沖本の沢田泰司

March 17 [Thu], 2016, 17:22
美容とは、顔の化粧、整髪、服飾などの方法で容姿や外見をより美しく装うために形作ることをいう。なおかつ、江戸時代には化粧(けわい)と同義のものとして使われていたという記録が残っている。
ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は細胞間に多く存在していて、水分保持や緩衝材のような機能によって細胞をガードしていますが、歳を取るにつれて体の中のヒアルロン酸は減っていきます。
乾燥肌というのは、お肌の角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が標準のレベルよりも低減することで、皮ふから潤いが蒸発し、肌がパリパリに乾いてしまう症状です。
ピーリングというものは、役目を果たしてしまった要らない角質を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)し続けることによって、まだ新しいすべすべの角質に取り替えようとする優れた美容法です。
デトックスというのは、人間の体の中に溜まってしまった不要な毒を体外に排出するという分かりやすい健康法であくまで代替医療に区別されている。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。
アイカラーなどのアイメイクを落とす時にきれいに落としたいばかりに強く洗ってしまった場合、肌が荒れたり炎症を起こす等して色素沈着が発生してしまい、目の茶色いクマの一因となります。
顔の加齢印象を高める主な元凶のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。歯の表側には、見えないくらい小さな凹凸があり、日常の暮らしの中で茶色い着色や食物カスなどの汚れが溜まりやすくなります。
美白(びはく)は90年代後半に料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が一押しして流行ったのは記憶に新しいが、それよりももっと以前からメラニン増加が原因の黒ずみ対策のことばとして採用されていた。
この国の美容外科の経歴の中で、美容外科が「正しい医療分野」であるとの認識を獲得するまでに、幾分か長い月日を要した。
老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは不必要な老廃物や余分な脂肪が集積することによりどんどん悪化します。リンパ液の流通が鈍くなってくると不要な老廃物が溜まり、浮腫んだり、脂肪が溜まり易くなり、たるみに繋がります。
頭皮の健康状態が悪くなってしまう前にきちんとお手入れをして、スカルプの健康を保ったほうがよいでしょう。状況が悪化してからお手入れを始めたとしても、改善に時間を要して、費用はもちろん手間もかかるのです。
日本皮膚科学会の判断指標は、@強い痒み、A独特の皮疹とその拡大エリア、B慢性的で反復する経過、3点すべてチェックが入るものを「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と称しています。
内臓が健康か否かを数値で確認することができる便利な機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、人間の自律神経の状況をデータ化することで、内臓の病気が把握できるということです。
身体に歪みが発生すると、内臓がお互いを圧迫し合い、他の臓器も引っ張り合った結果、位置の移動、臓器の変形、血液・細胞の組織液・ホルモン分泌にもあまりよろしくない影響をもたらすのです。
全身に張り巡らされているリンパ管に並ぶように進む血流が悪化すると、いろんな栄養や酸素がうまく行き届かず、余分な脂肪を多く定着させる誘因になるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokomi
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/niwxoi51sleten/index1_0.rdf