藍華が本多

February 18 [Thu], 2016, 15:43
探偵を依頼することでなにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで集めようと思っても、相手に気づかれてしまう可能性が高いです。なぜでしょう。答えは簡単で、相手があなたの顔を知っているからです。
日頃、相手の生活している様子をよく見ておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。それに、探偵に頼んだ場合には、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。
実際の浮気調査では、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。しかし、まだ浮気が確定でない場合には、本当に浮気なのかを調査員が1人で大体の場合は行います。浮気が確実なものとなったなら、再度計画を立てて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。
どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均では一週間以内です。確認しておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあると思っていてください。逆に、浮気する可能性の高い日が調査の前に分かっていれば、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。
浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。それはカッとなってしまう場合があるのです。どんな人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が過去にも多いのです。貴方自身のためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。
浮気調査でなにより大事なのは、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。浮気の痕跡が確かでない場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、怪しまれぬよう監視を続け、パートナーと不実を働いている相手を確定させるのです。
配偶者が不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数など総合的に判断して裁判所に委ねることとなります。
不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は低くなるのです。また、不倫の相手が不倫を認めない時には証拠が必要とされます。第三者からみても明白な不倫の証拠を用意しなくてはいけません。
法律の中では、婚姻関係にある人が自分から夫婦ではない異性と男女の関係になることを浮気といいます。すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていない場合には、普通のデートをしたとしても、不倫ではないのです。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。
不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談することをオススメします。離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談するべきです。それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂されたくない場合には、絶対にやってはいけません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ren
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nnc3ryws7eanot/index1_0.rdf