,あちらでもない'警戒(境界)'にあると考えて'間'に留まるのが好きだ"高度(孤島)付け加える。



そのような意図で選んだ映画'M'で初めて会った女優のコン・ヒョジンとイ・ヨンヒはそれぞれ違った長所を持っていたと。 "ヒョジン氏は見ても気楽に見えたのにやはり一緒に延期(演技)する時も人を本当に気楽にして上げたよ。 ヨンヒ氏は引き受けた延期(煙,演技)を本当に'徹底するようにする'という感じを受けた"ということ.



自らは人々から'怪物のようだ'という(のは)評価を聞きたいという。 "色々な姿を持っていて,怪物のような習う,凄じいという話を聞くことができたら良いだろう"と耳打ちする。



一方,これから一緒に作業してみたい監督らがあるかを尋ねるや少し考えると"ポン・ジュノ,崔ドンフン,パク・チャヌク監督様など多いがその方らはとても高いがおられて,話を正しくして見たことがない"として恥ずかしい表情をつくる。



引き続き"崔ドンフン監督様とは一度お目にかかってごあいさつしたことがある。 ところで私が性格上監督様に先に'書いて下さい'と訪ねて行くことができない(笑い)"と付け加える彼から俳優として一段階さらにのぼりたい情熱が伺えた。





昌原(チャンウォン)出身カン・ドンウォン,"ソウルの方言が外国語のようだった"

2007-10-15 09:00:33[マイデイリー=チァンソユン記者]
"20年の間書いてきた言語が慶尚道(キョンサンド)話なのにそれを一瞬に変えようとすればどれくらいぎこちなかったです。 ソウルの方言が初めには外国語習うようだったんですよ(笑い)"



来る25日封切る映画'M(監督イ・ミョンセ,製作プロダクションM)'で観客らと会う俳優カン・ドンウォン(26)は今回の作品撮影過程で'ソウルの方言を駆使しなければならないこと'が最も大変だったと伝えた。



今年のはじめ誘拐犯声を引き受けた映画'そいつ声'で何回聞かせたことがあるが本格的に'完ぺきなソウル言い方'を使わなければならなかった今回の'M'の小説家ある民友駅は彼にいて,また他の挑戦だったこと.



実際に慶南(キョンナム),昌原(チャンウォン)出身のカン・ドンウォンは自らも"なまりを全く使わないことが今回の映画の中内課題であった"と打ち明けることもした。



しかし彼は難しくても常に何かを新しく試みて実験精神を発揮することが楽しい。



一貫した叙事構造に従わないで夢と現実,現在と過去の警戒(境界)がイメージ中心に進行される限り男の初恋にからまったラブストーリー'M'を後続作で選んだ理由もまさにそのような独特さと実験精神に引かれたためだ。




"'M'はイ・ミョンセ監督様の前作の'刑事'撮影中すでに提案受けたプロジェクトです。 当時監督様が三作品シナリオを見せましたが'M'だけ抜いて二つは大丈夫と考えました。(笑い). ところで'M'をとることになったので本当におもしろいです"



作品に対する100%確信が入ってはいないことにも映画'M'に出演することにした理由を尋ねよう"イ・ミョンセ監督様と作業するのがひとまずおもしろいです。 一緒に作品をし終えればその甘さを忘れないです。 監督様は常に五万種類アイディアと考えを隠し持たれるという点で私と似ています"と伝える。



そのように始めた映画'M'作業は以前延期(煙,演技)とは違った振幅を要求した。



"感情演技は節制しないで極大化させた部分がいくつかのあります。 例えば映画の中日本料理店信義場合感情と行為を極大化させて延期(煙,演技)を誇張されるようにするべきではないだろうか欄意見を表明したりもしましたよ。 だがすべての延期(煙,演技)は緻密な計算下に成り立ちました。 ストーリー構造が多少曖昧に感じられる映画と'私が完全に理解しなければならないだろう'という気がしましたよ"



最近釜山(プサン)国際映画祭で映画完成本を報告書は撮影の時感じられなかった部分を新しく発見したと。



"事実撮影する時も'このようにしてもおもしろいだろうか'という(のは)気がする時があったのに完成本を見て,監督様意図をその時初めて知ることになりました。 すごいという考えになったんですって。 観客が多く入らなくてもそれで後悔はないです"



演技者デビュー5年目,今まさに六回目映画を終わらせながら,じわじわフィルモグラフィーを積み上げている俳優カン・ドンウォンが聞かせた新しい作品'M'に対する率直な心だ。

