年明け。 

2017年01月23日(月) 20時16分
年明けから波乱。

このところ一緒によく出かけていた子と付き合うことに。

流れはこうだ。

10月に「資格試験合格したし一緒に合格祝いするべ!」と呑みに誘って一緒に呑む

その場で都内に呑みに行く約束を取り付ける

都内で一緒に呑む

また二人で呑む機会

彼氏がいることがわかる

_| ̄|○

しかし、映画に行くことになる

まぁ遊び仲間的なのもいいよねー(諦め感)

年末前におもむろに「初めての失恋をしました」とか言われる

「話聞くよ!」とか言う口実にまた酒飲みに行く

次の日一緒に小倉パフェを食べに行く

店が開いてなかったのでその日は別の用事でブラブラして年明け改めて行くことに

年明けて小倉パフェリベンジ

その流れで次週に何故かあしかがフラワーパークのイルミネーションに行くことに

こりゃその日に言わないとなぁ・・・と決心

当日、フラワーパークで言うつもりがいい風景のところいつも通り一緒にアホみたいに笑ってて言えず

帰りに予約しといた小山の飲み屋でゆっくりしつつも言えず

駅路で言ったらあっさりオッケー

え!?別れたばかりでしょ?いいの?恋人になってほしいってことだよ?

答えはイエス。


よくよく聞いてみると割と最初の方から気になってくれていたみたいで
かなり既定路線だった模様。

わたしが彼女に相手がいるとわかって凹んでいるところ
わたしに相手がいないのがわかってテンション上がってたとかマジでネタにしかならない。
凹んでたわたしの気持ち返して(;´∀`)

そんなこんなでわたしはしあわせです。

ここまでわたしを気に入ってくれて
自分も自然にいられる相手はもういないと思う。

特に自分が好きになったから相手に好きになってもらえたのではなくって
本当に自分を見てもらえたんだって思えて
これ以上もこれ以下もない相手に出会えたと強く思った。

絶対守り抜きたい。

今年を象徴する出来事。 

2016年12月19日(月) 0時37分
金曜日。自社の忘年会帰り。

自転車を取りに会社に向かう途中、徒歩でフェンスから出ていた植木に激突。
ぼーっと歩いていたのか、スマホ操作中だったのが悪かったのか。
左目側にめり込んだ形になったのでマズいと思い
左目が見えるか確認すると普通に見えているので一安心。
が、左目付近から何やら滴り落ちるものが・・・
手で拭ってみると血がベッタリとこびり付いた。

どうやら左目を縦断する形で瞼を裂傷したらしい。
帰宅後鏡で確認すると血が涙のように頬を伝っており
SIRENの死人みたいになってた。
・・・なにしてんだろ?バカじゃねーの。

正直、忘年会中も激しくイジり倒してくる失礼な後輩や
無意味に食べさせてくる総務の人にイライラしていたところで
こういう精神状態だといつも何かしらハプニングが起こる。
#しかも決まって悪いこと。

今年の漢字を一つ挙げろと言われたら
間違いなく「裏」を挙げるだろう。

自分の思った方にはことが進まず、
思わぬ方にばかりことが進み、
どうしてこうなってしまうのだろうと思う一年だった。
期待してしまうことがいけないのか、
もっとよくありたいとおもうことがいけないのか、
求めてしまうことがいけないのか。

単に自分の不注意で怪我しただけだが
こんなことが頭をよぎっていた。
相当精神状態が良くないことは確かだった。

しかも、その後腹を下し体調も悪化。
踏んだり蹴ったりだなと。
その上翌日は元々用事があったのにドタキャン。。。
ここまで重なると色々勘ぐってしまうのも許してほしいくらいだ。

そんな折、偶然友人をつかまえることができた。
友人と言うにはおこがましく、いつも世話になっている人なのだが。。。

ちょうど別の友人からお歳暮をもらったらしく
お返しを買いにいくところだとか。
折角なので同行させてもらった。
一緒に選んだのだが、お歳暮の送り主の好みが分かるので少々助言を挟んだ。

そういえば、夏頃鎌倉に行ったのだが
その時もちょうど彼が居合わせて
同じ相手にお中元を送る相談をされてやはり助言をしていた。
あの時も自暴自棄になって一人でふらっと行こうと決めていたときのことだったように思う。

