腎臓の働きである老廃ものなどを

May 07 [Wed], 2014, 6:33
高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)だと、こんな病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)になる場合もあるみたいです。

1.脳梗塞(喫煙や肥満、成人病などが発生リスクを高めるといわれています)
2.心不全(地井武男さんや山口美江さんが亡くなったことでも知られています)
3.腎不全

高血圧とは、血液が流れる時、動脈に加わる圧力が非常に高くなる事を言います。

その為、動脈が傷つき、硬くなって、動脈硬化(アテローム性粥状動脈硬化や細動脈硬化、中膜硬化といった種類があります)になる可能性が高まるでしょう。

動脈硬化(血糖値、血中脂質、血圧などを測ることで、動脈硬化かどうかがわかるでしょう)になってしまうと、コレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)が血管に溜まり、アテロームができてしまいますね。

すると、1の脳梗塞(時には命を失ったり、麻痺や言語障害などの深刻な後遺症が残ることもあります)になりやすくなってしまいます。

次に、2の心不全(急性心不全の場合、呼吸困難から死に至ることもあるでしょう)そうはいっても、高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)になったのであれね、心筋を肥大させてしまう事があります。

高血圧が改善しない場合には、肥大した心筋に、更に負担を掛けます。

そうすると、心不全(心臓の収縮力が低下してしまって、血液の循環量が不足することをいいます)になってしまう恐れがありますね。

お終いに、3の腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)だからと言って、高血圧(生活習慣病の一つだといわれています)は腎臓の血管に負担を掛けてるため、腎臓の血管が動脈硬化(動脈が肥大して硬化してしまうことをいいます)を起こす可能性もあるといえます。

そうなってしまうと、腎臓の働きである老廃ものなどを排出する事が出来なくなってしまうでしょう。

これが腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)です。

この他にも、高血圧(ずっと一定なものではなく、一日のうちでも変動しています)になってしまったら、いろいろな恐ろしい病になることもあるかもしれません。

最悪の場合、死に至ることもありますから、高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)には気を付けなければなりません。

トマトス

香辛料(シナモンやウコン、ショウガ

May 06 [Tue], 2014, 6:50
運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)や気温の高さで汗をかいた時に、すっぱい酸味を帯びた臭いを感じたり、汗臭いなと思うことも多いと思います。

でも、腋臭はそれとは全く畭なった臭いとなるんです。

腋臭に近い臭いとして挙げられているのが、鉛筆の臭いやごぼうの臭いなどです。

中には、香辛料(シナモンやウコン、ショウガなど、漢方薬でも使われるものもあります)の名前を挙げる人も多くみられ、それだけ強い臭いを発しています。

自分で気づく人も多いですが、自分が腋臭であるということを知らず、臭いにも違和感を感じていないと言う人も多いはずです。

ごぼうや鉛筆の強い臭いがご自身の脇から出ていると思うと不潔感や不快感を覚えますが、治そうと思ったとしても簡単に完治させることができるものではありません。

正常な汗と比較して、汗をかく量が多かったり、洋服の脇の部分に黄色い汗シミができている場合、腋臭である疑いが強くなるのではないでしょうか。

もしも心当たりのある人は、早いうちから医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の診断を受けれね腋臭なのかどうかを知ることが出来ます。

腋臭の臭いを好む人はごく少数派ですから、周りの人のためにもきちんとケアして臭いを抑えてたいになるんです。

腰痛症の改善のためには

April 27 [Sun], 2014, 6:56
腰痛症には、鍼灸(様々な流派があり、どの方法が合うかは個人差があるでしょう)が効果的です。

レントゲン(X線撮影、レントゲン撮影ともいいますね)などを撮っても原因が分からない腰痛は、その大半が腰周辺に存在している筋肉の過度な緊張からきているものとなるのです。

そのために、腰痛症の改善のためには、まず腰周りの筋肉の緊張を軽減する必要があるのですが、その時に急激な刺激を与えてしまうと、反対に腰痛症を悪化させてしまう危険性があるのです。