2007/8/11 

February 01 [Fri], 2008, 13:59
久々の更新やな〜。

アメリカの不動産のローンが焦げ付いた?やら、飛び火した?やらで・・、

おいらの投資した投資信託が暴落しております・・。

しばらくは分配金減るやろうな・・。それにしてもおいらが投資してしばらくすると、

価格が暴落します(笑)

ちょっと前は中国の株価の暴落の影響で、基準価額が下がったりで・・。

おいらが投資した後は買い時かもしれませんよ〜〜。

<ハープ>を弾くのは皆<美女> 

January 19 [Sat], 2008, 0:51
みなとみらいの「昼どきクラシック」に行ってきた。神奈川フィルのコンサートマスターも務めた尾花輝代允(おばなきよみつ)の司会。楽しい。だいぶ板についてきた。
「このステージは低いし、階段で客席に降りられる。親しみが持てますね。演奏者と一体。一番前が特等席かも知れませんね」…。賛成。火山は今日もカブリツキだ。

ヴィニアフスキーの「モスクワの思い出」のヴァイオリン・ソロから始まった。超絶技巧で一気に弾きまくる。ラフマニノフの「ロマンス」「ハンガリー舞曲」と続く。
<特等席>へサービスということで、ここでハープの登場。ハープを弾く女性は全部<美女>に見えてしまう。フルートとの合奏に身を乗り出した。ロッシーニの「アンダンテと変奏」…何でもいいや。ハープなら…。

アンコールはピアソラの「リベルタンゴ」。ハープ、フルート、チェロ、ヴァイオリン、ピアノの五重奏。なかなか素敵。終わりかと思ったら、全員で滝廉太郎の「花」を歌おうという。一人ずつ弾き手を紹介、「花」のメロディを、繰り返し楽器を代えて聴かせてくれた。
火山も思いっきり歌ってきた。

最後が良かった。聴衆が退場する間、最後の一人がホールから消えるまで、ステージでは5人の弾き手が演奏を続けるという―――。延々と「花」の合奏が続く。凄い。

そういえば前回は「シェルブールの雨傘」で送ってくれた。コンサートも競争が厳しい。
尾花輝代允、神フィルだけでなく、京都市響、読売響、札幌響とコンサートマスターを歴任したが、今はフリー。食うためにいろいろ工夫している(?)…。でも偉い。

ランドマークの吹き抜けホールで、ピアノ生演奏を聴いた。ピアノを弾く女性も<美女>に見える(?)。もっとも今日はシラフ。酔ってないと、そうは行かない。
でも30分足らず、しっかり聴いてきた。もっとも、聴いたことのある曲とは思うが、曲名が浮かばない。分ったのは「シェルブールの雨傘」ぐらい。火山も老いた。

木梶林道 

January 10 [Thu], 2008, 6:15
木梶林道で出合った人達との会話

一人の青年らしき男性と「どこまで行くのですか?」「これから木梶川に入ります」「気をつけて行って下さいね」「はい」

材木切り出しの仕事をしている小父さん「すみません、通してくださいね」「気をつけてな」「ありがとう」

「あの上から切り出した材木やね」

登山口で一緒になった親子と大きな犬「気梶山に登るの」3年生の子供「ハイ」「別の所から登るけど、上で又遇いましょう」「ハイ」「可愛い子供やね」「無口なパパやな」馬駆場で出会いました「気をつけてね」「良く山に登るの」「ハイ」「山がすきやねんな」

下山後材木置き場で遇った男女「どこえ行ってきたの」「赤ゾレから、木梶山です」「もう帰るのですか」「今から沢にはいります」「うそ〜もう1時過ぎてるのに」「夕方まで遊んできます」「水冷たくないですか」「冷たく無いですよ(笑)楽しいですよ」「気をつけて」青年らしき男性に又出会う「どこ行くの」「もう少し遊んできます」「へ〜」3人の笑顔がとても無邪気で可愛かった、子供のような輝きだった。

那須へLet’Go!! 

December 29 [Sat], 2007, 12:25
本日はお休みだったので、那須へ紅葉を見に行ってきました。

ロープウエィあたりはキレイだったけど、那須はけっこうハゲていてあまりだったかな。

でも、大丸あたりはとてもキレイで良かった♪


お昼は、お気に入りの『瑞穂蔵』今日は【田舎すいとん膳】食べてみました。

お米の加減といい、副菜の塩加減といいとってもヘルシーで美味しい!

今日は昼時に行ったので、超混んでました。

それから、つつじ吊橋へ行って揺れる中渡って山を眺めてきました。

天気が良かったので、殺生石→温泉神社を散策していつもの『SHOZO』へ♪

珍しく混んでなかったなぁ

美味しいカフェオレとケーキを食べて、素敵なお兄さんに見とれながら那須を満喫。



でも、やっぱり那須の紅葉より塩原がキレイかな。

欲を言うと、日光が1番キレイかな。

来週のお休みには八溝山あたり繰り出してみようかな。。。





帰りにガソリンが点滅しちゃったから、いつものスタンドへ行ったら


『レギュラー品切れであと2時間待つんです』

ってそんなのアリなの??

