豚の胎盤を原料に使ったプラセンタについて

August 04 [Mon], 2014, 13:10
アンチエイジングや美容に活用されているプラセンタが原料にしているのが、馬や豚の胎盤です。かつてはヒトの胎盤や牛の胎盤を原料にしていました。今は馬や豚が一般的に利用されているのは、ヒトはエイズの感染問題が、牛は狂牛病問題が発生したからだといいます。豚のプラセンタの原料になるのが、豚の胎盤であれば何でも良いというものでもないそうです。SPF豚という特別な豚を、プラセンタの原料に利用する豚には使用します。SPF豚は、SPF豚農場認定委員会が認定した農場で生産された豚のことです。衛生基準、飼育基準によって厳重に管理された衛生的な環境の中で育てられています。普通は1カ所に大量の豚を集合させて飼育するといいます。伝染病が広がるリスクが高く、病気を予防するために抗生物質やワクチンなどの薬剤もたくさん使われています。環境にプラセンタ用のSPF豚は配慮して飼育されるため、たとえ抗生物質を使用しなくても、病気にかからない清潔な豚だといえるでしょう。農場へは部外者は入ることができませんし、SPF豚専用の飼料が使われています。徹底した基準が作られており、専用の作業着を着てシャワーを浴びてから作業をするなどのきまりがあります。結果、安心してプラセンタの原料に使える豚の胎盤を得ることができるのです。


詳しい話
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nnq4hs-ik
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nnq4hs-ik/index1_0.rdf