地元・民家の一角にて。

August 25 [Thu], 2011, 4:23
ひっそりと佇む甘味屋ありけりこんなところにあるのに人くんのかと思ったが、狭い駐車場(ただの砂利)にいっぱい車が止まっている所を見ると人気はあるんだろう中に入ると古い民家を改装した感じの店のようだみんな暑い中椅子に座って呼ばれるのを待っていた友達が教えてくれて着いてきたが、どうやらかき氷を売ってるらしい古めかしいメニュー表を見ると、なる程見事にかき氷しか載っていない友達は木苺のかき氷を注文していたが、俺は無難に宇治金時ミルクとかいう無難そうなヤツを注文した椅子が満員だったので変わりに扇風機の前を占拠していた俺達は、程なくして呼ばれ別室に案内された頼んだ品が眼前に出された時は、ちょっと驚いたまずこんなに食えんのかという量であるしかし溶けて無くなるのも勿体ないので、食べることにする上の小豆をチョイチョイ崩しながら食べていくう美味いじゃないかこの野郎結局美味しく平らげてしまった俺のは甘いが友達のは酸っぱかったのでなかなか癖のある味わいであったちなみに夏以外は餅屋らしいまた是非行ってみたい、お気に入りの店になった
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nj1tl3l58z
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nj1tl3l58z/index1_0.rdf