作曲小学生、膨らむ才能 津の伊東君

July 18 [Fri], 2014, 17:22
譜面台には鉛筆書きした楽譜。グランドピアノを背に深々とおじぎをした後、椅子に座って大きく呼吸。両手をゆっくりと鍵盤に移すと、優しく軽やかな演奏が始まった。演奏した三重大付属小五年、伊東朔(はじめ)君(10)=津市野田=はこの曲の作曲者でもある。ピアノ教室 大人一日、津市神戸のルタンリッシュホールで、伊東君は知人ら十五人を前に二時間にわたって二十曲余りを披露した。四月に続く二回目の演奏会。転校する友人に贈った長調曲「レイミのために」はゆったりと明るい曲調。最後にはアンコールに応え、五月二十八日に出来上がったばかりの曲を弾き、終わるとホッとした様子で小学生らしい笑顔を見せた。


ピアノ教室 大人


幼児の時から音感は鋭かったという伊東君。三歳の時、コップがこすれカチンと鳴った音に「ミ」とつぶやいた。バイオリンを習い始めて間もないころだったが、半信半疑の父玲(あきら)さん(55)と母久美さん(35)がピアノで調べると、音はぴたりと合った。伊東君は、オーケストラで管楽器を吹いてきた経験のある玲さん、音大大学院を卒業した久美さんに囲まれ、音楽に親しんできた。ピアノ教室 大人「家族が応援してくれたし、自分も音楽が好きだったから」とバイオリンに続いて四歳からピアノも習い、持ち前の音感を生かしてきた。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/nixianshuowoza/index1_0.rdf