「ロゲイン5」の調査結果まとめ。KARINの抜け毛の悩みリサーチ結果

August 10 [Wed], 2016, 10:59
本日、ご紹介するのは、副作用の少ないと言われる医薬部外品の育毛剤の比較です。やはりCHAP UP、BUBKA、IQOSなどが 医薬部外品の育毛剤では人気が高いと言えます。リアップという名前をご存知かもしれませんが、実はこれは第一類医薬品で薬剤師さんに指導を仰ぐ必要のある製品です。そして、今回はイクオス・チャップアップ・ブブカの三つの医薬外品の育毛剤の中に含まれる成分を分析していきたいと思います。商品の名前また会社こそは違いますが約部外品指定の有効成分には共通のものが含まれています。ではそれぞれ解説していきましょう。まずはグリチルリチン酸ジカリウムです。これは炎症抑える作用のある成分でありニキビケアなどの商品でも含まれています。その抗炎症効果が頭皮環境の正常化にも貢献してくれます。次に、抗ヒスタミン剤と呼ばれる、塩酸ジフェンヒドラミン。これは、かゆみや炎症を抑え、さらに血行を促進させるために含まれています。最後に、センプリエキスです。このエキスにはアマロスウェリン・アマロゲンチンといった成分が含まれています。効果といたしましては、毛乳頭細胞を活性化させることにより、育毛作用を促進できるとされています。以上、まとめましたように、医薬部外品として人気の高い育毛剤3品について比較してみましたところ、有効成分は全ての商品に入っていました。有効成分以外に配合されている成分については、その個々の商品の特徴ともいえますので、インターネットなどで、過去に使った事のある方のコメントを参考にして自分に合った育毛剤を探してくださいね。医薬部外品の育毛剤は副作用が少ないことがメリットといえるでしょう。育毛剤には女性禁忌のものもありますので、抜け毛や薄毛が気になりだしたら「医薬部外品」に注目して探してみてください。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:楓
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nn4uterocyc9ea/index1_0.rdf