ベストオブダンケネディ【無料】

NLPのリフレーミングの活用法 BASENAME: post

December 31 [Thu], 2009, 16:16
テレビでも紹介され、今大人気のNLP神経言語プログラミングの知識を公開します。

NLP(神経言語プログラミング)とは、別名、"脳の取り扱い説明書"や"こころの学習手引書"、"卓越性の研究"などと呼ばれています。

NLPはテクニックの一つにしかすぎず、NLPを学んだからといって必ずしも成功できるわけではなく、NLPが有効であるかは使用者次第です。

NLP(神経言語プログラミング)本日のワンポイントレッスン!

NLP (神経言語プログラミング)の前提に「相手のフィールドに入る」という考え方があります。ラポールテクニックを用いるときも、相手のフィールド=世界を尊重し、相手の世界を理解したいという気持ちのもとに行わなければなりません。相手の世界を尊重することは、コミュニケーションの根本条件であり、ラポールテクニックを用いるときも、この前提を大切にすることが大変重要です。

NLPのテクニックのリソース・アンカリングを行うと、自分の最高の状態=リソースフルな状態を引き出すことができます。例えばテストやプレゼンテーションなど、ストレスの影響でパフォーマンスが下がるような状況を変化させるのに、リソース・アンカリングは大変役立ちます。
また、NLP(神経言語プログラミング)の基本テクニック「ポジションチェンジ」などで用いられるポジションのひとつに知覚ポジションがあります。知覚ポジションには、第一・第二・第三の3つのポジションが関係しており、自分自身(主観)が第一ポジション、相手を第二ポジション、そして第一ポジションと第二ポジションを含めた全体(客観)を第三ポジションと呼んでいます。
ビジュアル・スウィッシュは過去の嫌な出来事のイメージを望ましいイメージへ変換させるテクニックです。それにより、出来事から呼び起こされていた不快な感情を消去させることができます。


NLP講座←NLPの全体像がこのDVD一本で網羅できます。期間限定での無料プレゼントですのでお早めに申込みくださいませ。



【PR情報】ユアーズでキャッシング

NLP状況のリフレーミングとは? BASENAME: post

December 31 [Thu], 2009, 14:04
NLP神経言語プログラミングをご存知ですか?

NLPとは1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーがはじめたもので、ニューエイジ大規模自己啓発セミナーのひとつです。

NLPはベトナム戦争の際に、効果を発揮したとされており、心理治療の現場で使用され、のちにビジネスや教育などの分野でも応用されました。
NLP(神経言語プログラミング)今回も基礎知識を発表します。

ミルトンモデルとは、NLP(神経言語プログラミング)のモデルであり催眠療法の第一人者として有名なミルトン・エリクソンの巧みな言葉遣いを分析・体系化したものです。ミルトンモデルは、言葉を意図的に曖昧に使います。それにより、聞き手は自分自身の内的な体験に当てはめてその言葉を解釈します。ミルトンモデルにのっとった言葉遣いを行うことで、表層意識の抵抗を受けずに潜在意識にダイレクトに働きかけることができ、無意識とリソースを活用することができます。

NLP(神経言語プログラミング)の基本的なテクニックのひとつに、「バックトラッキング」があります。バックトラッキングとは、相手が発した言語(言葉)を自分の言葉として返すことで、相手の気持ちをしっかりと受け止めていることを伝える効果を持っています。
ほかに、NLPの基本テクニックとして、タイムラインという、時間にかかわる経験をどのように整理し、保存しているかを知る方法があります。

NLP (神経言語プログラミング)はもともとセラピーの分野で生まれたものですが、その理論はビジネスシーンでも大いに活用できます。

NLP←NLPの全体像がこのDVD一本で網羅できます。期間限定での無料プレゼントですのでお早めに申込みくださいませ。



【PR情報】エイワでキャッシング

「現在の状態から望ましい状態へ移行すること」 BASENAME: post

December 31 [Thu], 2009, 7:19
NLP神経言語プログラミングに興味がありませんか?

このブログは神経言語プログラミングNLP(neuro-linguistic programming)について詳しく知りたい方のためのNLP入門ブログです。



NLP(神経言語プログラミング)今日も基礎知識を公開!

NLP (神経言語プログラミング)の前提に「相手のフィールドに入る」という考え方があります。ラポールテクニックを用いるときも、相手のフィールド=世界を尊重し、相手の世界を理解したいという気持ちのもとに行わなければなりません。相手の世界を尊重することは、コミュニケーションの根本条件であり、ラポールテクニックを用いるときも、この前提を大切にすることが大変重要です。

NLP(神経言語プログラミング)の基本テクニックの「アイ・アクセシング・キュー」は、目の動く方向によって、現在・過去、視覚・聴覚・体感などの、どの部分にアクセスしているかを知る方法です。
また、私たちは、過去、現在、未来を一つのラインで繋いでいます。それをNLP (神経言語プログラミング)では、タイムラインと呼んでいます。

以上のように、NLP (神経言語プログラミング)は、コミュニケーションツールとして大変有効で、あなたのコミュニケーション能力を高めることができます。

NLP←NLPの全体像がこのDVD一本で網羅できます。期間限定での無料プレゼントですのでお早めに申込みくださいませ。