日本料理から学べばより調理が上手くなれる!すぐに実践できるノウハウ

March 10 [Thu], 2016, 1:06
おひたしを作るやり方については好き好きだと思われますが、基本に忠実な作り方を再確認してみるのも良いでしょう。
醤油、みりん、更に出汁といった材料に浸けて食べるのが元々の作り方です。
ただ、しょうゆと和えるのみの簡素な浸しものもメジャーなようです。
みそ汁の味つけはだし汁が勝負と昔から言われますが、実際に自宅でとっただしと比べればインスタントと違うのは明確に感じ取れるはずです。
コンブ或いは鰹節といった天然出し汁を多く試してみる事で、オリジナルの家庭の味が出来るのです。
浸しものに使われるベーシックな材料と言いますと菜の花ですとかほうれん草などですが、まだ他に思わぬ材料も美味しく出来ることもよくあります。
例を出すとカブの葉やアスパラガス、またはじゃがいもなども合う食材ですから、作れるごはんのバリエーションを広げるには便利なジャンルと言えるかもしれないですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mizuki
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/niseeitrkhllct/index1_0.rdf