グッチ バッグの各部パーツの美しさを保つ秘訣

June 20 [Mon], 2011, 17:25
レザーなどは使い込むシャネル 財布と味が出るものですが、金属パーツなどはちょっとくすんでいるだけでみすぼらしくなってしまいます。逆に言えば、金属パーツをピカピカに磨いているだけでバッグの見た目は全然変わってきます。
チェーンや留め金など、よく手に触れる場所は、メガネ拭きなどでこまめに拭いておきましょう。チェーンは面倒でも1つ1つ丁寧に磨くと輝きが全く変わります。シャネル バッグ メガネ拭きで落ちない汚れ等は金属クリーナーを少量付けて拭いてみてください。

ファスナーもお手入れをしていないと開きにくくなったりして、無理に開け閉めをしているとファスナー脇の縫い目等が破れてしまうことがあります。
最近のファスナーはプラスティックのものですがシャネル 公式 、オールドグッチと呼ばれる往年のバッグには真鍮のファスナーがよく使われていました。このファスナーはお手入れを怠るとサビが出て、開け閉めが不自由になるのはもちろんのことですがバッグ本体の革や布にまでサビが染み込んでしまいます。
金属パーツの清掃と同じ要領で、コーチ バッグ 金属クリーナーをごく少量つけて磨きましょう。
その後、ファスナーを閉じた状態の上からロウソクを丁寧に塗りつけ何度か開閉し、あまったロウをブラシで落としてください。最初はスライダーが動きにくくても、何度か開閉を繰り返していくうちにスムーズに開け閉めできるようになります。
この方法は真鍮製のファスナーだけでなくコーチ 財布 、プラスティック製のファスナーでも利用できます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やまだたろう
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nnnineew12/index1_0.rdf