ダウリアハタリスとあっこ

April 21 [Thu], 2016, 18:37
気になる介護士資格の難易度ですが、どのくらいのレベルになるのでしょうか。


試験の合格率ですが、毎年90%前後のようです。実際の試験の内容も、専門学校や大学の講義を理解していれば十分に合格できるものですので、特別に介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。
日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、介護士として役に立ちたいと思案している介護士の方もいるでしょう。
実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る介護士が必要になっています。当たり前の事ですが、海外では患者との円滑なコミュニケーションのために英語が必要になります。本気で介護士として海外で働くことを夢見るのならば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。介護士という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでローンを組むことを考えている際、大体の場合、スムーズに審査を通ります。例外として、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない介護士については必ずしもそうであるとは言えません。簡単にローンを組めるのは非常勤でなく、正職員として働いているような介護士の場合には当てはまることなのですが、非常勤で勤務している人の場合、介護士であってもローンが難しいことがあります。初めて介護士の就職先を探してみても上手くいかないという人は、年齢が原因になっている可能性があります。

求人サイトなどには表面上年齢について書いていない場合も、事情によっては介護施設側が独自に何歳以下だけを採用すると設定しているケースがあるのです。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。

仕事を続けながら、妊娠を継続させている介護士は大勢いますが、気を付けてほしいことは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、介護施設内で働く限り、危険はいろいろありますので、注意するに越したことはありません。


もう一つ、薬のことも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。
一方で、介護士の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。
ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。


介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子持ちの介護士からすると不安材料となります。未就学児であれば、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、介護施設に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。


ですので、やむを得ずパートで勤務を続けるという介護士の方も少なからずいます。

介護士の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないなどと、言われることは多いですが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。

俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、そうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。日常的にそんな環境に接していると少々げんなりすることもあるかもしれませんが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと納得しておくと良いかもしれません。


職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが介護士です。



ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。



あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、得意なことを最も活かすことができるポジションにつくことができるでしょう。

仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。
介護士としての働き方はいろいろあります。
正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。
どのくらいの額かといいますと日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが世間の相場みたいですね。



パートの仕事の割にはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、あまり良い時給ではないのかもしれません。

介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。
その時、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり介護士は続けたい、というもので、転職することを決めたのでした。



そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。



けれども、もういい大人なのだから、何か起こった時は自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとつくづく実感したものでした。

将来、介護士として働くための教育を受けられる機関として主に看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。
カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。


その一方で、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、町医者から総合介護施設まで、それぞれに違いがあります。

あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。



給料は勤めている会社によって違うものですが、その点は介護士にも同じことが言えます。

地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり給料も変わってくるでしょう。こういった事を考えても、一般的な介護士の平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。

実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。



トップに位置するのは、各介護施設の方針によっても異なりますが、普通は看護部長や総介護士長がトップにあたります。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、その介護施設での勤務を長くするなど、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。
もちろん、階級が上がればその分、年収や待遇は良くなるでしょう。かつての介護士はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。
でも、今では一般的に「介護士」という名称が使われているように男性が働くことも多くなってきました。


現場で求められる介護士の能力を考えた場合、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。
女性の持つ優しさだけではなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、介護士に求められる要素だといえるでしょう。

介護士の勤務先は、介護施設だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも介護士の活躍が期待されています。こういったグループホームに入所している方は、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、特別な配慮が必要となってきます。特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームへ勤務することもいいのではないでしょうか。

友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、大病を患ってしまってしばらく介護士を辞めていました。

でも、病気を治したらすぐに現場に戻り、介護施設で介護士としての仕事を続けているのです。

多少、仕事をしていない期間があっても、資格を取得しておけば早々に復帰できますね。

再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。

希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、多くの場合は面接という形になるでしょう。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。しかし、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも注視されていることを、知っておきましょう。
人間的な良さをわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。

夜勤シフトもあって、介護士の勤務時間は一定しません。



当然、休みはきちんともらえますけれど、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が大勢いる、というのが現実です。


例えば出産して、小さな子供を抱える身になったら安心して託児ができる施設などがなければ夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。
けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えてまた介護士となって復職を果たすという、そういった人がじりじりと増えていっているようです。

医師も介護士も主に病気の人と接する仕事ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。端的に言えば、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、健康を維持するためのアドバイスをしたり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。対する介護士の仕事は、医師に指示されたときに、医師が行う診療の補助を行い、患者さんの介護的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。


介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。



きっかけが結婚や出産だったり単に私事からの転職もよくあるものの、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。


そうでなければ志望した介護施設に、断られてしまうこともあり得ます。

今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった積極性を感じられる理由を挙げたいところです。



介護士がかぶる帽子というのは、晴れて介護士になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。
料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。



そうはいっても、近頃では徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。



過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。

収入の話になりますが、介護士という職業は、他と比べると、女性の仕事としては、けっこう良い給料をもらうことができます。



介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。

夜勤を通常より多く入れている人ですとか仕事の虫で、残業も苦にならない人の給料をみると、そうでない人たちより高めになります。
様々な病気を患い心細い患者にとっては優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。


覚える必要のあるいくつもの作業や繰り返しのチェックなど相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。


ですから、介護士によっては鬱を発症するケースも少なくないそうです。

性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。総合介護施設から介護施設まで介護士は様々な場所で求人がありますが、介護士が働く現場として実は、保育園があります。


実際に保育園で働くとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は最適な職場でしょう。介護施設とは違って、保育園での介護士の仕事は介護士として子どもたちの健康をケアしながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという働きがいのある仕事です。オン、オフの期間を調整できて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを選べたりもする、等々が派遣という形で働く介護士にとっての、大きな利点ではないでしょうか。
仕事は、単発のものや短期のもの、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、もしも介護士の仕事を探している最中なら派遣で働いてみることも一応考えてみながら仕事を探すと、選択肢がとても増えます。


病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、この何年か特に介護的な処置を必要とする人々が増えてます。


ですから当然、介護機関で働く介護士ももっと多くの人手が必要とされているのですが、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。
ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、それによって求人も多くなりますから、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の利点を挙げることができます。もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合のプラス面とマイナス面について説明しましょう。手術を受ける前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、介護士としての技術が学べることです。
マイナス面としては、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長期間じっくりと患者の看護を実践するのが難しいことです。殆どの介護施設において、介護士が十分に足りていないことは大きな問題です。


原因は様々ですが、その一つとして介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。

最近、医師が行っていた一部の介護行為を介護士が担当できるようになったことで仕事量が増加し勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。

勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に職を辞する人も多いのです。
離職率が高い職業として介護士が有名ですが、やはり、転職率も高いことが挙げられます。ですから、転職サイトによっては介護士のみに対象を絞ったものが多種多様に存在しています。専用の転職サイトなら、さらに効率よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、十分な時間を取れない現役の介護士に最適です。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを併用して、より良い転職先を見付けましょう。

長く介護士として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは休日や出勤日が不規則な事だと思います。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるという事が悩みのタネになっているようです。または、昨今の介護士不足の影響から労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。きちんとした休みを望むのであれば、日勤のみで働ける介護施設であればそれが可能ですので、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯介
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nmrroncgaoiint/index1_0.rdf