生活習慣病の歴史とは

February 11 [Mon], 2013, 9:30
日本に生活習慣病

「成人病」なる概念は、昭和30年代に「主として、脳卒中、がん、心臓病などの
40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、
40-60歳くらいの働き盛りに多い疾病」として、加齢と共に罹患の危険が大きくなるという視点から
行政的に提唱された。

丁度その頃から日本人の死亡率で上位を占めるようになったがん、
脳卒中、心臓病は「三大成人病」とされ、集団検診による早期発見、早期治療の体制が整えられた。

しかし近年になって成人病の罹患に長年の生活習慣が大きく影響していたことが判明し、
更に、生活習慣の激変により、未だ成人していない子供も糖尿病を発症する例が増えてきた。

このため、従来の呼称を見直すべきという視座に立ち、
1997年頃から、成人病の多くについて「加齢すれば必ず罹患しやすくなるのではなく、

生活習慣の改善によって予防し得る」という認識を人々の間に醸成することを目的として
英語の"lifestyle related disease"始め外国における「成人病」の呼称なども参考にした上、

「成人病」を「生活習慣病」へと置き換える動きが興り始めた。
現在では「生活習慣病」の語は広く普及し、定着している。


また、混同されることが多いが、成人病は加齢による疾病の区分、
生活習慣病は生活習慣による疾病の区分であり、
両者間で重複する疾病も多いものの、あくまで別個の概念である。


エステ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:せーさん
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nkjutr/index1_0.rdf