新車に買い換えるときは古い車を下

May 03 [Tue], 2016, 2:31
新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。最近はネットで複数の買取業者に査定依頼できるので、1社による下取りではなく競合見積りにすれば、高値も期待できるのではないでしょうか。下取りにせよ買取にせよ、手間と利益の兼ね合いですが、車種、中古車としての状態などによっても買取業者のほうが利益が出る場合があります。

私は下取り価格が不満だったので、買取業者にも値段をつけてもらいました。その結果、「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。

業者の方が高いなんて。



2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。現金を持ってディーラーに行き、ディーラーから車を購入しました。下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。

査定依頼してから支払いまでわずか5日です。





このスピード感がいいですね。





改造を施した車は、買取においてあまり評価されません。そこそこ大手の買取店でしたら、車にメーカーオプションやディーラーオプションが装備されていると高く評価されます。







需要があるのはサンルーフや純正ナビ、革シートなどで、これらは査定額にプラスに影響しますが、一方で、車高調整していたり、純正以外のアルミホイールやエアロを付けていると期待ほどの価値は認められません。買取に出す車がスポーツカーであれば、専門店の方が良いと断言できます。



車を手放す際の方法としては、ディーラー下取りというやり方があります。

でも、ディーラー下取りは、中古の車を買い取る業者にお願いするよりも金額が安くなってしまうことが多いのです。







また、オークションを通じて売ってみるという方法もいいとは思うのですが、、手数料などで損をする可能性が低くないというデメリットもあるのです。





中古車を売る際に車の査定を高くする方法があります。まず、車を売ろうと考えたら、なるべく早めに買取査定を受けることです。車は新しいほど高く売れます。







そして、車査定を受ける前に車をキレイに洗っておくことです。



車の外だけでなく、車の中も念入りに掃除して、においをなくしておくのも重要な秘訣なのです。車の査定、買取の流れは大まかに言うと以下の通りとなります。

最初に申し込みの手続きを行います。電話してからの申し込みや直接ご来店頂き依頼をする方法、インターネットを使って申し込みを完了させる方法もあります。



申し込み終了後、査定です。



買取、査定の担当者が車の状態などから買い取り金額を提示し、提示された金額が納得のいくものなら成約しましょう。そのようにカーセンサーの車買取は行われます。