ベビーマッサージ♪をご存じですか? 

2012年10月26日(金) 0時12分
ベビーマッサージも今では、随分と知られたものになりましたね。
ほやっと笑って、いいにおいがして・・・赤ちゃんに触れると癒されますよね。
赤ちゃんは皮膚で物事を感じていますから、抱かれたり触れられたり声をかけられることで信頼できる人をしっかり感じています。だから、ママやパパ、おじいちゃんおばあちゃん・・・信頼している大好きな人から触れられることは赤ちゃんにとってとても大きな意味を持つのです。赤ちゃんは触れ合いを求めています。
たっぷり触って心と感覚を刺激し、愛情を伝達しましょう。
とっておきの時間を我が子と一緒に過ごせるスキンシップのコミュニケーションテクの一つがベビーマッサージです!

ベビーマッサージのメリット♪ 

2012年10月26日(金) 23時49分
赤ちゃんにとってのメリット

便秘が解消されてうれしい
赤ちゃんは消化吸収や腸の動きはまだ発達段階なので、腸にたまったガスをうまく出すことができません。
腸の流れにそってマッサージしたり股関節を動かすことによって、腸に溜まったガスを出しやすくしてくれまた消化吸収率がよくなります。

身体の発達を促してくれる
全身を刺激することで、脳細胞が発達して神経の発達を助けてくれます。
足や腕に柔らかくて張りのある筋肉をつけてくれます。

身体がぽかぽかになる
冬場はもちろんのこと、夏はクーラーの影響で意外と赤ちゃんの手足はヒンヤリしてませんか?
手足の冷えは血行不良が原因なんです。ベビーマッサージで赤ちゃんはポッカポカ。


寝付き&夜泣きが改善される
ベビーマッサージで胸を広げてあげることにより深い呼吸を促し、リラックス効果をもたらし、寝付きがよくなり&夜泣きが改善されていきます。
眠る時間が長くなると成長ホルモンの分泌が高まります。

ママやパパ達 ベビーマッサージする人のメリット

育児に自信が持てる
赤ちゃんが生まれた瞬間から初めての子育て、嬉しいこともたくさんあるけど、わからないこともいっぱいですよね。
ベビーマッサージは毎日赤ちゃんに触れることで分かる事が たくさんあります。
ちょっと熱っぽい?おなかが張っている?息苦しそう?
日々の積み重ねで赤ちゃんとの、コミュニケーションがとれて、 赤ちゃんの要求に素早く察することができるようになります。

パパも育児に参加できる
赤ちゃんの扱い方が分からない。
壊れちゃいそうで抱っこできない。 ってありませんか?
手順がきっちりとしているベビーマッサージなら自分にもできると積極的にマッサージするようになり、知らず知らずのうちに赤ちゃんに触れることへの抵抗が無くなっていきます。
母性はあかちゃんがお腹の中にいるところからめきめき育つものですが、父性は我が子と接する中で育っていくんですよ〜。

ママもパパも癒されます
赤ちゃんに触れることでママやパパも癒されます。
特にママは出産後のホルモンバランスの急激な変化のせいで、悲しくなったりいらいらしたりなど気分が落ち込むことがあります。
それを癒してくれるのがベビーマッサージです。
ママの心が安定すると、幸せホルモンがどんどん分泌されます。母乳の分泌にも効果があります。

赤ちゃんの心が満たされます
話すことができない赤ちゃんはママ&パパに触れてもらったり、話しかけてもらうことがコミュニケーション手段です。
ベビーマッサージは、これらの要素をしっかり満たしてくれます。
ココロが満たされると情緒が安定して、優しくて穏やかな子になります。

お互いにとってのメリット

愛情のサークルができます
マッサージすることで赤ちゃんが喜び笑顔を見せてくれる。
その笑顔にママ&パパはこの上ない喜びを感じる。
その喜びで、赤ちゃんにもっと優しく接することができる。
素敵な愛情がお互いに通じ合っていきます。


