宅建・宅地建物取引主任者の勉強をすれば契約の知識が身につく

July 23 [Thu], 2009, 13:14

この不況の中、資格を取ってキャリアアップを図りたいと思っている方は、たくさんいらっしゃると思います。でも、どんな資格が一番役に立つのか?本当に役に立つ資格を知っている方は少ないのでは?資格試験の学校や予備校などは、人気資格を売り込むだけで、本当に役立つ資格は何か?ということは教えてくれません。人気がある資格=役に立つ資格でしょ?いえいえ、残念ながら、人気がある資格=役に立つ資格ではないのが現状です。その理由は、メールマガジン「その資格は食えますか?」で!


宅建・宅地建物取引主任者は、法律系資格の登竜門といわれているため、いろいろな方が受験する資格です。
不動産会社で働いていて宅建の資格を必要としている方はもちろん、学生の方も、司法書士や司法試験を目指す前に、宅建の資格を取る方が多いようです。

そして、宅建の受験生で意外に多いのが、教養として、宅建の勉強をしている方です。
宅建・宅地建物取引主任者の受験会場に行けばわかると思いますが、宅建の資格が必要そうな方に混じって、年配の方や主婦らしい方までいます。

もちろん、年配の方、主婦の方であっても、これから、不動産会社はじめようと思って、宅建の資格を取る方もいらっしゃるでしょう。
しかし、大抵の方は、教養として、宅建の勉強をしているようです。

宅建・宅地建物取引主任者試験の権利関係の分野の中心は民法です。
民法には、不動産売買の際の契約のルールなどが定められていますが、民法を勉強すれば、日常生活のトラブルなどについても、どのような考え方で解決したらよいのかということに関するおおよその知識が身につきます。

この知識があるのとないのとではまったく違います。
例えば、悪質商法に引っかかってしまったような時も、どういう考え方で、解決すればよいのかということを理解することができます。
民法の知識があれば、この契約はおかしいということが、おおよそわかるわけで、そうすれば、クーリング・オフの文面を出すような時も、法的に説得力のある文章を書けたりするわけです。

また、民法は契約だけでなく


続きを読む

資格試験講座、通信講座の口コミ・レビュー
LEC東京リーガルマインドの口コミ・レビュー・・・最大手の学校です。講座の質、テキスト、過去問ともに最も優れています。
フォーサイトの口コミ・レビュー・・・維持費、広告費用を抑えることで低価格で高品質の講座を提供している学校
クレアールの口コミ・レビュー・・・独自の非常識合格法と合格ナビシステムで定評があるクレアール
DAI-X(ダイエックス)の口コミ・レビュー・・・テキスト、過去問がわかりやすくまとまっています。通信講座も好評。
NewtonTLTソフトの口コミ評判・・・パソコンソフトが自分の習熟度を判定して、それにあわせた問題を出してくれる。
ヒューマンアカデミーの口コミ評判・・・ヒューマンアカデミーの講座は、女性向けの講座ですとか、教養関係の講座が中心になっています。
ユーキャンの口コミ評判・・・ユーキャンのテキストは、これ以上分かりやすいテキストはないと断言できるほど、テキストの出来がいいです。
大原の口コミ評判・・・会計といえば、大原と代名詞のように言われているほどの大手でかつ実績のある予備校です。

その他専門的な講座
東京司法書士学院の口コミ・レビュー東京FP(東京ファイナンシャルプランナーズ)の口コミ・レビューきんざいストアのFP通信講座の口コミ・レビュー