これから

December 23 [Wed], 2015, 22:20
お金が入ってくる予定はあるのだけど、「いま足りない」というときに、超短期型のキャッシングなら利用価値が高いと思います。なかには30日間無利息を謳うものもありますが、それより前に返してしまうのですから金利が何パーセントであろうと、総返済額に対して響いてこないはずです。







ただ、ある程度まとまった金額なら分割で返すほうが現実的でラクですから、金利が低いところを探したほうが良いでしょう。急いで借りたいときでも金利は総返済額に響くのですからあらかじめ確認しておきたいものです。楽天スーパーローンをご存知ですか?こちらだと多少は審査が甘い傾向にあるようです。

はじめに楽天銀行に口座を開設すれば、他社より高い貸付金から始めることが出来てしまうんです。







自由になるお金が少ない主婦の方や、低収入の方も、まずは口座を作ることをお勧めします。



気になる金利の割合も、他のカードローン会社と変わりないです。



さらに、貸付金額が30万円以内であれば、返済はリボ払いで5000円からとなっており、返済に悩むことは少ないと思います。

今や、カードローンでも即日融資が可能です。



例えばネットで申し込みをしたとしますよね。するといくらか時間が経てば指定した振込先に、お金が振り込まれているのです。





という事は、カード発行を後に行うわけですが、現物のカードを手にした後でも利用をネットに限っても良い場合が多いため、実際のところはほとんどカードレスローンと言っても良いくらいですね。

買い物依存というのでしょうか、クレジットカードでブランド品を買いあさるようなことを続け、引き落とし前日になって引き落とし不能を回避する方法を考えあぐねて、消費者金融のキャッシングでお金を借りてしまうという更なる負債の連鎖に足を踏み入れ、買い物分の完済もできていないのにキャッシングのお金の返済まで加わり、生活が成り立たなくなってしまったのです。





そのまま勤め続けていてもお金の問題は解決しないので一旦会社を辞め、退職金で返すしかないと覚悟を決めたのですが、心配した両親が手を差し伸べてくれ、退職せずに済みました。最終的には、利息なども合わせて5百万円にもなっており、両親には本当に申し訳なく思いますが、大切な老後の貯えの一部を都合してもらい、いくら親子とはいえ感謝してもし切れませんが、けじめとして、借用書を渡し、返済計画もその都度伝えながら、生き方を改めることで返済をしながらでも堅実な生活を送ることが出来るようになりました。親というのはありがたいものですね。



キャッシングの利用を初めて申し込む場合には希望の額を書いて申請しなければなりません。



いくら借りるかは悩みの種ですが、最初の時点からそんなに高い金額を書いてしまったら審査に通らない場合があるでしょう。一回目の申込では、なるべく希望の金額は控えめにしておいて、そのお金を返済して実績を作ってから高めの金額を再度申請するのが賢い方法でしょう。







キャッシングの申込みはどんどん簡単になり、今ではネットやスマホさえあれば済んでしまうというのが常識化しています。





いまから借りる人は知らないと思いますが、昔はネットで申し込んでも、勤務先への在籍確認に時間がかかったり、収入証明が必要だったりで、ユーザーメリットが少なかったんです。

いまはよっぽど高額を借り入れるのでなければネットだけで「申込」から「融資実行」までできてしまいます。わざわざ窓口に出向く必要もなく借り入れできるのですから、まさに多忙な社会人向きでありがたいと思います。キャッシング関連の規制で総量規制が一番ポピュラーかと思います。





年収の3分の1のキャッシングしかできないという内容の規制になります。これは消費者金融の規制になりますので、銀行はこの法律の管轄外で、適用されることはありません。すでに他社で債務がある場合はこれまでの借金額も全て含めたものが判定額になるのです。キャッシング審査にかかる時間を最短にしたい場合、運転免許証やパスポートを持って自動契約機を利用して申し込んでみましょう。



それが一番簡単で、審査結果も短時間で出てくるので、急な出費に応じられます。金額にかかわらず、借り入れのときは信用状況の調査、勤務先への在籍確認による審査が必ず行われるので、期限までにきちんと返済すること、収入が安定していることなど会社側の基準に合わせて、条件を満たすことが必要になります。キャッシングしなければ「審査」って無縁ですよね。



緊張するのもわかりますが、実は思っているより簡単に、すぐに完了し、即、振り込みになります。



キャッシングはもともと上限も限られていて、よっぽどタイミングが悪くない限り、40?50分で済むのは普通ですし、銀行ATMですぐに現金を取り出すこともできます。

それくらいは今ではほぼ常識です。収入証明不要の会社も増えましたし、スマホアプリだけで申し込み完結してしまうので、忙しくても簡単に利用できる点がありがたいです。お金を借りるのは面倒だなと思っていても、大人になると意外と借金とは縁があるものです。不動産や自動車などの購入で銀行融資を受けることや、カードを使ったショッピングの分割払いも借金と言えるでしょう。



便利なものですが、うまく使わないと金利負担が増えて苦労します。



分割回数が多いとそれだけ利息総額が大きくなるので、余裕があれば早めに返済したいものです。もし長期ローンを組んでいるのなら、銀行の利率と比べてみてください。ローンの金利のほうが高いはずです。



預貯金をする余裕があれば、ローン返済にあてるほうが経済的だというのは、そういうことです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:太一
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nnnpschtlaapga/index1_0.rdf