茶谷で武井

January 23 [Mon], 2017, 20:59
妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段の食生活以外に、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。



もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時はサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大切なポイントだと言えますね。近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。



葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素のひとつであると知られています。とはいえ、つわりや体調によっては、食事での摂取が辛い時もありますよね。

そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで理想的な量の葉酸を摂取できますし、栄養的にも問題ありません。

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。それは吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。



ですが、それでかえって過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。



そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、注意するようにしましょう。一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。

そうした時におススメなのは、葉酸サプリの活用です。
サプリであれば、一日の摂取量が誰でも管理できるので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから最適な方法だと言えますね。

妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。
胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、サプリメント等で葉酸を摂取し、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。厚生労働省の推奨では1日あたり0.4mgとなっています。


さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというととても大変ですから、サプリを活用してみるのが良いと思います。


葉酸の摂取について、最も理想的なのは普段の食生活で摂れたら良いですよね。

葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。

他にも枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。
このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは困難な方も多いと思います。


普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリを飲むことも間違いではありません。サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、食事では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できますから、おススメです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すみれ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる