にしおかすみこ号泣引退宣言!【動画あり】 

December 14 [Fri], 2007, 12:27
SMの女王様キャラで人気のお笑い芸人、にしおかすみこがテレビの番組に出演し泣きじゃくった。にしおかすみこ「ドS」キャラで売っているが、実は「ドM」、相手に噛み付く演技はもうできない、と告白したのだ。




(以下引用)
にしおかすみこが出演したのは、2007年12月11日放送のテレビ朝日系バラエティ番組「ロンドンハーツ」「格付けしあう女たち」のコーナーでのこと。



にしおかすみこはいつものように「あの人バカじゃない?!」「ちょっとマッター!!」などと毒づいていたのだが、同じ出演者の柳原可奈子さんが、青木さやかさんに褒められ、うれし涙を流した時から様子が変わってくる。にしおかすみこ柳原加奈子は友達だそうで、柳原加奈子が褒められたことが嬉しくてもらい泣きしたのだ。そして、そのもらい泣きがずっと続いた。それは、「ドS」キャラとはかけ離れた姿だった。

⇒にしおかすみこ篠山紀信撮影グラビア画像

⇒にしおかすみこ篠山紀信撮影グラビア画像

司会のお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳が、
「Mじゃん、おたく。キャラ崩壊しているんですよ」

と見たままを言ったことから、スタジオの雰囲気は急変する。そして、所属事務所の先輩、青木さやかが、にしおかすみこは泣き虫だ、とバラした。大食いアイドルギャル曽根も出演していて、過去に大泣きしている場面に遭遇したと話した。にしおかすみこは意を決したように、ギャル曽根が見たという大泣きの原因を、涙ながらに告白。そして号泣に変わって行く。

ギャル曽根が見たのは、どうやら、「ドS」キャラでデビューした時の事だったようだ。

にしおかすみこは、

「SMで出て行こう、となったときに、だからドMだから・・・SMのSだってできなかったんですよ。それを事務所がドSでやり通しなさいって言った。第一回目の収録で喋っていた時に、やっぱり(ドSを)通せなかった」と涙声で語った。



実際は「ドS」とはかけ離れた性格のため、いつも芸がカラ回りしていると悩んでいた。素の姿が出てしまうことで、毎回毎回「反省会」が開かれ、事務所からは「噛みつけ!」と言われ続けてきたのだという。

そして、
「SかMなんて、本当は興味が無い」と言い切った。すかさず青木さやかが、

「じゃぁ、どうやってテレビに出るつもりなのよ!」と怒りの声を上げた。

完璧に、
「ドM」芸をこなしていた?
ここで番組の進行が中断する。番組の総合演出担当者が、にしおかすみこの発言に戸惑い、

「(にしおかすみこの)事務所から、後でもし(にしおかすみこの発言部分を)切ってくれと言われたら(番組の流れが)繋がらなくなる」
と言い出したのだ。すると、青木さやかにしおかすみこに対しブチ切れた。

「事務所が、事務所がって言ってるんじゃないよ!お前、自分で責任取れよ!!!」



番組はその後、出演メンバーによるにしおかすみこへのアドバイスが映された。
アドバイスは、
「キャラをMに変えればいい」「男に思いっきり抱かれればいい」「ドSの男に調教されればいい」などが出た。にしおかすみこは感極まって泣きじゃくりながら、

「みんな一生懸命考えてくれる。本当は噛み付きたくないんだよ。(お互いを批評しあう)ロンハー(この番組『ロンドンハーツ』)なんて、本当は出たくないんだよ〜」と番組批判をした。



番組最後で、田村淳が、にしおかすみこに視聴者への一言を求めると、涙声で、

「今までどうもありがとうございました」と挨拶した。出演者達は「別れの言葉」だと受け止めたようで、「辞めないで」「辞めないで」の連呼になった。にしおかすみこは出演者に、

「優しさをありがとう」
と礼をした。番組の後半のにしおかすみこは、完璧に、「ドM」芸をこなしていた。

12/11放送ロンドンハーツ(格付け)動画

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nishiokasumiko
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる