隆太の吉岡

August 08 [Mon], 2016, 13:18
それに、結婚する際に転職を検討する看護師もかなり多いです。パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職する方が良い選択でしょう。今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職をすると生活しやすいですね。ストレスが多くあると妊娠しにくくなりやすいので、気をつけましょう。
日本全国の病院等では、これまでずっと看護師が不足している状態が解決されずにいます。
ですから、就職や転職の際、看護師はカンペキに売り手市場といえます。



看護師の資格を持っていれば、自分の希望条件や適正に合った職場を比較的簡単に選択することが可能です。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。

この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、それほどまでに難しい、というものでもないのです。
さて、看護師を養成するための機関といいますといくつか種類があるのですけれど、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ看護大学や学部の人気が高まっているようです。



実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。



階級が高いものは、各病院の方針によっても異なりますが、普通は看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。

どのようにして階級を上げるのかというと、長い間同じ病院に勤めて実績を残しておき、周囲から信頼されるような人材になることが大切なようです。階級が上がれば上がるほど、高収入になる事は間違いないでしょう。ツアーや修学旅行等にご一緒し、病院の手配や怪我病気の応急処置を行う看護師もいます。

結婚してお子様のいられる方は週末に休日があったり、夜勤がないという勤め先を乞うているものです。病院とは違った場所で働くには、それぞれのケースに適する専門の知識を習得している認定看護師や専門看護師の資格があれば、雇用がされやすくなっています。ナースには精神的なストレスになることが多くあるものです。



看護師という職種は非常に多岐に渡る業務があるため、対人関係に疲弊することがよくあるでしょう。

給与が高くても、その分だけ、悩み事の多い仕事となっているため、辞めていく人も多い職場も存在します。病院には多くの科が設置されていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアのやり方も違ってきます。

ローテーション研修は、看護師にとってひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。また、多くの意見を参考にしながら総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。
看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人看護師の意欲も上がります。看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を言語化できるようにしておきたいものです。



夜間に働くのは避けたい、休みの日が減るのは困る、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、要求にも個性があって当然です。今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、ストレスのたまる勤務場所で辛さに耐え続けることはありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Moka
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nippeligubrdpa/index1_0.rdf