また、ぎっくり腰っぽい状態であれば、腰を動かすのさえ苦痛だといえるでしょう。

鍼灸(中国発祥の医療技術ですが、日本独自の発展をみせているそうです)が腰痛症に効果的だといわれている理由は、この痛みを発症している箇所に対して、細い鍼により静かに微妙な刺激を与えることが可能になるからです。

これによって、痛みを悪化させる心配もなくて、筋肉の緊張を軽減させる事が出来るでしょう。

それと一緒に、鍼灸(体のツボに鍼を打ったり、お灸をしたりすることで症状を改善します)にはリンパの流れを滞りなくさせる効果もあります。

リンパの流れが良くなれば、血液の循環も同時に良くなり、痛みの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)でもある炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を早急に解消するという事が出来るようになるので、腰痛症の改善にも効くということでしょう。

疲労や精神的なストレス(完全になくすというのはなかなか

March 27 [Thu], 2014, 18:43
偏頭痛とは、通常の頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)と異なり、左右いずれかに痛みを感じる頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)の事を指すのです。

痛みの種類(それぞれに違いがあるものです)も幾つかあり、頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)が脈を打っているようなドクンドクンといった痛みがある他、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)をかなづちで殴られているようなキンキンとした痛みを伴う可能性もあるでしょう。

また、偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)が慢性的に起こるようになると、偏頭痛(時には嘔吐などの症状を伴うこともあるでしょう)から吐き気やめまいを感じることが出てくる他、鎮痛剤(アスピリン、イブプロフェン、ロキソプロフェン、アセトアミノフェン、ジクロフェナクなどが代表的な成分です)では症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が改善しなくなってしまうこともあります。

さらに、偏頭痛が起こる割合の男女差にも違いがあり、男性よりも女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)のほうが偏頭痛(片頭痛とも表記します)が起こりがちなとも言われていますね。

疲労や精神的なストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)が要因で偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)が起こってしまう人もいますし、睡眠不足により脳に必要な酸素が充分に送られず、偏頭痛を起こしてしまったりする人もいらっしゃるようです。

偏頭痛が起こる原因は人によってそれぞれに違いますよねが、精神面でも体調面でも、どっちが原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)でも偏頭痛(時には嘔吐などの症状を伴うこともあるでしょう)は起こります。

体調を万全に整えておくことが最重要であり、偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)が起こった時にはムリヤリ動いたりせず、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が解消するまで横になって休むようにしてください。

うるおい宣言

多汗症の原因(これを追求しないと

March 23 [Sun], 2014, 6:11
多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)の要因としては、大きく分けると7つに分けることができます。

・身体異常
・疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)
・ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)や緊張
・ ホルモンバランス(乱れることでニキビや肌荒れなどの皮膚トラブルや生理不順、子宮筋腫、不妊症などが起こるといわれています)の乱れ
・食生活(洋食よりも和食の方が健康にいいといわれていますね)
・遺伝
・肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)

多汗症の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)で一番多いのが、身体異常によるものです。

生まれつき(生まれた時からという意味ですね)汗が出る「汗腺」に異常がある場合、大量の汗をかいてしまったりしてます。

また、何かしらの病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)によって、多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)を引きおこしていることもありますね。

その場合には、限られた部位にだけ汗をかくのではなく、全身から大量の汗をかくことが多いでしょう。

そして、強度のストレスや緊張と言った精神的原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)で、多汗症(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)になる場合もあります。

これはストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)などによって、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)の働きが乱れるために起こると思って下さい。

更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害などにより、ホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)が乱れることで、多汗症になったりもします。

それから、味覚が過たびに敏感な人に多く見られるのが、味覚性多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)という病気なんです。

熱い物や辛い物を食べた時に異常なほど汗が出る人は、味覚性多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)の疑いがあることでしょう。

それに、性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) や体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)の遺伝によって多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)になる人や、肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)が原因で多汗症(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)になる人もいることでしょう。