もっともっと素敵な効果がたくさんありますよ!
ベビーマッサージを繰り返していくことによって、さまざまな効果を体感できるようになっていくことでしょう。

ベビーマッサージの方法 

2012年10月27日(土) 23時58分
ことばお伝えするのは難しいので…。ポイントだけ。

1.オイリング:まずは足から、そしてかるくなでるようにたっぷりと全身にぬる。
2.足:太ももの付け根から足先まで、流れるように左右の手を交互に動かす。足先は、指の間も丁寧にさする。
3.おしり:かかとをおなかに近づけ、足とおなかを支え、あいている方の手でお尻をつつみこむようにしてなでる。赤ちゃんのおしりは、やわらかくてかわいい〜!
4.おなか:おへそのまわりを時計回りに、ゆっくりおおきくさする。
5.胸:胸の中央に両手を置いて、手のひら全体でハートを描くように。
6.腕:いないいないばー、など顔をかくしながら腕を広げ、両腕をころころほぐしても楽しい。
7.耳:両方のみみたぶをそれぞれ親指と人さし指でつまむようにして、くるくるやさしく揉む。脳幹によい刺激がいきます。
8.背中:うつぶせにして、首の付け根からお尻に向かって両手で交互になでおろす。
最後は体全体をさする。仰向けにして、体の前側もなでおろしてマッサージ。「気持ちよかったね、ありがとう」と話しかけながら繰り返しなでて、終了。

 個人差もあるので赤ちゃんにあわせたオリジナルマッサージでも良いでしょう。
 オルゴールのCDやわらべうたを歌いながらやると、ママも笑顔になりますよ。
 私は、昼間ならカーテンを閉めたり、照明をわざわざ落としてオルゴールCDを聞きながら「♪ららら・ぞーきん」「♪大根さん♪」など歌っていましたよ。

ベビーマッサージは気持ちいいと思うくらいに・・・ 

2012年10月28日(日) 23時40分
マッサージの方法は、赤ちゃんの体のつくりや気持ちに届くように解剖生理の理屈にかなって考えられているので、基本としては、知って欲しいですが、・・・

おむつを替えたり、だっこしたり、おっぱいをあげたり、お風呂に入れたり、添い寝したり…。こういう日常のお世話も立派なスキンシップです。それに加えてベビーマッサージは、スキンシップの質を高め、ゆったりとした時間をとって、意識的に親子でふれあう手段だといえます。

 「この通りにやらなきゃ」「全部やらなきゃ」なんて思わないでも大丈夫です。我が子のの状態をみながら、嫌がったらやめるとか、やれるときにやれることをすればいいと思うんです。子どもは長い間はじっとしてくれないもの。おむつがえのたびに、今回は足、今回はおなか、次は背中など、わけてやっていくのも一つの方法です。ママの手のあったかさが伝わることが、大事なのでは?

 マッサージの気持ちよさを肌が覚えていて、2歳頃になると自分から「やって」と言ってくるようになったり、マッサージしてもらうことを喜ぶようになり、ベビーからキッズへとつなげることができます。思春期を迎えて言葉ではなかなか通じ合えない時期がきても、マッサージを通じたコミュニケーションができることもあります。「子どもが今、どんな気持ちなのか感じる」「お母さんにしゃべるのはしゃくだけど、何となくわかってくれるのは嬉しい」ってことですよね。頼りたいときに親は自然に助けてくれる・わかってくれると信じられる子どもは、自分に自信を持ち、自らの力で困難を乗り切る力をつけ、育っていく世界を信頼していくことができると信じています

ベビーマッサージのタイミングは? 

2012年10月29日(月) 0時01分
一日のうちいつでもOKですが、うつぶせにするので、食後・授乳後すぐはやめましょう。おむつがえのついでにやると、タイミングがとりやすいかも。ママに余裕がないときは無理しないで。
オイルを使うと摩擦が減るので気持ちがいいです。赤ちゃんがなめてもよいように、植物性のオイルが望ましいです(事前に足首など少し塗ってみて試してみるといいですよ)。
マッサージの強さは、さらさらなでるというよりも、軽く力を入れて、皮膚の色が白く変わる程度に。
時間は10〜15分程度。泣いたり嫌がったら無理せず中止して、だっこしてあげて下さい。
おむつも外して裸でするので、室温に注意。
マッサージは気持ちいいねってわかりあうためにも、なるべく毎日、どこかの部分でもやれるといいですね。
アイコンタクトと笑顔・語りかけがコミュニケーション!

ベビーマッサージのスタートは? 

2012年10月31日(水) 22時57分
1ヶ月健診がおわったくらいから始めて、4ヶ月くらいまでは、寝返り程度で活発には動かないので、やりやすいでしょう。その後、赤ちゃんはもぞもぞ動きたくなってなかなかやらせてくれないのですが、立っちしてしっかりあそべる年齢になってくると、自分から「やって」とせがむようになります。気持ちいいって覚えていると作戦成功です

ベビーマッサージオイル@ 

2012年11月12日(月) 0時59分
「オイル」といっても、本当にたくさんの種類があります!

