【 更新情報 】

スポンサードリンク

シリカの働き

地殻の約60%を占めるケイ素の酸化物の『 シリカ - 微粒二酸化ケイ素 - 』は,人体に約29ppmの割合で存在する極めて重要なミネラル,必須性のある微量元素のひとつ。

シリカは人にとって骨・関節・皮膚・毛髪・爪・血管の健康のために大切な栄養素で,成人一人あたり1日10〜40mgが消耗され,若いときには,私たちの身体の組織は,ケイ素を高レベルで摂取し続ける。

そのため柔軟性や弾力性に富み,柔らかな皮膚に覆われ,硬い骨を持ち,エネルギーに満ちあふれますが,年を重ねるごとに私たちのケイ素レベルは落ちてゆき,乾燥肌,シワの生成,骨折しやすくなると云った現象に見舞われる。

ケイ素は食物から吸収されるのは難しく,吸収される量は極めて少ないのが現状で,積極的に摂取し,補給する必要がある。

微粒二酸化ケイ素がサプリメントなどに添加されているのは,被覆効果があり,吸湿性の大きい結晶同士の接触を少なくして凝集・架橋を防ぎ,流動性を高める目的で,添加されている。

健康の保持増進目的ではなく,サプリメント・2次的に健康増進となるが,薬剤成分の品質の保持目的で使用,つまり物理化学的に,『 保健 』効果を発揮する物質といえる。


家電のコジマ ヤマダ電機 家電量販店 コジマ ガンの血管内治療

シリカゲル - silica gel -

多孔質構造を持ち表面積が広く二酸化ケイ素が主成分の『 シリカゲル 』は,無色半透明であるが,その吸着性能は科学的・物理的な作用による。

科学的に安定で,フッ素化合物および強アルカリを除いては侵されず,水溶性,腐食性,潮解性がなく,吸湿性が大きくて,吸湿後も変化はなく,濡れた感じもなく,シリカゲルの主成分の二酸化ケイ素は,ろ過助剤,団結防止剤としても 食品添加物に認可されている。

シリカゲルは再生することによって、4〜5回使うことができ,加熱すると水分を放出して,乾燥剤として再生出来るが,家庭で再生するときは電子レンジでの加熱がシリカゲルの多孔質表面が汚れず効率的であるが,電子レンジやフライパンでの再生は,加熱するときに急激に高温になるため,シリカゲルの内部まで水分が抜け切らず,しばらくすると元のピンク色に戻ることがあるので,低い温度で時間をかけて再生するのが良い。

加熱再生をすると,しだいに乾燥能力は落ちていくが,これはシリカゲル1粒1粒の小さな穴に入り込んだ細かい不純物が,シリカゲルの穴をふさいでしまい,吸着能力を失うためで,シリカゲルを1度再生すると,その乾燥能力は,80%にまで落ちるといわれている。


ムカデ 治療 コントレックス 1500 おいしい水素水パック 抹茶入緑茶ティーパック

二酸化ケイ素 食品添加物

食品添加物の微粒二酸化ケイ素は,『 入れている 』のではなく,ろ過助剤などに使われるので,『 食品に入ってしまう 』のです。

二酸化ケイ素は食品添加物として認められていて,分類は『 製造用剤 』で,砂糖,ビールや清酒のろ過,みかん缶詰などの製造工程で使われています。

不必要な物を取り除き,食品の特性を出すための『 吸着剤 』として使われていますが,二酸化ケイ素は,『 水晶の成分 』です。

電球の内側が白いのは,電球の内側に,明るすぎないようにするため塗られる白い塗料は,『 二酸化ケイ素 』です。

食品添加物として認められているとはいえ,『 水晶 』や『 電球の内側 』を食べているのですね。

二酸化ケイ素と微粒二酸化ケイ素を混同していたようです。

二酸化ケイ素や酸化チタンは,錠剤の錠剤を呑みやすくしたり,割れ,有効成分の保護などのための『 コーティング剤 』としても使用され,呑んでも体の中に吸収されずに,『 大便 』で排出されます。

微粒酸化ケイ素は,粉末の『 固結防止 』の目的で,湿気を吸って固まらないように入れてあり,食べても,消化吸収しませんから,ただ素通りするだけです。


eラーニング学習塾 e点 e点ネット塾 特進ゼ 履歴書の書き方

シリカゲル - silica gel -

多孔質構造を持ち表面積が広く二酸化ケイ素が主成分の『 シリカゲル 』は,無色半透明であるが,その吸着性能は科学的・物理的な作用による。

科学的に安定で,フッ素化合物および強アルカリを除いては侵されず,水溶性,腐食性,潮解性がなく,吸湿性が大きくて,吸湿後も変化はなく,濡れた感じもなく,シリカゲルの主成分の二酸化ケイ素は,ろ過助剤,団結防止剤としても 食品添加物に認可されている。

