ハリーポッター同人小説

October 21 [Tue], 2014, 15:28
日本ではおなじみとなっている、人気のアニメや漫画を題材に、独自にストーリーを考えて作る同人誌ですが、これは何も日本だけの文化では無いようです。

以前見かけたニュースで面白かったのが、あの世界的ベストセラーの同人小説があまりにもひどいと話題になっていたことです。

同人小説の題材となったのが「ハリーポッター」で、魔法使いの少年が魔法学校に入り、仲間と悪の魔法使いに立ち向かうといった誰でも知っているストーリーの小説です。
これをグレース・アンという女性が自分の子供に読ませるために、ストーリーを変えた同人誌を作ったといった内容です。

子供に「ハリーポッター」を読ませるのに、わざわざ同人誌にする必要があったのかというと、実はこの女性「キリスト教」を信仰しているために、子供への影響を考えてのことだそうです。
キリスト教では魔法は御法度らしく、「ハリーポッター=魔法」の世界観をそのまま子供に伝えられない理由から考えられたストーリーの内容は、例えば空を飛ぶ場面なら、箒やさまざまな魔法を使うなどありますが、こちらでは遠距離移動をする場面では神の力に頼って瞬間移動するといったものになっていたようです。

他にもいろいろキリスト教信仰の内容に話を変えているらしく、さすがに他のキリスト教信者からも非難が殺到したそうです。ただ、擁護する意見もあったのも確かです。

日本人である私たちは、おそらくほとんどの人が外国人ほど信仰深くないと思われます。自分たちが思っているほど、外国の人にとって信仰とは重たいものだと考えた方が良いでしょう。

同人誌の自費出版を考えている人で、話を宗教が絡んでくるようなものにするつもりなら気を付けた方がいいでしょう。

[PR]
自費出版と同人誌
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:にし
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nishi-doujin/index1_0.rdf