にっき 

2006年08月14日(月) 22時15分
明日五時間電車に監禁される。
世界まるみえテレビを見ながらふと思った。
たまには外で食べるか、と。
ついでにCDウォークマンを買おうかと思った。
五時間は大変な時間である。
小学校で言うなら丸々授業時間ではないか。
暗い中適当に大きな道に沿って走る法則でうろうろ探す。
気づくとCDRとウォークマン用のお金丸々消費された三冊の本が手元にあった。
一冊当たりの値段は推して知るべしである。
結局十時だし外食も諦めて帰ることになった。
逆走したりしつつ
何とか自宅近郊まで帰ってくる。
適当でもどうにかなるな、さすが、と自画自賛していた丁度そのとき
異変が襲う。
パンクだ。
つい二ヶ月程度前に変えて貰ったばかりだというのに!(高かった)
おまけにウォークマンも無いし代用の本もこれから読もうとしている。
全く厄日といえるのではないだろうか。

tebi 

2006年07月29日(土) 10時49分
出会い。
互いが強烈に干渉しあい、そして変化する。
そしてそのまま交差してそのまま二度と交わらない。
それが良い。

nikki 

2006年07月23日(日) 23時57分
帰ってきて座る。ほっと一息つく瞬間だ。
その違和感は強烈だった。
といっても納豆の粘着質程度の不快感であるけれど。
くもの巣である。
変だなーどこかで引っ掛けたのかな。
しかしそういった機会はとくに思い至らなかったし見回しても
特に蜘蛛がくっついてきている気配はない。
そんなことがあった次の日、ふと入り口の上に目をやるといました、犯人。
黒々とし、非常に肉厚である。細長くない、タランチュア系の大きさである。
大家さんも病気で今大変なんだろうな、そんな程度の感想を抱いて
蜘蛛の巣がたれてないことを確認したのち再び一息つく為に手を伸ばした。

つらつら 

2006年07月13日(木) 16時18分
夏の雨上がり。
好きな時間、空間の一つだ。
微妙な気温。
むせ返るような湿気。
鳴き始めの未だ数の少ないセミの声。
賑やかである夏。
そして夏の激しい雨。
それが去った後の一瞬の静かな時間。
切り取られた谷間。

日記 

2006年07月10日(月) 14時32分
ここ数日涼しかった。
この出だしなので、当然今日は暑い。
大雨の翌日の晴れ。
抜群の湿気。
セミの声がする。
去年も確か鳴き始めには気づいたなと思い出す。

「あなたはやれば出来るんだから」
さて考える。
この言葉、親に対して、オタクのお子さんやれば出来る能力はありますよ、
と告げる事に関しては問題ないだろう。
しかし子どもに直接言うのはどうか。
子どもは単純である。往々にして素直だ。
そしてそういうポテンシャルのあるものはしばしば賢しいものである。
小賢しい、というほうが正しいだろう。
そう半端に賢いけどやっぱり、半端にそうじゃないのだ。
やらなくてもやれるやつはいる。
やらなくてやれないのは所詮そこまでの能力ということなのである。
そういう子どもに、やればできるんだから〜、と言ってみるとどうなるだろう?
まず中途だから仮定法までちゃんと読み取らず、
能力はある、という点だけ聞いて喜んでしまうのではないだろうか。
そうか、自分はできるヤツなんだ、今はそうじゃなくても能力はすごいんだ、
そこで完結してしまう可能性が高い。
中々言葉とは難しいものである。

おもった 

2006年07月08日(土) 20時44分
本質的なもの、実際にひつような
そのものよりも、往々にしてそこを
おおいかくす、保守的な防御的な
間接的なもののほうが存外にして
長じられてないだろうか、
そう、エロス的な本能かもしれない

いや何のことかはわかりませんが

NIKKI 

2006年07月06日(木) 14時28分
ふと気づく。
なにやら頭上が騒がしい。
何となくイメージは五月ではあるけれど、ツバメの子が孵化していた。
彼らはどのようにして親を察知してぴーちく顔を出すのだろう。
音だろうか?
試に足で地面をすって高い音を出してみる。
ピーチクピーチク
声を出してみる
ピーチクピーチク
音なんだろうなぁ。アバウトなんだろうか。
実験をしているときに本物が登場する。
我先に顔を突き出す雛たち。
再び屋根の向こう側へと飛び去る親鳥を静かに見送り、その場を後にした。

にっき 

2006年06月22日(木) 0時10分
そういえば美形-性別にかかわらずに-
目の前に現れると思わずうけてしまう。
にやにやしては失礼だから
そういうとき心の中で毎回つっこんでいる。

nikki 

2006年05月29日(月) 16時20分
最近一番気になったこと。
生協には自動販売機が設置されている。
それ自体は特にどうということはないけれど、
その隣にはペットボトル 缶 紙パックなどの自動回収機も並べて置いてある。
紙コップしか使用したことないので限定するけど、こいつは紙コップ1個入れるごとに十円が
出てくるというシステムだ。
コーヒーが十円安くてラッキー、という話ではない。
その隣に小さく置いてある、募金箱が非常に気になる。
この手のを見るととりあえず入れてしまうのだけれど、
さてこの募金箱。
次の日にはちゃんと空になっていることから見ると、多分毎日処理されているのだろう。
その処理、ひょっとしてそのまま自販機に入ってるんじゃない?
非常にありそうだけれど、だからと言ってどうなることでもないので、もう興味は無い。
ところで人にはそれぞれスイッチが有ると思う。
自分の場合はシャワーだろう。
ローテンションでも頭からダバダバ当たればスッキリである。
馬鹿なこと言ってないで出かけよう。
だって空が青いんだもの。

521事変 

2006年05月21日(日) 14時40分
静かな午前を足音で刻んでいく。
背負っているものの重さに自然と息が漏れる。
恐れ、焦り、そして…
「ん・・・?」
異変に気づく。
「普段は閉まってるはずなのに…」
焦燥感にさいなまれる。
衝動のまま、思わず無防備に足を踏み出す。
瞬間、世界は白。
「うかつだった…」
光にくらんだ目を無理やり見開く。
少しずつ、視力が戻ってくる。
「ああ・・・」
脱力感に貫かれ思わずよろける。

全ては遅すぎた。

諦観を自分の無力感への怒りで振り払いつつ、
整理という名の場所確保をして、
自分のフトンを干したのだった。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像喰らい
» しばしば (2006年02月14日)
アイコン画像くら
» 5k円 (2006年02月11日)
アイコン画像らぅ
» 某日 (2006年01月30日)
アイコン画像
» 歯磨きにて (2006年01月26日)
アイコン画像CRY武
» ホット一息 (2006年01月25日)
アイコン画像クラブ
» おきまりの (2006年01月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nitosakana
読者になる
Yapme!一覧
読者になる