水島と鈴木淳

March 07 [Mon], 2016, 16:28
産業看護師とは、企業に勤務する看護師です。看護師といわれると病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を置く会社もあり、そこで働いている人もいます。仕事の内容や役目は働く会社により、様々ですが、社員達の健康を維持し、管理することはどの企業でも行う仕事と思ってください。看護師が転職をするには、将来のことを考慮して早めに行動を起こすことが大切です。さらに、何を重点的に考えるのかを決めておくことをお勧めします。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めるようにしましょう。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も数え上げておきましょう。看護師の夜勤は、16時間などの長い拘束時間となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。病院における看護師の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部と思われます。看護士の求人はいくらでもありますが、希望に見合う条件の求人がある訳ではありません。看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思う人が多いはずです。希望に合う勤め先に転職するためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料が上がる率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合ですと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。高校進学時点で衛生看護科に進むと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更は困難です。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、試験までの期間が短いために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格するのが難しいともいえます。昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師の必要性は拡大してきているのです。また、大手の会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しております。こういった場合には、社員としてその会社に入社することもあるでしょう。看護師になるための国家試験は、年に1度あります。看護師の人数の不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を持ち続けています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。産業看護師は従業員の健康が保てるように保健について指導したり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業紹介所で見つけるのはほとんど不可能です。興味のある方は看護師転職サイトを活用してください。そういったサイトでは、産業看護師の求人も多数紹介されています。修学旅行やツアーなどに一緒に行って、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。既婚で子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤がないという職場を希望しているものです。病院以外の場所で働くのであれば、そこで求められる専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リン
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/niwr5veclerbro/index1_0.rdf