式の前日

November 19 [Tue], 2013, 7:11

急に冷え込むようになりましたね…冷え性には辛い時期です(´`)

さて、ずっと気になっていて手が出せずにいた漫画、「式の前日」をやっと読むことが出来ました…っ!
書店で見掛けては買おう、買おうと思うんですけどやっぱり次買えばいいかなんて後回しにしちゃうんですよね (だからいざと言うときほしい本がないんだよ)


↓「式の前日」感想です
・主観的な感想文
・思いっきりネタバレしてます


この漫画全体に言える事なんですけれど、作品の一つ一つが出来の良い短編小説みたいなんです 数ページの中に描かれている物語が濃厚で、いらないコマはないんじゃないかって位、全てが物語に花を添えている様に感じました きっと描写がとても丁寧で繊細だからなんでしょうね

私が個人的に気になったのは「10月の箱庭」です まんまと騙されましたがいやな騙され方ではなく、やっぱりと納得してしまうような騙され方でした (他の作品にも言える事ですが)
カラスは強い孤独を感じていても、どこか優しく
小説家の先生は卑屈で世間を斜めに見ていても心の奥底には折れずに持ち直すだけの強さが眠っていたり、誰かしら必ず良い方向に向かう為の力が備わっているんだと思いました

動物が主観のお話、私は大好きです(*´∀`)

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:栞原
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nmt0212/index1_0.rdf