ひきこもりから鬱にならないためには?

May 28 [Sat], 2016, 15:23
ひきこもり(長期間、自宅や自室から出ることができず、家族以外の人との直接的な接触がほとんどない状態をいいます)が原因となって鬱症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)になる子どもは多数存在しているのですが、ひきこもり(成人していても生活の全てを親にかかりきりになっているケースがほとんどです)から鬱にならないのでにはどうしたら良いのでしょうか。まず、引きこもり(長い期間にわたって、自室、もしくは、自宅にこもりきりになり、あらゆる社会活動に参加しないことをいいます)から鬱に陥ってしまう要因のひとつに、親の鬱があるみたいです。これは、実際にご自身の子どもがひきこもりになると、如何しても家庭内がギクシャクし、夫婦関係までもが険悪になってしまうパターンが多くみられるでしょう。そして、何処にも逃げ場がない親自身がノイローゼ(症状が悪化していくうちに、うつ病を引き起こすこともあるようです)のような状態になり、まず鬱を発症してしまうでしょう。そうなると、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)は親の感情に敏感に反応するので、ますますと悪影響(一般的に、いいと思われているものが、実は悪い影響を与えているということも少なくありません)を与えてしまい、子どももまた引きこもり(自室や家から出ない状態が長く続くことですが、それでもネット環境の整った昨今では社会との関わりを持てないわけではありません)ながら鬱症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)をも発症してしまうといった悪循環(対義語は好循環でしょう)になってしまいます。そうならないためには、まず親が変わると言う事になります。もし、ギリギリの精神状態の場合はば、はじめに専門のカウンセリングを受けましょう。わずかでも親のほうが気持ち(その時々で変化していくものです)を切り替え、とにかく子どもの話を聞いてあげる事が重要です。あなたが思っている以上に、親の感情(時には大きく動かして、泣いたり笑ったりするのが健康にいいといわれています)は子供に強い影響力を与えます。鬱にならないようにするためには、親の精神状態を常に安定させておく必要があるでしょう。また、鬱症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)のために何もやる気(とりあえず、やる気が出なくても始めてみるというのも一つの方法です)が起きずにひきこもりになってしまうケースも見られるのです。このような場合には、鬱の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を進めることでひきこもり(自室からあまり出なかったとしても、外出をほとんどしなかったとしても、自活していて本人が満足しているなら問題はないのかもしれません)も改善されて、徐々に社会復帰が出来るようになる事もありますので、引きこもり(社会との繋がりがほとんどない状態をいいます)になった原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)を正確に把握する場合が大切になるのです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結月
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nlemsadztnseur/index1_0.rdf