フィトケミカル(phytochemical)

September 28 [Sat], 2013, 21:23
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、紫外線A波の極度の浴び過ぎが皮ふの病気を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使用する行動の禁止を先進国に提案しています。
花粉症の病状(鼻みず、鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜しっかり眠れないと、それが主因で睡眠不足の状態になり、次の日の業務内容に思わしくない影響を与えることもあるのです。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする異物感などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因である花粉の放出量に追従するかのように悪化してしまうという特性があるとわかっています。
音楽会やライブなどの開催される場所やダンスするための広場などに設置されているとても大きなスピーカーのすぐ側で大きな音を浴びて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼ぶのです。
大多数の人に水虫は足、こと足の裏に現れる病気だと思われがちですが、白癬菌がうつるのは決して足だけではないので、人の体ならどこにでもうつるという可能性があるので気を付けましょう。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまうことが原因となり、あの膵臓からほぼインスリンが出なくなってしまって発症に至る種類の糖尿病です。
常在細菌であるブドウ球菌(英:staphylococcus)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒が強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒力が軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種になっています。
ビタミンB6には、多種多様なアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギー源の利用に必要となる回路に組み込むため、再びクラッキングすることを助けるという機能もあるのです。
内臓脂肪が多いことによる肥満が診られて、脂質過多(ししつかた)、高血圧、高血糖の中で2個以上に当てはまるような状態を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と称しています。
吐血と喀血は血を吐くことですが、喀血というものは喉から肺を通っている気道(呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血というのは無腸間膜小腸より上部の消化管から出血する症状を表しているのです。
5-HT神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを鎮静化させ、覚醒現象などを操作しており、大うつ病に罹患している方ではその活動が低減していることが分かっているのだ。
はりを体に刺す、という直接的な程よい複数の刺激が、神経細胞を活発にし、神経インパルスという名称の要は電気信号の伝達を引き起こすという考え方が浸透しています。
陰金田虫というのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)という病名で、カビの一種の白癬菌が陰嚢や股部、お尻などの部位に感染し、棲みつく病気で簡単に言うと水虫のことです。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康体にも出ることがあるため珍しい心臓の病気でないとはいえ、短時間で発作が次から次へと起こる時は危ないのですぐ病院へ行きましょう。
フィトケミカル(phytochemical)のジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の物質が、肝臓の持つ解毒酵素の円滑な生産活動を支えているかもしれないという因果関係が見えてきました。