ってか初めて聞いた。びっくりした。

仕方がないから違うところで給油して万事休す。



帰りに、いつもの赤ワインを買って帰ってきました。

あっという間のお休みでした。

意味の無い喧嘩 

December 14 [Fri], 2007, 14:07
またやっちゃった

意味ない喧嘩

あなたはいつも誰かと比べてる

嫁を見るたび思う いつもこの人と比べられてるって


余計なことを言ってしまった・・・・

最悪だ

でも彼は 愛してるよって

でもあたしは 自分がどんどん嫌いになる

ヤッパリ婚外は やめた方がいいのかなぁ・・・・

自分を嫌うのは 相手を嫌うことより 辛い・・・

男とは?? 

December 07 [Fri], 2007, 8:58
そういえば、随分前だけど、米太家に集まった時、



こんな質問が飛び交いました。
















'''あなたにとって、男とはなんだ?'''




















麦太ママは、こう答えました。



'''「う〜ん・・教科書かな。」'''





教科書って、教えてくれる上に、



使っていくうちに色々と後から書き加えて



いきますよね。授業とか、試験勉強の時とかに。





そして、その教科書が使い終わる頃には、ぐちゃ



ぐちゃになってて、もう自分にしかわからないもの



になってたりしません?






麦太ママにとって、恋愛相手(男)ってそんな感じです。



言ってしまえば、書き加えることがない、またはすぐに終わ



っちゃうって言うのは過去の人ってことですw






パパと出会った時だって、何にも書き足されていない



まっさらな新しい教科書。



それには、今までのパパの生きてきた歴史が書いて



あって、まだそこに麦太ママは書き加えられていない。






でも、ママと出会った事が書き足され、「あ〜だった」



「こ〜だった」と色々書き加えて変わって、互いの考えや



歴史が一つになっていく。






その結果、今、パパとママは夫婦になり、麦太という



愛息子を授かりました。






先日、結婚2周年を迎えましたが、夫婦としてはまだまだ



青い麦太パパ&ママです。






これからどんなことが書き足されて、厚みを増していくのか



そして、終わりはどうなるのか?あるのか?ないのか?



書き足すこと(変化・成長)を止めない限り、続いていくのです。










皆さんにとって、「男」とはなんですか?

11月4日 (晴) 

December 03 [Mon], 2007, 12:38
美容院に行って参りました。


以前は月に一度のペースで通っておりましたが、

最近は身の回りを気遣う心の余裕がなくなっておりましたので、2ヶ月ぶりでございます。

担当の美容師さんとは10年来のお付き合いですので、

わたくしの髪質やクセ、好みのスタイルなどもよくご存知でございます。

大まかに希望を伝えて、あとはお任せしているだけで、素敵なスタイルに仕上げて下さいます。

予約制なので、他のお客様にタオルを巻いた姿をお見せしなくても良いのも魅力です。



わたくしも女性のはしくれ、少しずつ少しずつ、キレイに近づいていくと、心の潤いも出て参ります。

重かった髪を梳いてもらって、悩みを忘れることができました。

根元が黒く伸びてきていた髪をカラーリングしてもらって、失いかけていた自信を取り戻しました。

丁寧にブローしてもらって、暗かった視界に光が射して参りました。

念入りにセットしてもらって、新しい一歩を踏み出す勇気が湧いて参りました。


女性にとって美容院は魔法の館でございます。

美容師さんの魔法の手で、わたくしは生き返りました。

そして、たいそう晴れやかな気持ちで、お店をあとにしたのでございました。

第8回ベスパ ブランチ 

November 28 [Wed], 2007, 9:15
明日、茨城県牛久市で、第8回ベスパ ブランチが開催されます。

開催日   2007年10月7日(日)※雨天の場合翌週に順延
開催時間  11時より開催(16時終了予定)
会場    シャトーカミヤ(茨城県牛久市中央3丁目20−1)
参加費   3500円(ベスパクラブ会員3000円)
      ※BBQ&記念品付



行きたいな〜
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nnrybu682
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年10月17日)
アイコン画像猫男爵
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年10月13日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年10月09日)
アイコン画像コンプ
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年10月04日)
アイコン画像RAOSU
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年10月03日)
アイコン画像りぃこ
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年10月02日)
アイコン画像よしと
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» 今週の月はまるかったんだ。 (2008年09月23日)
Yapme!一覧
読者になる