着物に関する知識と経験が豊富な鑑定人

November 17 [Tue], 2015, 13:46
どんなものの買取でもそうですが、みなさん買取たんす屋を決めるときに何を判断材料にしたらいいか、です。


現在は、ネットで簡単に多くの業者を見つけ、全国を対象に捜せるので自分に合ったファンタジスタを見つけるのは非常に難しくなっています。


着物の買取を行なう町の古着屋もたくさんありますが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店にもち込んだ方がいいのです。


専門店ならではの、着物に関する知識と経験が豊富な鑑定人がいると考えられ、大きな損はしないで済むでしょう。


タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。


だけど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。


そんな方もいるでしょう。


振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。


また素材や技法によって価値が変わるので、とても素人判断ができるものではありません。


それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。


現代の有名作家の作品なら、裄丈など、サイズが大きめにつくられているので高値で転売できる可能性があるからです。


着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば高級品に格付けされる産地の品です。


大島紬の他、本場黄八丈など昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドならほしい方が多いので高額買い取りもよく耳にします。


当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、産地や生産者の証紙がないとブランドを保証できないことはどの着物でも変わりません。


着物の買取の話を聞いて興味をもち、家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。


着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、自宅など指定した場所まで取りに来る呉服買取センターや着物に合った箱を送ってくれ、宅配で送ると無料査定までしてくれる呉服買取センターもすごくあるのですね。


私にとって一番良い方法は何かと思いましたがもち込みができないほど大量でもなく近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、査定して貰い、お金のうけ取りまで一度で終わらせたいと思っています。


要らなくなった着物を処分するとき、値段が心配になりますよね。


貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。


ただ、中古着物の値段というのは、素材や種類、状態、作家物などさまざまな要因で価値を判断するので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。


例えば種類や状態が同等の訪問着があれば、小指すぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。


街の古着屋ではわかりません。


価値のわかる専門業者に見て貰うのが高値売却のコツかもしれません。


そんなに嵩張る訳でないなら、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。


自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、断ることも気兼ねなくできます。


直接会って話す訳ですから、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。


それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、1点か2点を持込査定して貰い、信頼できそうな一輝堂さんに家に来て貰えば良いのです。


近頃はネットが普及したことにより、普通の人が普段触れないような情報まで、うろおぼえの記憶を頼りに検索し、入手できます。


ただ、あまりイージーすぎるのも困ります。


品物と金銭のやり取りがある和服買取の場合は、その会社を見るだけでなく、業界での評判も比較し、良いと思ったところの中から、複数の業者さんに査定をお願いしましょう。


1社だけでは査定額が妥当か分かりませんし、時間と手間をかけたほうが、アトで悔やまずに済みます。


箪笥の肥やしになっている古い着物。


整理したいと思うのですが、形見分けで思い入れもあるため、良い引き取り手もなく放ったらかしにしてきました。


でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。


びっくりしました。


買取実例を見るとすごく高額で、和服専業の買取業者さんだと古着屋やリサイクルショップとは全然違うなと思いました。


今回きちんと整理して、査定依頼しようと思っています。


このごろ、着物の買取にまつわる苦情が増えてきているので、利用しようと思っている人は、注意して下さい。


ほんの一例ですが、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もありました。


投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。


まともな業者なら、このような行為は無縁でしょう。


織り着物を持っていて、さまざまな思い入れがあったので折々の手入れも欠かさず、大切に保管していましたが、ほとんど洋服で過ごしていますし、着物を着なくてはならない用もなく手放すことを考え初めました。


ネットであれこれ検索して、着物の買取を行なう久屋が、いくつもヒットしました。


ただ捨てるよりも、次の人に譲った方が着物が役にたつ可能性もあると思い買い取りして貰うことを決心しました。

http://www.lianzhongyike.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かれん
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nlhrabwxgm4163/index1_0.rdf