シリカゲルは再生することによって、4〜5回使うことができ,加熱すると水分を放出して,乾燥剤として再生出来るが,家庭で再生するときは電子レンジでの加熱がシリカゲルの多孔質表面が汚れず効率的であるが,電子レンジやフライパンでの再生は,加熱するときに急激に高温になるため,シリカゲルの内部まで水分が抜け切らず,しばらくすると元のピンク色に戻ることがあるので,低い温度で時間をかけて再生するのが良い。

加熱再生をすると,しだいに乾燥能力は落ちていくが,これはシリカゲル1粒1粒の小さな穴に入り込んだ細かい不純物が,シリカゲルの穴をふさいでしまい,吸着能力を失うためで,シリカゲルを1度再生すると,その乾燥能力は,80%にまで落ちるといわれている。

微粒二酸化ケイ素 - びりゅう にさんかけいそ -

二酸化ケイ素の微粒で,食品添加物として,インスタントラーメンのスープなどの粉末のサラサラ感を維持するのに使われるが,二酸化ケイ素の方は,『 無水ケイ酸 』とも呼ばれ,ガラスの成分となる物質で,『 ケイ素原子 』と『 酸素原子 』が共有結合する。

サプリメントなどに入っている『 微粒ニ酸化ケイ素 』の正体は,一般に『 シリカ 』とか『 微粒シリカゲル 』と呼ばれる『 必須ミネラル 』のこと。

鉱物で,『 石 』,『 砂 』,『 鉱物 』などに含まれるのは『 不溶性シリカ 』で,動物の『 皮 』,『 毛皮 』,『 爪 』,『 骨 』,『 植物 』の『 藻類 』や『 トクサ 』などに含まれるのは『 水溶性シリカ 』で,水溶性の物がサプリメントなどに用いられる。

水溶性シリカは,ヒトの骨・関節・血管・皮膚・毛髪・爪などに含まれ,成人一人あたり1日10〜40mgが消耗され,加齢により体内のシリカが減少すると,乾燥肌,シワの生成,骨折しやすくなると云う症状に見舞われるが,ケイ素は食物から吸収されるのは難しく,吸収される量は極めて少ないのが現状で,積極的に補給,摂取する必要がある。

微粒二酸化ケイ素の危険性は,粉末を吸入すると肺ガンの危険性があるが,食塩,インスタントココア,砂糖,クリーミーパウダー,などに添加される。

二酸化ケイ素のうち『 石綿 - アスベスト - 』として産出するものは,断熱性がよいので建築材として使われてきたが,細かいとげが肺に突き刺さることによる発ガンなどの危険性があり,近年その使用は制限されているが,爆発,燃焼の危険性はない。


e点ネット塾 e点学習塾 全国の市と市役所 インターネット塾

二酸化ケイ素 - にさんかけいそ SiO2 -

ケイ素の酸化物の二酸化ケイ素で,地殻を形成する物質のひとつとして重要で,『 シリカ - silica - 』とか,『 無水ケイ酸 』とも呼ばれている。

温度や圧力の条件で,同じ組成の化学物質に,多くの結晶形の結晶相が有りますが,二酸化ケイ素の結晶の性質は『 共有結合結晶 』で,ケイ素原子を中心とした正四面体構造が酸素原子によって,無数に連なる構造となっている。

二酸化ケイ素の結晶多形の中で,代表的なものには,『 石英 - quartz,水晶 - 』,『 鱗珪石 - tridymite,トリディマイト - 』,『 衝撃石英 』,『 コーサイト - coesite - 』,『 クリストバライト - cristobalite - 』,『 スティショバイト - stishovite - 』などがある。

『 石英 』,『 珪石 』,『 珪砂 』などの形で,二酸化ケイ素は産出し,資源的には,『 珪石 』,『 珪砂 』は,成熟した砂漠の砂にも多く含まれ非常に潤沢にあり,工業用の純度の高いものも世界中に広く分布するが,天然の『 石英 』の資源量には限りがあり,工業的には『 人工石英 』が用いられている。


学習と音楽の里 にこにこ村 パーツモデル 金子エミ 自宅学習 e点
P R