しみの予防と治療について

August 27 [Tue], 2013, 16:54

しみの対策と治療には何があるでしょう。


日光の力が強い10時から14時にかけては、強い日差しに肌をさらさないよう、出かける時間はずらします。


仕方なく戸外に出ることもあるかもしれませんが、その場合は日焼け対策として帽子やサングラス、日傘を用意し、日焼け止めクリームを塗るようにします。


しみにならない肌を保つには、紫外線はできるだけ回避しましょう。


しみはできてから治療をするより、できる前に対策を講じる方が確実ですし低コストです。


しみを減らす効果があるものとして、ビタミンCの多い食材があります。


野菜やかんきつ類など、ビタミンCが多いものを毎日食べるようにしましょう。


ヨーグルト、海苔、卵などもしみに対して有効に働きます。


小豆の粉末を詰めた袋でしみを軽くこするとしみが薄くなるそうです。


トレチノイン治療というやり方が、この頃はしみ対策に使われいるそうです。


ビタミンAの一つであるトレチノインは、肌にこびりついている角質を取り除くことができるとされています。


しみの理由となるメラニン色素を除去する効果があります。


トレチノインを用いた治療法は、皮膚科や美容整形で専門医で診てもらってからでなければ受けられません。


レーザー治療もしみにはよく用いられます。


医療機関でなければ使えない治療であり、しみに特殊なレーザーをあててメラニン色素を取り除きます。


痛くない治療なので痛みに弱い人でも安心して受けられます。


しみの他にもそばかす、にきびが気になる人にも有効です。


この他、ケミカルピーリングという、角質層の部分を薬剤で取り除き皮膚の代謝力を高める治療もあります。


美容整形でしみ治療を行う場合、短期間でしみをとることができますが、保険が利きませんので注意が必要です。


しみを医師に治療してもらう場合は、料金なども調べておくことが大切です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:わかあいこ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nizkwlh6/index1_0.rdf