便所マークの村田

November 22 [Wed], 2017, 8:20
株投資をするサラリーマンは職場で勤務している時は相場を確認できないので、通常はデイトレードのようなことはできません。なので、多くのサラリーマン投資家の人たちは決算書を十分に読んで、割安の株を探し出して、投資しているのだそうです。株を所持している場合、自分の資金への利回りを意識してしまうのではと思います。



銀行に預けたとしても大して利息がつくことのない現在では、定期預金や国債、投資信託や債券に比べ、良い利回りでなくては投資の意味がありません。きちんと利回りを意識しながら投資を行うことが重要なのです。

株式投資はとても魅力の強い投資の手段の一つです。だけれど、株の売買には多種多様な危険も持っています。

株の大きな危うさとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。
株式投資は定期預金などとは違って、元本の保証がないのです。
株を始めたばかりの人は、リスクを十分に理解して注意深く投資を行う必要があります。信用取引というのは、現物株や現金を担保にして資金以上の取引、空売りが可能なことが大きい特徴です。特に空売りというのは、下落相場において大きな力を発揮し、上手に利用することで相場が上げ方向でも下げ方向でも稼ぐことができる武器となります。一方、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金の管理を慎重にすることが必要になってきます。株式投資を行う人のほとんどは買っている株をどういうタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませるかもしれないです。



けれども、天井付近で株式を売り抜けるのは本当に困難なので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの気持ちで売り抜けられるならいいではないでしょうか。株に投資する事において、時間が取れるということは重大な要素です。



日本で一番大きい市場である東証が開いている時間は午前9時より午後3時までなのでより良い価格で株を売買するためにはこの時間に時間を取れることが好ましいのです。こういった点で主婦の方はビギナーであっても有利な立場で株式投資が可能といえるでしょう。実際に株の空売りをしている株式投資の初心者は少ないと考えられています。


とはいえ、株式投資を長い間、資産運用のひとつとして続けていこうと検討しているのなら、身につけておきたい技術だと思います。

その理由は、空売りについて理解するということは購入するほうの気持ちだけでなく、売る側の気持ちについても考えるようになり、取引の幅が広がっていくためです。皆さんそうだと思うのですが、私は株を開始したころ、新米でチャートの見方がわからなかったんです。今も完全にわかるというわけではないのですが、「きっとこういう感じだろう」といった読み方があって、ちゃんと参考にしています。



でも、今でも時々は間違えてしまう時もあります。
株式投資を始める際は、いくら値動きがすごいからといっても、少ない出来高の小型株式を購入することは、おすすめとは言えません。
理由を説明すると、普段から出来高が多くない株式は投資した株式が売却したい値で売却したくてもできないからです。

私は、とある会社の株主優待が貰いたいために株式投資を始めた初心者です。

いよいよ最近、株を購入したり、売却したりするのが難しく感じなくなってきました。株主優待制度も多種多様で、株式を保有している会社の製品がもらえたり、割引された価格で買い物ができるので、どの会社の株式を購入しようか迷ってしまいます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Soichi
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる