NISA口座の対象投資銘柄について

December 13 [Fri], 2013, 18:11
NISA口座が有効なのは「株」だけではありません。
しかし、何に投資しても適用されるかというと、そうではありません。
NISA口座の対象となる投資対象は
「株」「上場ETF」「上場REIT」「公募株式投資信託」「上場新株予約権付社債」「上場優先出資証券」です。
自分がどの投資対象に投資したいのか、投資する予定なのかをしっかりと
考えてからNISA口座を開設するようにしましょう。
金融機関によっては取り扱っていない場合も多数ありますので
金融機関を選択する場合は、取扱商品と手数料に気を付けて
選んでください。
3年は変更が出来ませんので、注意が必要です。
特に気を付けたいのが「銀行」です。
銀行ですと株はもちろん買えませんし
「投資信託」しか買えないといっても過言ではありません。
まだ投資先なんてわからないという方は、とりあえず手数料が安い
証券会社にしておけば良いと思います。

NISA口座の最重要注意点

December 13 [Fri], 2013, 18:05
NISA口座は投資にかかる税金が非課税になるお得な制度です。
しかし、メリットだけではなくデメリットも存在します。
まず、NISA口座は1人1口座しか開設することが出来ません。
それに加え、一定期間は開設したNISA口座を廃止し、ほかの金融機関
でNISA口座を開設することもできないのです。
これが、各金融機関が躍起になってNISA口座開設を促している理由です。
金融機関によっては扱っていない商品もありますし、手数料の違いもあります。株を買いたいのに、銀行でNISA口座をあけてしまうのは最悪です。そういう失敗をしないためにも、NISA口座は慎重に開設しましょう。
ただ、ずっと同じ金融機関というわけではなく、3年毎に金融機関を変更することは可能です。

NISA口座とは

December 13 [Fri], 2013, 17:35
テレビCMや雑誌・新聞広告で身にすることが多くなってきた「NISA」
見たことはあるけど、実際にどんな制度なのか知らない方も多いと思います。
「NISA」とは簡単に言えば、株をメインとした投資にかかる税金が非課税になる制度の事です。
アベノミクスで盛り上がっている株式市場は2014年1月から開始される
この制度に大きな期待を寄せています。
新規の個人投資家が大量に株式市場に流入することによって
株価の上昇を期待しているのです。
しかし、「NISA」はいいことだけではありません。
知らないと損をしたり、「NISA」を使う意味がなくなります。
銀行に勧められるまま何となく「NISA」の口座を開設してしまった
ということにならない様に最低限の知識は付けておきましょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nisa_toushi
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nisa_toushi/index1_0.rdf