小原の古谷

January 20 [Wed], 2016, 21:42
ダイエット中で、お通じも良いと考えている人でも、排便後に腹の具合に残便感がある時には完全に腸内がキレイではなくなっていることがあります。
そんな塩梅では、体重を減らそうとしても成果が得られないのは仕方ないでしょう。
ダイエットを開始するなら、よく腸が働きやすいようにし、便秘症になって老廃物を抱え込まないようにすることがダイエット成功の近道です。
乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルト。
過去に白血病に罹患し、闘病経験がある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。
見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで大活躍の渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、高い効果が期待できそうなような気がします。
うんちがでなくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口が臭います。
いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口臭は腸から胃を経て不要なものを排出しようとし、口臭の原因になるのです。
この場合、便秘が治ると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。
私には乳酸菌サプリと言えば、やはりビオフェルミンです。
昔から市販されていたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、いつも私のお腹を守ってくれていたのでした。
CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはビオフェルミンとなるのです。
私は花粉症になってしまってから、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。
二年前から花粉症を発症し、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。
お薬を飲むことは気が乗らなかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを試しました。
今のところは、これで花粉症はだいぶましになってます。
便秘を治したい方の候補の一つである便秘解消サプリメント。
そして、有名な便秘解消サプリであるスッキリ炭べえを飲み続けると、2種類の乳酸菌と国産の炭、天然成分を100種類も仕込んで発酵した酵素の3種類の善玉菌の働きで腸の中の悪玉菌を退治し、便秘傾向にある体から自然な感じで排出物が出てくるようになります。
ポッコリしていたお腹が引っ込んだり、吹き出物だとかワキガも和らぐなどなど、体質の改善にも望みが持てるでしょう。
オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分として注目の存在となっています。
オリゴ糖を添加された乳酸菌の活動は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、内臓環境を整調してくれます。
乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の働き向上や健康促進にはなくてはならない成分だと主張することができます。
ここ最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌がかなり有効だということが分かるようになってきました。
インフルエンザはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。
日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力のほうがアップして、インフルエンザの正しい予防となったり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽太
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nka2o6mhigcspt/index1_0.rdf