「あの時も偶然だったけど今回もすごくいいタイミングで居てくれてホントに助かったよ」

自分にとって辛い出来事のあとだったけど
こうして自分の存在を認めてくれる人がいる。
自分が助けになれる人がいる。

むしろ、感謝すべきはわたしの方で、
わたしが辛いときにいつも偶然いてくれてありがとうと思う。

今年象徴した出来事として最も相応しいものを頂きました。

本当に本当にありがとう。

ふう。 

2016年06月11日(土) 20時13分
焦っちゃダメね。

何事も焦ったらろくな事ないってバイトやってた時に社員さんに教えてもらったのを思い出した。

ビーマニお母ちゃんあんがと。

ウィークリーがんばろ。

数奇なる運命。 

2016年06月05日(日) 21時13分
某友人の結婚式に参列してきた。

15年来の友人の結婚に、別の友人の嫁さんご懐妊に、
今回同席していた方々との不思議な縁に嬉しくなり、
改めてこうした運命に感謝する一日だった。

自分自身の幸せに中々行き着かないとあせることが多いけど
それでもこの数奇な巡り合いを得られたことを幸運に思う。

一人じゃないっていつも教えてくれた人たち。
音ゲーだけじゃなくてもつるんでくれた最初の人たち。

これからも大切にしていきたい。

自分に自信をなくすとき 

2016年05月31日(火) 22時35分
自分に自信をなくすときはいつも決まってる。

自分が大好きだと思う相手を前にした時。


相手にとって自分がどうあるのか計れない。
当たり前なのにね。

前向きに進みたいのに後ろ向きにしか向けない自分がいる。
普段前向きを装っているのになんだろーね。
バカみたい。。。


自分が人を好きになる時って
何かしらその人に魅力があって、
それを認めているときなんだと思う。

だから、そういう点でその人を尊敬していて
「そんな人に対して自分を誇れるのだろうか?」
とか、
「この人はこういう点で自分をよく思っていないんじゃないだろーか」
とか考えてしまう。


相手の行動に一喜一憂してしまう。
アホかと。。。



変えたい自分。さらけ出したい自分。
でも変えられない自分、さらけ出せない自分。

この人になら理解してもらえるって思っているのに
気持ちが1mmも近くなれる気がしない。


どうしてこんなに近くにいられるのに!
どうしてこんなに話す機会もあるのに!


ただ、怖い。

10年。 

2016年03月14日(月) 0時13分
社会人になってから10年が経とうとしている。

色々あったなあ。

上京(住んでたのは千葉だけど)。
片思い。
交際と同棲。
別れ。
転職と帰省。
両皆伝と左手の不調。
東京勤務。

大きいところで言うとこんなもんか。
そのどこの段階でも戻りたいとか思ったりもするけど、
前々から思ってる通り、どれが欠けても今の自分を形作らないんだよなぁって思う。

そもそも、上京って選択肢じゃなかったら
最初の人となんとか続けてて苦しんでいたかもしれない。

あの時両思いになってたり、前カノさんと別れなかったら栃木には戻ってなかったかもしれない。
そして、某人の死を通じ友人たちへの想いが芽生えなかったかもしれない。
そしたら転職もしなかったし、今の会社の人たちや今の現場の皆さんと会う機会もなかったなーって思う。

もちろん、両皆伝目指さなかったら
左手が不調にならなかったかもしれないけど
その努力まで否定する気がして悲しくなる。

全部今の自分に必要なことだったんだって思う。

だからわたしが出来ることは、いま共にいてくれる人たちが
関わっていてくれてよかったって思ってもらえるようにすること。

自分が行動してきたことが間違ってないって思えるように。

後輩たち。 

2016年01月23日(土) 12時37分
戻ってきた現場での話。

わたしと共に同じ現場で働いていた後輩が二人いた。
彼らはわたしが抜けてからも2年の間同じ職場で働き続け、
絶大な信頼を得てくれていて、その結果出向組が8人まで増えた。

二人の後輩のうち片方は一緒にこのプロジェクトに入ったメンバーだったけど、
もう一人はわたしが抜ける年の1月から入ってきたため、
実質1年も見られなかったし、別チームだったから
本当に力になれなかったなぁと思っていた。
そんな後輩との話。

現場に戻った時、同じチームに所属することになって話す機会が増えた。

└(´Д`)┐「あんまし長い期間一緒にやれなかったしチーム違ったから
先輩らしいことできずに抜けた感があるかよ?」
後輩「いやいや、そんなことないですよ。
その分密度が濃かったんだと思いますよ」

何か、この会社にいてよかったって素直に思った。
こんなにも思える後輩たちがいて、先輩たちには助けられ。

だからこそ、後から入った新人たちを外に出すことになるという話がどうしても受け入れ難い。
ここまでゆっくりではあるが確実に育ってきていた子たち。
そして、その意志もついてきた。

わたしは結局彼らには何もできない。
会社の意向に沿わせざるを得ない。。。

自分が都内で働いていけなかった代償を払わせるようで心が重い。
実際にはそんなの関係なく、彼らは飛ばされただろうとしても。

だから、少しでも楽になればいいなって思う。
そのためには努力を惜しまないつもり。
自分の近くにいた子たちだから。
同じ思いは絶対にさせたくない!!!