私も最初はカタカナに慣れず、何を選んでいいのか迷うくらいでした。

だからこそシンプルに

オイルには大きく分けて「植物性のオイル」と「鉱物性のオイル」の2種類あり

ベビーマッサージで良く使われるオイルは、「植物性オイル」です。
このオイルは、名前の通り、植物から採れたオイル。
ですから、とても自然な栄養価が高く、スキンケアに向いているものが多いのです。
肌への浸透が早いのも特徴。

もちろん、「植物性オイル」の中でも、種類によって違いはありますが、サラッとした使い心地です。

自宅出産をサポートされているこだわりの助産師さんから、伝授されたオイルについて紹介していきます。











ベビーマッサージオイルA 

2012年11月13日(火) 23時58分
ベビーマッサージにおすすめなオイルは、低温圧搾、有機農法、さらに添加物や合成香料や保存剤がいっさい混ざっていない100%天然成分から作られている純粋な植物オイルです。

精油(香りがするオイル)は、赤ちゃんには刺激が強すぎて私は、おすすめしません。

純粋な植物オイルには脂肪酸、ビタミン、ミネナルなどの栄養素が多く含まれてます。またこれらには栄養素も分子の小さいものが多いため赤ちゃんの肌に浸透しやすくなっています。また、指しゃぶりなど口に入れても危なくないように無添加なものを選びましょう。

純粋な植物オイルの中でも、特によく使用されているオイルは・・・
スイートアーモンドオイル
ホホバオイル

これらが、ベビーマッサージオイルとして一般的に言われているものです。

マカダミアナッツオイル
これは,皮膚を強くする働きがあるので、妊娠線の予防に効果があるので、妊娠中は私のお腹に、生まれたら我が子にと使っていたオイルです。







植物オイルは大量生産できないため価格が少し高めですが、長く使えるし、あかちゃんのピュアな肌に使うものですから、純度の高いものがおすすめです。いずれにしても赤ちゃんのお肌に直接触れるものなので、その子に合ったものを選んでくださいね。

もちろん、ベビーマッサージに使用するオイルはママの顔、からだ、髪の毛にも利用することができますよ。

ベビーマッサージオイルB 

2012年11月16日(金) 2時20分
ベビーマサージは、必ずオイルを使わないといけないものではありません。

が、ベビーマッサージにオイルを使う科学的根拠は確かにあります。

 肌への摩擦を防ぐ

オイルも何も付けないと、いくら弱い力加減でも、肌への摩擦となってしまいます。
すると、不必要な赤みが出たり、かゆみを伴うこともあります。
それを防ぐには、滑りが良く、スキンケアに向いているオイルが最適なのです。

 保湿 
赤ちゃんの肌は、とても皮膚が薄く、水分を守る皮脂の量もアンバランス。
だから「赤ちゃんの肌には、保湿剤が必要!」ということ。

ベビーマッサージで、保湿効果のあるオイルを使うことは、赤ちゃんのためでもあるのです。

 皮膚をバリア

肌の役割の一つでもある、バリア機能。
ほこりや、空気中のウイルスや自分自身の汗などから、常に守ってくれています。ただこのバリア機能は、刺激が多かったり、肌が乾燥していると、効果が薄れてしまいます。

赤ちゃんの頬にはよだれが!オムツの中ではウンチやおしっこ!の刺激があります。そして、大人では考えられない汗の量!かなり刺激が多い状態です。だから、肌の本来のバリア機能が弱ってしまうのです。
そこで、オイルでそのバリア機能、補ってあげるといいですよ!

肌が弱いといって、オイルの使用を心配されていたお母さんが、試しにと使ってみたら結果がよかった!!と喜ばれてオイルのことを聞いて帰られた方もいらっしゃいました。


ベビーマッサージオイルC 

2012年11月22日(木) 12時20分
今ではエッセンシャルオイル・キャリアオイルともに、手に入りやすくなりました。
ショップだけでなく、インターネットでも手に入ります。
インターネットはとても便利。
いろいろなお店を比較できるし、オイルの種類も豊富で、好みで選ぶことができます。
ですが逆に、オイルについて知識がない方は迷ってしまいます。
我が子のためにいい物を使ってあげたいと思って、ブログをいくつもみて勉強するほど迷うのです。
どのお店で買えばいい?オイルの種類は?産地は?品質は?抽出法は?価格は?
実は、わたしもオイルを選びに迷ってしまいました。

アロマセラピストの友人・助産師・知人に相談もしました。
それぞれこだわりの品物があるんです。
そして勧められたオイルを使ってみる、この繰り返し・・・。
何社か、オイルの業者さんに相談の問い合わせもしました。
その結果、ベビーマッサージにはBで述べた、植物性のオイルです。

あなたの大切な赤ちゃんに使うもの。
だからこそ、シンプルで上質なものを選んであげたいものですよね。