がんばろ。

いつもの新年会にて。 

2016年01月23日(土) 10時09分
ありがたいことにもう15年にもなろうとしている某友人たち。
そんな友人たちと先日新年会をやってきた。
おかげでようやく年を越した感。

ふと話していて。
このメンツが色々刺激になったという話をしてた時

「ラプさんの『仕事するために生きるって嫌だし!』って言葉にしびれた!」

と、言われた。
確かにそんな話をしたと思うし、そう思ってるのも確かだ。

それにしても、そんな何気ない一言が大きく残っていて
彼の人生を左右しているのかと思うと感慨深くて
ちょっとこそばゆい気持ちになった。

こちらこそ、そう思ってもらえて本当に嬉しい。
きっと互いに刺激しあえる関係で、共に通じあえる部分があったからこそ
ここまで続いたのだろうと思うこの頃。

また次回が楽しみだなと。

今日も生きよう。

感謝。 

2015年12月25日(金) 7時20分
10月から復帰している現場にて。

今の会社で一番世話になっていて、わたしの尊敬する先輩の話。

再び同じ現場で働くことが出来るようになるとは夢にも思わず、
それだけでも嬉しかったのに、先輩のサポートをすることになった。

わたしにとってみれば、これまで世話になっていた分、
そして、痛ましいことがあっただけに何とか役に立ちたいと思っていたところなので願ったり叶ったり。

そのサポートもあってか、先輩のお仕事は無事目処が立ったようだ。

明くる日、忘年会が終わって先輩から感謝のメールが届く。


いや、違うんですよ。。。
わたしはいつだってあなたに支えられた。

同現場の設計側チームにいた時に
産休から評価チームに復帰して
色々と弱音を聞いてもらいました。

そこから評価チームへ異動し、
不安もある中、困ったことがあれば助けて頂きました。

その後、先輩はお子さんの看病に徹するため退職し、
わたしは東京の仕事をすることになりますが、
何度か会う機会があり、元気づけてくださいました。

そして、今回わたしが復帰した時も・・・
一足先に現場に復帰していてとても心強いです。

こんなにも支えられた恩を返すためにも、
力にならなきゃいけないのはわたしの方です。
そんなわたしが支えになっているのだというのなら本望です。
こっちのほうこそ、そう思ってもらえてありがたいですね。

もっとがんばろ。

わかったよ。 

2015年08月28日(金) 21時31分
優しさだけじゃ何も響かないってね。

それがわかっただけでどうすればいいかなんて全くわからない。

はぁ。
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像Jupiter└(´Д`)┐
» お勉強会 (2006年06月13日)
アイコン画像mas
» お勉強会 (2006年06月13日)
アイコン画像Jupiter└(´Д`)┐
» 新人教育について思うこと (2006年06月02日)
アイコン画像くまの
» 新人教育について思うこと (2006年06月02日)
アイコン画像Jupiter└(´Д`)┐
» AA穴祭り♪ (2006年05月31日)
アイコン画像dsle
» AA穴祭り♪ (2006年05月31日)
アイコン画像Jupiter└(´Д`)┐
» 昨日・今日 (2006年05月24日)
アイコン画像くまの
» 昨日・今日 (2006年05月24日)
アイコン画像Jupiter└(´Д`)┐
»  (2006年05月22日)
アイコン画像♪M♪
»  (2006年05月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:じゅぴたあ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1982年3月29日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
趣味:音ゲー、スノボ、野球、バドミントン
ビーマニ歴:五鍵初代から
IIDXHS段位:SP十段(64%)DP九段(72%)
IIDXDD段位:SP十段(78%)DP九段(81%)
IIDXGD段位:SP十段(92%)DP十段(71%)
IIDXTR段位:SP十段(95%)DP十段(70%)
IIDXEP段位:SP十段(94%)DP十段(72%)
IIDX ID:2803-3784
Yapme!一覧